DAZNの魅力は見逃し配信【2019 J1リーグ 第13節】はまだ視聴できるか?

サッカー
記事カテゴリー

結論から申しますと…
【J1リーグ 第13節】はもうDAZNの見逃し配信期間は終了してます。

DAZNの見逃し配信期間は、基本的に、ライブ配信終了の約2時間後から30日間です。
また、DAZNでは試合の見逃し配信の他に、試合のハイライトも配信してますよ。
こちらも配信期間は基本的に30日間となっています。ただ、基本的になので、もう一度みたいあなたは早めにみてくださいね。

DAZNユーザーの評判をみてると、見逃し配信をが魅力でDAZNを契約してる方が多いですね。

DAZNは31日間の無料視聴期間もありますからね。是非ご検討下さいね。

DAZNの無料お試しは下記バナーから

それともう一つ。スポーツの見方が変わりますよ。
スポーツベッティング知ってますか?楽しいですよワクワクしますよ。

お暇な方はこちらの記事も是非是非。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【保存版】スポーツベッティングは超おすすめの投資!その6つの理由 ブックメーカー徹底研究!
働けども働けども、なかなか給料が上がらず、日々もがいている日本の労働者たち。「も...

【J1リーグ 第13節】がはじまる前のコメント

5月25日、26日にかけてJ1の第13節全9試合が各地で開催されます。

毎節、各地で熾烈な戦いが繰り広げられており、今節も同様にレベルの高い戦いが期待できます!

シーズンを3分割すると、12節までが序盤戦であり、この13節からは中盤戦となります。
この中盤戦(13~24節)での結果が、終盤戦でのチームの行方を左右することになります。

序盤戦でスタートダッシュを成功させたチーム、躓いたチーム、チーム状況は様々です。再スタートとなる第13節、試合日程及び放送予定、注目試合について紹介いたします!

【J1第13節】試合日程(注目試合)

【J1第13節】試合日程

日時対戦カード試合会場
5/25 14:00北海道コンサドーレ札幌 VS ガンバ大阪札幌ドーム
5/25 14:00清水エスパルス VS ベガルタ仙台IAIスタジアム日本平
5/25 15:00セレッソ大阪 VS  FC東京ヤンマースタジアム長居2002
5/26 13:00横浜Fマリノス VS ジュビロ磐田日産スタジアム
5/26 14:00浦和レッズVS サンフレッチェ広島埼玉スタジアム2002
5/26 14:00サガン鳥栖 VS 鹿島アントラーズ駅前不動産スタジアム
5/26 15:00名古屋グランパス VS 松本山雅FC豊田スタジアム
5/26 15:00ヴィッセル神戸 VS 湘南ベルマーレノエビアスタジアム神戸
5/26 16:00大分トリニータ VS 川崎フロンターレ昭和電工ドーム大分

【J1第13節】DAZN配信予定

全試合生中継
※浦和レッズVSサンフレッチェ広島はNHK BS1で生中継

DAZNの無料お試しは下記バナーから

【2020年】『Jリーグ』中継が見放題なおすすめ「動画配信サービス」を比較検証!
この記事では『Jリーグ』を視聴できるおすすめの動画配信サービスを紹介します。 私...
【2020年】『海外サッカー』中継が見放題なおすすめ「動画配信サービス」を比較検証!
この記事では『海外サッカー』を視聴できるおすすめの動画配信サービスを紹介します。...

【J1第13節】① 清水エスパルス VS ベガルタ仙台 試合の見どころ

25日の土曜日に行われるこの試合。Jリーグ名物の「残留争い」を左右しうるであろう1戦です。というのも、第12節終了時点でホームの清水エスパルスは2勝3分7敗で最下位。一方アウェイのベガルタ仙台は3勝1分8敗で16位。ともにJ2降格圏に沈んでいます(16位はJ1J2入替戦)。

前節は、監督交代の劇薬に打って出た清水エスパルスは、アウェイで上位の大分トリニータを相手に耐えて1-1のドロー。貴重な勝ち点1を獲得しました。一方のベガルタ仙台は、下位に沈んでいたジュビロ磐田を相手にアウェイでいいところなく0-2の敗戦。

勝ち点1差で迎える下位直接対決。週の半ばにルヴァンカップのグループリーグ最終節があり、過密日程となりますが、両チームとも消化試合となることが決定しており(清水エスパルスは敗退決定、ベガルタ仙台はプレーオフ進出決定)、ベストコンディションで試合を迎えられる可能性が高いでしょう。

清水エスパルス VS ベガルタ仙台の注目選手!

ドウグラス選手(清水エスパルス)
昨シーズン、下位に低迷していた清水エスパルスに夏に加入すると、瞬く間にゴールを量産し、チームを中位に押し上げる原動力となったドウグラス選手。前節、PKを沈めようやく今シーズン初ゴールをマークしました。今シーズンは開幕前に不整脈を訴え、4節までは出番がなく、少々出遅れてしまいました。5節以降は全試合に出場し、10節からはスタメンを奪取。1つゴールを決めたことで、ここからの爆発が期待できるのではないでしょうか。

シュミット・ダニエル選手(ベガルタ仙台)
昨年のFIFAワールドカップ後、森保一氏が日本代表監督となってから代表常連となっているシュミット・ダニエル選手。197㎝という恵まれた体格を活かし、ベガルタ仙台の守護神として君臨しています。しかし、今シーズンはここまで19失点とワースト4位。シュミット選手の責任による失点はほぼありませんが、開幕から12試合で11ゴールというチームを勝利に導くには、彼がゴールに鍵をかけることが必須です。キャプテンであり唯一の代表選手でもあるチームの顔として、奮起に期待です。

試合会場はIAIスタジアム日本平!

清水エスパルスのホームスタジアム。ピッチとの距離感の近さが大きな魅力で、アウェイチームサポーターの人気も高いスタジアムの1つとなっています。清水サポーターの作り出す独特な雰囲気は、アウェイチームを飲み込むことも多くあります。しかし、今シーズンはここまでホームで1勝と大苦戦。前回のホームゲームでは川崎フロンターレを相手に完膚なきまでに叩きのめされました。

過去ホームでのベガルタ仙台戦は8勝3分2敗と高い勝率を誇るだけに、ここはしっかり勝ちたいところでしょう。一方のベガルタ仙台は、今シーズンここまでアウェイ全敗と苦汁をなめる結果が続いています。悪いデータを払しょくできるのはどちらのチームになるでしょうか。

②横浜Fマリノス VS ジュビロ磐田 試合の見どころ

数試合調子が上がったと思えば大敗を喫するという、微妙な流れを繰り返すのが今シーズンの横浜Fマリノス。ルヴァンカップも含めた公式戦4連勝で迎えた第11節のセレッソ大阪戦は0-3で惨敗するも、前節ヴィッセル神戸戦は4-1で圧勝。昨シーズン同様、安定しているとは言えない戦いぶりを見せています。一方のジュビロ磐田は、開幕から乗り切れていない状況ですが、ここ3試合は2勝1敗。その1敗も、無敗で首位を快走するFC東京を相手に大善戦を見せました。

そんな状況で迎えるこの一戦は両チームにとって特別な意味のあるゲームになります。そのキーワードが「中村俊輔」。2017シーズン、誰もが横浜Fマリノスで引退すると思っていた中村俊輔選手がジュビロ磐田に電撃移籍をしたことで因縁が生まれました。中村選手の移籍以降、リーグ戦の対戦成績は2勝2敗と全くの五分。果たして今回の対戦はどのような結果となるでしょうか。

横浜Fマリノス VS ジュビロ磐田の注目選手!

天野 純選手(横浜Fマリノス)
今シーズンから背番号10を背負う天野選手。正確な左足から繰り出される美しいフリーキックはチームに多くの歓喜をもたらしてきました。2014年に順天堂大学から加入し、レギュラーに定着し始めたのは2016年夏ごろ。この頃から、中村俊輔選手との比較は嫌と言うほどされてきました。その影響か、めきめきと実力を高め、昨年はついにA代表にも選出。かなり充実した時期を過ごせていると言えます。

10番を背負って初めて迎える中村俊輔選手との対戦。タイミングが悪く、天野選手は前節ヴィッセル神戸戦で今シーズン初めてスタメンを外れ、チームは4-1で快勝。「勝ったチームは動かさない」という鉄則があるので、もしかしたら今節もベンチスタートとなるかもしれません。しかし、出場機会があれば、中村選手の目の前で、自身のチャントにも使われている歌詞のように、「横浜に虹をかける」そんな美しいフリーキックを決めることに期待です。

中村俊輔選手(ジュビロ磐田)
このカードの因縁の原因とも言うべき中村選手。早いものでジュビロ磐田でのプレーは3シーズン目を迎えています。日産スタジアムでの横浜Fマリノス戦というのは、本人にとっても、マリノスの選手・サポーターにとっても、待ち遠しい試合の1つであります。しかし、今回は中村選手の出場の可能性は低いかもしれません。今シーズン、ここまで出場したのはわずか2試合のみ。前節はベンチ入りもしませんでした。

ただ、2年前のこの試合、名波浩監督が「俊輔ダービー」と銘打ったように、クラブとしてこの試合を特別視しているのは明らかです。今シーズン、チームの成績が上向かないことと相まって、相当の鬱憤が中村選手には溜まっていることでしょう。それを晴らす舞台が、慣れ親しんだ日産スタジアム、というのは考えうる中でも最高のシナリオではないでしょうか。マリノスのサポーターには、中村選手に猛烈な敵意をもつ人もいれば、一方で一選手として応援し続けている人も多くいます。そうした方々の前で、元気な姿を見せてほしいところです。

試合会場は日産スタジアム!

2002年ワールドカップの決勝戦や、FIFAクラブワールドカップの決勝戦の会場として使われてきた日産スタジアム。収容人数は日本最大です。前節ヴィッセル神戸戦では、イニエスタ選手やビジャ選手を一目見たいと、約44000人というサポーターの方々が詰めかけました。今節は、そこまでの多くの来場は見込まれないですが、ここ数年ジュビロ磐田戦の観客数は、マリノスの年間のホームゲームの中でも上位に位置します。今週中に、中村選手出場という報道が出れば、チケットはどんどん売れていくでしょう。

今シーズン、ここまで横浜Fマリノスはホームで無敗です。因縁のジュビロ磐田を相手に、その記録を伸ばせるか注目です。

③大分トリニータ VS 川崎フロンターレ 試合の見どころ

J2降格筆頭候補として見られていた開幕前の予想を大きく裏切り、ここまで快進撃を続け3位につける大分トリニータ。今節はいよいよJリーグ最強の敵である川崎フロンターレを迎え撃ちます。開幕前であれば、この対戦は恐らく川崎の圧勝が予想されたでしょう。しかし、現在3位の大分に対して川崎は4位。開幕前にこの状況を予想できた人はいたでしょうか。

今節、最も遅い時間のキックオフとなるこの試合。両チーム以外のサポーターの方も多く視線を注ぐでしょう。2位に勝ち点差6をつけ首位を快走するFC東京の試合は前日に行われており、その結果を受けたうえでの戦いとなります。仮にFC東京が勝利を収めていた場合、大分、川崎の両チームにとって、敗戦はより許されないものとなるでしょう。

スタートダッシュに失敗した川崎ですが、10年ぶりの5連勝を飾るなど、息を吹き返し始めています。しかし、ここまで上位チーム(FC東京・名古屋グランパス・鹿島アントラーズ・横浜Fマリノス)との試合はすべて引き分けと、勝ち切れていないのは気になるデータです。今節の上位対戦はどのような結果となるでしょうか。

大分トリニータ VS 川崎フロンターレの注目選手!

高木 駿 選手(大分トリニータ)
大分トリニータの攻撃を最後方からリードする守護神・高木選手。彼にとって、川崎フロンターレはプロ入り後5シーズンを過ごした古巣です(うち2シーズンはジェフ千葉へ期限付き移籍)。川崎所属時は、出場試合はわずか2試合と苦しい日々を過ごしていました。しかし、2017年より大分トリニータに移籍すると、昇格を果たした昨シーズンからレギュラーポジションを獲得。今シーズンも、U22日本代表の正GK小島亨介選手が加入した中でも、ポジションを譲らず、全試合に出場しています。

ついに迎える古巣との初対戦。川崎のサポーターは温かく、彼の活躍を喜んでいる方も多いと言います。そういった方々に対し、最強の攻撃陣をシャットアウトするという手痛い恩返しができるでしょうか。

中村 憲剛選手(川崎フロンターレ)

長年川崎の絶対的存在として君臨し続ける中村選手。しかし、今シーズンは負傷もあり、7節から11節までは出番がなし。前節、ようやく復帰を果たしました。中村選手をはじめ、主力選手の負傷が相次いだ川崎ですが、怪我の功名か、齋藤学選手や脇坂泰斗、レアンドロ・ダミアン選手等、序盤は出場機会をなかなか得られなかった選手たちが活躍を見せ、4位まで浮上してきました。

そういった勢いが出てきた選手に、よりその勢いを加速させるような働きができるのが中村選手です。多くのベテラン選手たちがユニフォームを脱いだり、出番を失ったりという状況の中、まったく衰えを見せない38歳の活躍に、まだまだ目が離せません。

試合会場は昭和電工ドーム大分!

大分トリニータのホームスタジアム。昨年までは「大分銀行ドーム」の名で親しまれていましたが、今シーズンより昭和電工株式会社がネーミングライツを取得したため、改名することとなりました。

4万人規模の収容人数を誇るスタジアムであり、日本代表の試合が開催されることもあります。川崎との前回対戦は、大分がJ2に降格した2013年まで遡ります。第33節、大分の降格が決定していた中での試合となりましたが、後半アディショナルタイム5分まで0-0が続く中、最後は川崎の大久保嘉人選手がネットを揺らし、そのまま1-0で川崎が勝利するという試合でした。今回の対戦も、最後の最後まで目が離せない一戦となるでしょう。

まとめ

第13節は、土曜日と日曜日で分散開催され、割とキックオフ時間にバラツキがあるため、DAZN視聴者は多くの試合を楽しむことができるでしょう。土曜日には、首位のFC東京の試合及び最下位清水エスパルスの試合が行われます。日曜日に試合をするチームは、その結果を受けての試合となるため、少々のやりづらさはあるでしょう。

注目の試合にはあげませんでしたが、現在7連敗中のヴィッセル神戸は、今節の結果次第ではいよいよ降格圏突入もありうる状況です。その他にも、勢いを落としまくっているチーム同士の対戦となる浦和レッズVSサンフレッチェ広島、いよいよ本領を発揮し始めたサガン鳥栖がホームに鹿島アントラーズを迎える試合等、楽しみな試合が多くあります。DAZN視聴者は、どのゲームを選べばいいか大変ですが、後悔のない決断ができるよう、祈っています!

【J1第13節】試合日程

日時対戦カード試合会場
5/25 14:00北海道コンサドーレ札幌 VS ガンバ大阪札幌ドーム
5/25 14:00清水エスパルス VS ベガルタ仙台IAIスタジアム日本平
5/25 15:00セレッソ大阪 VS  FC東京ヤンマースタジアム長居2002
5/26 13:00横浜Fマリノス VS ジュビロ磐田日産スタジアム
5/26 14:00浦和レッズVS サンフレッチェ広島埼玉スタジアム2002
5/26 14:00サガン鳥栖 VS 鹿島アントラーズ駅前不動産スタジアム
5/26 15:00名古屋グランパス VS 松本山雅FC豊田スタジアム
5/26 15:00ヴィッセル神戸 VS 湘南ベルマーレノエビアスタジアム神戸
5/26 16:00大分トリニータ VS 川崎フロンターレ昭和電工ドーム大分

DAZNの無料お試しは下記バナーから

【2020年】『Jリーグ』中継が見放題なおすすめ「動画配信サービス」を比較検証!
この記事では『Jリーグ』を視聴できるおすすめの動画配信サービスを紹介します。 私...
【2020年】『海外サッカー』中継が見放題なおすすめ「動画配信サービス」を比較検証!
この記事では『海外サッカー』を視聴できるおすすめの動画配信サービスを紹介します。...
【保存版】スポーツベッティングは超おすすめの投資!その6つの理由 ブックメーカー徹底研究!
働けども働けども、なかなか給料が上がらず、日々もがいている日本の労働者たち。「も...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました