2020年以降に公開予定のディズニー映画10選!

気になる番組(作品)
記事カテゴリー

この記事では2020年以降に公開予定のディズニー映画を中心にまとめています。

多くの人が心に希望と夢をもらえるディズニー映画。ここ近年はアニメーションを実写版でリニューアルしながら、ひとつの新しい作品として公開され大人気を博したディズニー映画も多く見られましたね。

実は今後もディズニー映画は続々と公開される予定になっています!

公開間近なものや製作が始まっているもの、企画が進んでいるものから、水面下のものまで、いろいろと話題に上るのは、それだけ注目度が高いということです。

今日は、そんなディズニー映画の新作から、2020年に公開が決まっている作品を中心にご紹介すると共に、今後実写化するかも?な作品も紹介します。

もうすぐ公開!準備段階!そして本当に?のディズニー映画リスト

製作されるらしい、という「予定は未定」段階のものまで含めれば、2027年までの作品予定が出回っています。タイトルを見ているだけでワクワクが止まらないディズニー映画のタイトルをずらりとご紹介。

でも、あまりにも「うわさ」だけのものでは、ディズニー映画ファンとしては切ないものです。

そこで、ここでは公開や製作が決まっているものと、そして、監督や主演女優が決まっている作品、実際に製作の話題が流れている作品にとどめたいと思います。でも大丈夫!十分に心躍ること間違いなしですから。では、行きますよ!

【2020年公開!】公開が決まっているディズニー映画作品

下は、2020年公開予定のディズニー映画作品です。日本公開未定のものも含みます。

『2分の1の魔法(原題:Onward)』
『ムーラン(原題:Mulan)』
『アルテミスと妖精の身代金(原題:Artemis Fowl)』
『ジャングルクルーズ(原題:Jungle Cruise)』
『Soul』
『RAYA』

詳細までジャンプ!

【2021年公開!】公開が決まっているディズニー映画作品

下は、2021年公開予定のディズニー映画作品です。日本公開未定のものも含みます。

『クルエラ(原題:Cruella)』

詳細までジャンプ!

【監督または主演が決定!】公開される可能性が嬉しいディズニー映画作品①

『ピノキオ」(原題:Pinocchio)』
『リトル・マーメイド(原題:The Little Mermaid』 詳細までジャンプ!
『ジャングル・ブック2(原題:The Jungle Book2)』
『ティンカー・ベル」(原題:Tink)』 詳細までジャンプ!
『ピーター・パン(原題:Peter pan)』
『チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ(原題:Chip ‘n Dale Rescue Rangers)』
『魔法にかけられて2 (原題:Disenchanted) 』 詳細までジャンプ!
『ノートルダムの鐘(原題:The Hunchback of Notre Dame)』
『リロ&スティッチ(原題:Lilo & Stitch)』
『ノエル(原題:Noelle)』
『ウェスト・サイド物語(原題:West Side Story)』
『白雪姫(原題:Snow White and The Seven Dwarfs』

【監督決定!】公開される可能性が嬉しいディズニー映画作品②

『King of the Elves』
『Teen Space Race』
『Newt』

【詳細未定!】情報が出回りつつあるディズニー映画作品

『Rose Red』
『禿山の一夜(原題:night on bald mountain)』
『ドン・キホーテ(原題:Don Quixote)』
『ジャイアント・ピーチ(原題:James and the Giant Peach)』
『バンビ(原題:Bambi)』
『世界一幸せなゴリラ、イバン(原題:The One And Only Ivan)』
『ナイルに死す(原題:Death On The Nile)』
『アンダーウォーター(原題:Underwater)』
『野生の叫び声(原題:Call Of The Wild)』
『フリー・ガイ(原題:Free Guy)』
『ボブズ・バーガーズ:ザ・ムービー(原題:Bob’s Burgers: The Movie)』
『ロンズ・ゴン・ロング(原題:Ron’s Gone Wrong)』

見知っている作品名には見ているだけで心躍り、そして知らないタイトルには「一体どんなストーリー?」と、これまた気持ちが高まりますね!

2020年~2021年に公開される新作7選

ここからは、アメリカや日本での公開日も決まり、楽しみに待っていましょうの作品たちをピックアップ。楽しい予習をして公開日を待ちましょう!

2分の1の魔法 原題:Onward(ピクサーアニメーション)

公開予定日
アメリカ:2020年3月6日
日本:2020年3月13日

「Magical Kingdom(魔法の国)」と言えば、正にディズニーワールド。ディズニーの世界を守るためにピクサーアニメーションががんばります!

あらすじ
舞台は魔法が消えかけた世界。主人公はそんな世界に暮らす魔法を使えない内気な少年イアン。自分が生まれる前に亡くなった父に一目会いたいイアンは、ある日世界に魔法を取り戻す冒険に出ることを決意します。常に前向きで好奇心旺盛な兄のバリーが一緒なら、不安な心に勇気も湧いてきます。
かつては当たり前のように魔法があふれていた世界。技術が進歩することで、その魔法が消えかけてしまったらあなたはどうしますか?そんな問いかけも込められた作品です。

最近は実写版の新作映画が多い印象のディズニーですが、いよいよ待ちに待ったアニメーション映画の新作が登場します!

昨年の『トイ・ストーリー4』に引き続き、今回もピクサーからのリリースです。
画像の美しさと光の影の使い方の見事さでは定評のあるピクサーは、どんな贈り物を届けてくれるのでしょうか?

ムーラン 原題:Mulan

公開予定日
アメリカ:2020年3月27日
日本:2020年4月17日
あらすじ
時代は古代の中国。名家ファ家のひとり娘であるムーランは、伝統に縛られない自由を愛する、勇気と希望にあふれた美しい少女。誰からも愛されて幸せな日々を送っていました。
そんなある日、異民族のフン族との闘いのため「各家ひとりずつ男子を兵に出すように」との皇帝の命令が。男子のいないファ家からは年老いた父が行かなければなりません。年老いている上に足が悪い父を戦地に向かわるわけにはいかないと、ムーランは自らが男装して男子として戦地に赴くことを決意するのでした。

日本での公開も間近4月!雄大な中国の大地を美しくも勇ましいヒロイン、ムーランが駆け抜ける映像も気持ちを高める楽しみな映画のひとつです!

アルテミスと妖精の身代金 原題:Artemis Fowl

公開予定日
アメリカ:2020年5月29日
日本:未定

父親を助けるためであれば、妖精をだまして財産を奪うことも辞さないアルテミスは、これまでのディズニー映画の主人公たちとはひと味違うダーク・ヒーロー。どんなミステリーに仕上がっているかが楽しみな作品です。

あらすじ
主人公の少年アルテミスのもとに突然かかってきた1本の電話からストーリーは始まります。
電話の発信元の男は、行方不明になっていたアルテミスの父親を誘拐したという犯人を名乗ります。父親を返して欲しければ、妖精たちの財産である「フェアリー・ゴールド」を1トン支払え。そんな要求を突きつけてくる犯人。
天才的な頭脳と冷酷なほどの実行力を持つアルテミスは、父親を取り戻すために妖精たちの財産を強奪し、父親の身代金を用意する計画を立てるのでした・・・。

『アルテミスと妖精の身代金』は、「Artemis Fowl」というアイルランドの大ベストセラーSFファンタジー小説が原作。ミステリアスで少しブラックなストーリーが大人気のシリーズの第1作目が、いよいよ映画化されることになり、世界中のファンが待ち構えています。

ジャングルクルーズ(原題:Jungle Cruise)

公開予定日
アメリカ:2020年7月24日
日本:2020年7月24日 同日公開予定!

東京ディズニーランドのアドベンチャーランドに開園以来ある、安定した人気のアトラクションの「ジャングルクルーズ」が映画になります。

あらすじ
アマゾンに伝わる、秘宝「奇跡の花」を手にした者には永遠の命が与えられるといる伝説。そんな秘宝を求めてジャングルに旅立つ3人組がいました。女性医師のリリー、その弟のジャック、そしてリリーが同行を依頼した観光客相手のクルーズ・ツアーの勇敢な船長フランクです。
野生動物たちが暮らし、めずらしい自然に包まれたジャングルを進み、困難に立ち向かう3人が目指すのは、「伝説に近づく者は全て呪われる」と言われるアマゾンの上流奥深くの地、「クリスタルの涙」です。そんな3人を待ち受ける謎と真実とは?

クルーと一緒にジャングルを旅して行くという設定の元、いろいろな「冒険」の演出に和やかになりながら思わずクスっと笑ってしまう。そんな人も多いのではないでしょうか。

けれど実写映画となれば話は別です!映像の世界の迫力と共に、壮大な冒険の体験が出来そうですね。

Soul(邦題未定)

公開予定日
アメリカ:2020年6月19日
日本:未定

もう1本、ピクサーから新作アニメーション映画が公開予定です。日本での公開日も邦題も未定ですが、アメリカではすでに6月に公開予定が決まっている作品です。

あらすじ
中学校の音楽教師ジョー・ガードナーは、ジャズ奏者になることを夢見ながら普通の毎日を暮らしています。そんなある日、彼にとうとう長年の夢をかなえるためのチャンスがやって来ます!
心躍らせるジョーでしたが、そんな彼に大ハプニングが。排水溝の下へと落下してしまい、そのショックで気を失ってしまったジョーがやっと気を取り戻すと、何と彼の“ソウル”だけが肉体から離れてしまっていたのです!
ソウルだけのジョーが辿り着いたのは、人間の身体に送られる前の魂の訓練所。そこで出会ったソウル“22”とジョーは、何とか元の世界へ戻る方法を見つけられるのでしょうか・・?

やはり映像美が織りなす影と光の世界が見事です。早く日本で公開が決定することを心から願いながら待ちましょう!

RAYA (RAYA and The Last Dragon:邦題未定)

公開予定日
アメリカ:2020年11月25日
日本:未定

2020年のおそらく最後に予定されているのは、いよいよウォルト・ディズニーアニメーションから送られるアニメーション映画の新作です!

あらすじ
東南アジアをテーマにした壮大なファンタジーアドベンチャーをウォルト・ディズニーアニメーションが手掛けます。最後のドラゴンを探し求める戦士Rayaと、ドラゴンの生き残りで、人間に変身した水竜、Sisuが織りなす物語です。

あらすじの情報もまだ少なく、日本での公開日も邦題も未定ですが、アメリカでの公開日は決定!ストーリーの舞台となる東南アジアではエンターテイメントニュースでも話題沸騰な今作です。日本での公開も期待したいですね。

クルエラ(原題:Cruella)

公開予定日
アメリカ:2021年5月28日
日本:未定

日本での公開予定日は未定ですが、アメリカでは再来年の5月と決定した実写映画です。1年以上先の公開予定日ですが、情報や映像が少しずつリリースされていて期待感が高まります。

あらすじ
主人公のクルエラは、『101匹わんちゃん』で、子犬たちの毛皮でコートを作ろうとする永遠の悪女です。アニメーションでも、実写版の『101』でも、非情で自分勝手極まるクルエラですが、どこかコミカルな動きとユーモア、かつきっぱりと気持ちよいまでの「悪さ」が実はディズニー・ヴィランズ(悪役たち)の中でも密かな人気者。
今作では、「cruel(残酷な)」という単語が名前の由来である彼女の若い頃にスポットライトをあて、なぜクレエラがそこまで毛皮を愛し、残酷な所業をもいとわない悪女になったのかが描かれるとのこと。

主演は『ラ・ラ・ランド』(2017年)でアカデミー主演女優賞を受賞したエマ・ストーンです。1980年代のロンドン、パンクロックが全盛期の街を舞台に、エステラ(若き頃のクレエラ)の物語をどのように演じてくれるのか楽しみですね。

監督や主演女優が決まっているなら・・・と期待大!な実写版3本

まだ詳細な情報は入って来ていないながら、監督や主演女優が決まり、製作に向けて大きく動き始めている数本から、以下の3作に注目と期待です!

ザ・リトル・マーメイド(原題:The Little Mermaid)

公開未定(YouTubeより予告編です)

アメリカでの公開予定日が一度2019年8月と発表されて以来、そのままの保留状態になっている今作ですが、予告編やストーリーの内容が明かされ始めていることから、2020年、または2021年では?という声があがっています。

今分かっているストーリーは、アニメーションバージョンの明るく前向きなアリエルとは違って、より原作である1837年の童話『人魚姫』に近い物語。

アメリカ南部ミシシッピを舞台にして、サーカス団に捉えられ見世物になっている人魚姫の周りで繰り広げられる切なさをにじませた実写映画になるということ。

いずれにしても公開日が決まるのが待ち遠しいですね!

ティンカー・ベル(原題:Tink)

公開未定

ウォルト・ディズニーアニメーションでの前作、2014年公開の『ティンカー・ベルと流れ星の伝説』 (原題:Legend of the NeverBeas)のYouTube予告編を観ながら、公開を期待しましょう。

映像は2014年公開の『ティンカー・ベルと流れ星の伝説』のものです。

 

『ピーター・パン』で、ピーター・パン、ウェンディ、フック船長に続くもうひとりのメインキャストと言えば、可愛らしさと小悪魔感が満載の妖精、ティンカー・ベル。

キュートな容姿と、やきもち焼きでピーターやウェンディを困らせながらもどこか憎めないキャラクターで大人気です。

そんなティンカー・ベルを、これまたキュートなリース・ウェザースプーン主演で実写映画化されるという企画があるそうです。数年前からささやかれながら、なかなか実現していませんが、それでもこれからの予定リストには筆頭なほどにあげられている、ぜひとも実現して欲しい作品候補です。

魔法にかけられて2(原題:Disenchanted)

公開未定

残念ながら、新作の映像などはまだ入手できませんが、前作の幸せの予告編を観ながら、やはり続編を待ちましょう!

映像は2007年公開の『魔法にかけられて』のものです。

前作の「魔法にかけられて」は、アニメーションのおとぎ話とNYでの実写版のストーリーがクロスオーバーしながらも、子どもだましではないストーリーと魅力的なキャラクターたちで大人の女性に大人気でした。

続編となる今作は、前作から10年後のNYとおとぎの国アンダレーシア。

NYで幸せに暮らしていたジゼルでしたが、ある日ふと「しあわせとは何か」を考えるようになり、アンダレーシアと現代社会NYに住む人たちを巻き込んでバタバタ劇が巻き起こるという物語になる予定とのことです。

まとめ

いかがでしたか?2020年も、ディズニー映画の新作が盛りだくさんに予定されていてとても楽しみですね。そして2020年以降も、ますます魅力的な作品たちが企画されています。

今年のディズニー映画を楽しんでいる内にきっとどんどん進むはず・・・と期待感がふくらんで、今後もディズニー映画から目が離せません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました