DAZNの魅力は見逃し配信【女子サッカー】日本代表対オランダ戦はまだ視聴できるか?

サッカー
記事カテゴリー

結論から申しますと…
【女子サッカー】日本代表対オランダ戦はもうDAZNの見逃し配信期間は終了してます。

DAZNの見逃し配信期間は、基本的に、ライブ配信終了の約2時間後から30日間です。
また、DAZNでは試合の見逃し配信の他に、試合のハイライトも配信してますよ。
こちらも配信期間は基本的に30日間となっています。ただ、基本的になので、もう一度みたいあなたは早めにみてくださいね。

DAZNユーザーの評判をみてると、見逃し配信をが魅力でDAZNを契約してる方が多いですね。

DAZNは31日間の無料視聴期間もありますからね。是非ご検討下さいね。

DAZNの無料お試しは下記バナーから

それともう一つ。

スポーツの見方が変わりますよ。
スポーツベッティング知ってますか?楽しいですよワクワクしますよ。

お暇な方はこちらの記事も是非是非。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【保存版】スポーツベッティングは超おすすめの投資!その6つの理由 ブックメーカー徹底研究!
この記事ではスポーツの賭け試合が出来るスポーツベッティングについてまとめています...

【女子サッカー】日本代表対オランダ戦がはじまる前のコメント

6月7日(金)にフランスで開幕したFIFA女子ワールドカップ2019は、6月23日よりいよいよ決勝とトーナメントへと舞台を移します。

グループDを2位で通過した日本代表の決勝トーナメント1回戦の相手はオランダ代表、6月26日(水)午前4:00キックオフになります。

放送予定が気になる方はこちらからジャンプしてご確認下さい。

スカパーの無料お試しは下記バナーから

グループDでは、アルゼンチン代表、スコットランド代表、イングランド代表と対戦し、1勝1分1敗の成績で2位突破した日本代表。

初戦で勝ち点3がマストと思われたアルゼンチン代表戦で、まさかのスコアレスドローに終わったことで、決勝トーナメント進出を危ぶむ声もありましたが、無事に駒を進めたことで一安心と言えるでしょう。

しかし、1位通過をできなかった場合、必ずどこかのグループの1位突破チームと対戦しなければならなかったグループDにおいて、それを逃したことはやや手痛いところです。そして決勝トーナメント1回戦では、グループEを1位通過したオランダ代表と対戦することが決定しました。

オランダ代表は、グループEを3戦全勝で突破してきました。

第1シードのカナダ代表をも押しのけての1位突破であり、強敵になることは間違いないでしょう。いきなり強敵と対峙することになった日本代表ですが、決勝トーナメント表全体を眺めると、幸運に感じられる面も多々あります。

それは、アメリカ代表やイングランド代表、フランス代表、オーストラリア代表など、優勝候補の筆頭が軒並み反対の山にいることです。こういった国々とは決勝戦まで戦わなくてよいのです。

仮にオランダ代表に勝利した場合は、イタリア代表と中国代表の勝者との対戦になりますが、ともにFIFAランキングでは15位、16位と、決勝トーナメント進出チームの中では割と実力が劣る国です。難敵オランダ代表を下すことができれば、さらなる期待を持てることは間違いありません。

本当の戦いはここからです。負けたら即敗退の決勝トーナメント1回戦、早朝のキックオフですが、我らがなでしこジャパンとともに戦っていきましょう!

決勝トーナメント1回戦 女子日本代表 VS 女子オランダ代表の日程

日時(日本時間):2019年6月26日(水) 4:00KO
会場:Roazhon Park

決勝トーナメント1回戦 女子日本代表 VS 女子オランダ代表の放送予定

チャンネル 放送時間
フジテレビ系列 6/26 3:45~試合終了まで
J SPORTS2 6/26 3:45~試合終了まで
NHK BS1 6/26  3:45~試合終了まで

J SPORTSオンデマンドでも生配信

フジテレビ系列では、日本戦全試合を生中継!
試合のゲスト解説には、女子サッカー界の世界的レジェンド澤穂希選手が登場します!

Jsportsはスカパー経由で申し込みが可能です。1ヶ月の視聴料は2,890円(2,469円+421円)になります。今回のFIFA女子ワールドカップ2019は民放で放送されるのですが、Jsportsは、日本代表以外のサッカー試合も視聴できますし、さらには、さまざまな端末で視聴可能なのがいいですね!

スカパーの無料お試しは下記バナーから

決勝トーナメント1回戦 女子日本代表 VS 女子オランダ代表の見どころ

冒頭でも紹介しましたが、オランダ代表はグループEを3戦全勝で突破してきました。未だ負け知らずということで、勢いに乗っているのは間違いありません。

日本代表は、グループ第3戦のイングランド代表戦で0-2と完封負けを喫しており、勢いのある相手にいかに立て直せるかが、試合の鍵となるでしょう。

日本代表にとって、オランダ代表はかなり苦汁をなめさせられた過去がある相手です。直近の対戦は、2018年3月1日に行われたアルガルベ杯第1戦。なんとその時は前半から圧倒され、2-6という大差での敗北を喫することになりました。現在の高倉麻子体制でも、1勝2敗と負け越している相手です。

また、今大会のオランダ代表の選手たちは、圧倒的な身体の強さ、速さを見せており、非常にフィジカル的に厳しい戦いとなるでしょう。

さらに、オランダと開催国フランスは非常に近く、共にEU圏であるため、自由に行き来することも可能であり、圧倒的にアウェイの状況での試合となることが予想されます。

そんなフィジカル的にもメンタル的にも試される一戦。チャンピオンに返り咲くためには、越えなければならない壁です。

女子日本代表 最終メンバー23名と注目選手

■GK
池田咲紀子 浦和
山下杏也加 日テレ
平尾知佳 新潟

■DF
鮫島彩 INAC神戸
宇津木瑠美 レイン
熊谷紗希 リヨン
三宅史織 INAC神戸
清水梨紗 日テレ
市瀬菜々 仙台
宮川麻都 日テレ
南萌華 浦和

■MF
阪口夢穂 日テレ
中島依美 INAC神戸
籾木結花 日テレ
長谷川唯 日テレ
杉田妃和 INAC神戸
三浦成美 日テレ

■FW
菅澤優衣香 浦和
岩渕真奈 INAC神戸
横山久美 長野
小林里歌子 日テレ
植木理子 日テレ
遠藤純 日テレ

注目選手

菅澤 優衣香(浦和)

今大会ここまで全試合に出場し、第2戦のスコットランド戦では、PKで貴重な決勝ゴールを挙げた菅澤選手。

日本代表は、決勝トーナメントに進出した16か国のうち、得点数が最も少ないチームとなっています。ここからの戦いでは、ゴールを奪わないことには決して上に進むことができません。本人も3試合に出場しながら、PKでの1ゴールのみという結果には全く満足していないでしょう。

初のベンチスタートとなった第3戦のイングランド戦では、菅澤選手が途中で出場したことから、それまで停滞していた攻撃が活性化。まぎれもなく、オフェンス陣の中心人物と言えるでしょう。

2017年のFIFA U20ワールドカップ、昨年のFIFAワールドカップや先日のFIFA U20ワールドカップ等、日本サッカーは世界の舞台において、連続してベスト16の壁に阻まれ続けています。

いずれの大会においても、1点に泣かされ続けています。この壁を乗り越えるためにも、現在28歳と選手として円熟期を迎えている菅澤選手のゴールは不可欠です。

求められるのは、ゴールのみ。日本に歓喜をもたらす菅澤選手の活躍に期待しましょう。

U-20ワールドカップ 2019のグループリーグの結果と決勝トーナメントの試合日程

グループリーグの結果をまとめました。

グループA

順位 チーム名 勝点 得点 失点 得失点
1 フランス 9 3 0 0 7 4 +6
2 ノルウェー 6 2 0 1 6 3 +3
3 ナイジェリア 3 1 0 2 2 4 -2
4 韓国 0 0 0 3 1 8 -7

グループB

順位 チーム名 勝点 得点 失点 得失点
1 ドイツ 9 3 0 0 6 0 +6
2 スペイン 4 1 1 1 3 1 +1
3 中国 4 1 1 1 1 1 0
4 南アフリカ 0 0 0 3 1 8 -7

グループC

順位 チーム名 勝点 得点 失点 得失点
1 イタリア 6 2 0 1 7 2 +5
2 オーストラリア 6 2 0 1 8 5 +3
3 ブラジル 6 2 0 1 6 3 +3
4 ジャマイカ 0 0 0 3 1 12 -11

グループD

順位 チーム名 勝点 得点 失点 得失点
1 イングランド 9 3 0 0 5 1 +4
2 日本 4 1 1 1 2 3 -1
3 アルゼンチン 2 0 2 1 3 4 -1
4 スコットランド 1 0 1 2 5 7 -2

グループE

順位 チーム名 勝点 得点 失点 得失点
1 オランダ 9 3 0 0 6 2 +4
2 カナダ 6 2 0 1 4 2 +2
3 カメルーン 3 1 0 2 3 5 -2
4 ニュージーランド 0 0 0 3 1 5 4

グループF

順位 チーム名 勝点 得点 失点 得失点
1 アメリカ 9 3 0 0 18 0 +18
2 スウェーデン 6 2 0 1 7 3 +4
3 チリ 3 1 0 2 2 5 -3
4 タイ 0 0 0 3 1 20 -19

ここからは決勝トーナメントの日程です。

<1回戦>

No キックオフ日時 対戦カード
1 6/23 0:30 ドイツ – ナイジェリア
2 6/23 4:00 ノルウェー – オーストラリア
3 6/24 0:30 イングランド – カメルーン
4 6/24 4:00 フランス – ブラジル
5 6/25 1:00 スペイン – アメリカ
6 6/25 4:00 スウェーデン – カナダ
7 6/26 4:00 イタリア - 中国
8 6/26 4:00 オランダ – 日本

<準々決勝>

No キックオフ日時 対戦カード
9 6/28 4:00 2の勝者 – 3の勝者
10 6/29 4:00 4の勝者 – 5の勝者
11 6/29 22:00 7の勝者 – 8の勝者
12 6/30 1:30 1の勝者 – 6の勝者

<準決勝>

No キックオフ日時 対戦カード
13 7/3 4:00 9の勝者 – 11の勝者
14 7/4 4:00 10の勝者 – 12の勝者

<3位決定戦>

No キックオフ日時 対戦カード
15 7/7 0:00 13の敗者 – 14の敗者

<決勝>

No キックオフ日時 対戦カード
16 7/8 0:00 13の勝者 – 14の勝者

16チームが決勝トーナメントに進出します。

グループリーグ全日程が終了し、決勝トーナメントの組み合わせが決定しました。

大きな波乱もなく、順当に強豪が勝ち上がってきているという印象です。ここからは負けたら終わりの一発勝負。90分で決着がつかない場合、延長戦、PK戦まで持ち込まれます。

果たしてどの国が栄冠を勝ち取ることができるのでしょうか。

戦いは残り2週間です。

↓無料体験してみる↓

コメント