DAZNの魅力は見逃し配信【2019 J1リーグ 第14節】はまだ視聴できるか?

サッカー
記事カテゴリー

結論から申しますと…
【J1リーグ 第14節】はもうDAZNの見逃し配信期間は終了してます。

DAZNの見逃し配信期間は、基本的に、ライブ配信終了の約2時間後から30日間です。
また、DAZNでは試合の見逃し配信の他に、試合のハイライトも配信してますよ。
こちらも配信期間は基本的に30日間となっています。ただ、基本的になので、もう一度みたいあなたは早めにみてくださいね。

DAZNユーザーの評判をみてると、見逃し配信をが魅力でDAZNを契約してる方が多いですね。

DAZNは31日間の無料視聴期間もありますからね。是非ご検討下さいね。

DAZNの無料お試しは下記バナーから

それともう一つ。スポーツの見方が変わりますよ。
スポーツベッティング知ってますか?楽しいですよワクワクしますよ。

お暇な方はこちらの記事も是非是非。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【保存版】スポーツベッティングは超おすすめの投資!その6つの理由 ブックメーカー徹底研究!
働けども働けども、なかなか給料が上がらず、日々もがいている日本の労働者たち。「も...

【J1リーグ 第14節】がはじまる前のコメント

5月31日、6月1日にかけてJ1の第14節全9試合が各地で開催されます。

毎節、各地で熾烈な戦いが繰り広げられており、今節も同様にレベルの高い戦いが期待できます!

前節は、首位FC東京が13試合目にしてついに初黒星を喫し、ようやく無敗チームがなくなりました。さらに2位の名古屋グランパスも松本山雅FCに屈し、上位2強が負けるという波乱が起こりました。そんな中、開幕当初は眠っていた2連覇中の王者・川崎フロンターレがついに2位へ浮上。

下位を見ると、前節最下位だった清水エスパルスやサガン鳥栖が勝利を収めたことで、こちらも混とんとしてきています。

第14節が終わると、日本代表ウィークがあるため。リーグ戦は一旦中断期間に突入します。

良い形で中断期間に突入できるのはどのチームでしょうか???

第14節の試合日程及び放送予定、注目試合について紹介いたします!

DAZNの無料お試しは下記バナーから

【J1第14節】試合日程(注目試合)

日時対戦カード試合会場
5/31  19:00湘南ベルマーレ VS 横浜FマリノスShonan BMW スタジアム平塚
6/1  14:00北海道コンサドーレ札幌 VS サンフレッチェ広島札幌ドーム
6/1  14:00ベガルタ仙台 VS 名古屋グランパスユアテックスタジアム仙台
6/1  14:00FC東京 VS 大分トリニータ味の素スタジアム
6/1  15:00ジュビロ磐田 VS ヴィッセル神戸エコパスタジアム
6/1  16:00サガン鳥栖 VS セレッソ大阪駅前不動産スタジアム
6/1  18:00松本山雅FC VS 清水エスパルスサンプロ アルウィン
6/1  19:00川崎フロンターレ VS 浦和レッズ等々力陸上競技場
6/1  19:00ガンバ大阪 VS 鹿島アントラーズパナソニックススタジアム吹田

【J1第14節】DAZN配信予定

全試合生中継

DAZNの無料お試しは下記バナーから

【2020年】『Jリーグ』中継が見放題なおすすめ「動画配信サービス」を比較検証!
この記事では『Jリーグ』を視聴できるおすすめの動画配信サービスを紹介します。 私...
【2020年】『海外サッカー』中継が見放題なおすすめ「動画配信サービス」を比較検証!
この記事では『海外サッカー』を視聴できるおすすめの動画配信サービスを紹介します。...

【J1第14節】①湘南ベルマーレ VS 横浜Fマリノス 注目試合の見どころ

今節唯一の金曜日開催となるこのカード。思い出されるのは、埼玉スタジアム2002で行われた昨シーズンのルヴァンカップ決勝戦です。湘南に対して圧倒的な相性の良さがある横浜が勝つかに思われた試合ですが、湘南・杉岡選手のミドルシュートが決勝点となり、そのまま湘南が悲願を達成。横浜にとって、今節の湘南戦はその雪辱を果たすという意味合いもある一戦になるでしょう。

湘南は、第12節浦和レッズ戦で世紀の大誤審と言われた不運な判定も乗り越え、サッカー史上に残るような感動的な逆転勝利を収めたものの、前節は7連敗中のヴィッセル神戸を相手に1-4と惨敗を喫しました。降格圏とは勝ち点5差しかなく、少し下位の足音が気になる状況です。

一方、横浜は第12節、第13節の日産スタジアムでの連戦で4-1、4-0と最高の結果を残し、5位に浮上しました。第14節の結果次第では、2位浮上の可能性もあり、現在好調なチームの1つと言えるでしょう。

両チームは既にルヴァンカップのグループリーグで2試合戦っており、1勝1敗。残念ながらともにプレーオフステージには進むことができませんでした。フライデーナイトマッチとして、多くのファン・サポーターの視線が注がれるであろう、このゲームは注目です!

湘南ベルマーレ VS 横浜Fマリノスの注目選手

杉岡大暉選手(湘南ベルマーレ)
来月行われるコパアメリカの日本代表メンバーに選出された杉岡選手。その関係で、第15節、第16節はJリーグの試合に出場できないことが確定しています。「世紀の大誤審」の最大の被害者となったことでも注目を浴びました。

そんな杉岡選手ですが、5月22日に行われたルヴァンカップグループリーグ最終戦の北海道コンサドーレ札幌戦でPKを失敗。結果、あと1点取れていればというところでの敗退が決まってしまい、大きな悔しさを味わうことになりました。その悔しさを晴らし、またコパアメリカでの活躍に繋げていくためにも、今節は非常に重要な試合になります。昨年、チームにルヴァンカップ優勝をもたらした左足が再び横浜を相手に火を噴くところを見られるでしょうか。

マルコス・ジュニオール選手(横浜Fマリノス)
2試合連続でゴールを記録し、気がつけばJリーグ得点ランキングトップタイに浮上したマルコス・ジュニオール選手。ゴール後に見せるドラゴンボールのパフォーマンスも話題となっています。そんなマルコス・ジュニオール選手ですが、ここまでマルチな才能を発揮し、チームの絶対的存在へと地位を高めています。

開幕当初は左ウイング、その後CF、そして現在はトップ下。特に現在のトップ下でのパフォーマンスはまさに圧巻の一言です。守備にも献身的かつ味方をうまく使えるかつゴールも奪える。今シーズン、Jリーグには世界的ビッグネームが多数在籍していますが、その外国籍選手の中でも抜きんでた活躍をしていると言っても過言ではありません。

ノリに乗っているマルコス・ジュニオール選手がゴールを決めれば、さらにチームも勢いづいていくこと間違いないでしょう。ゴール後のパフォーマンスも含め、現在最もノッている彼に注目です!

試合会場はShonan BMW スタジアム平塚!

湘南ベルマーレのホームスタジアム。金曜日の開催ですが、同じ神奈川県内の横浜Fマリノスとの試合ということもあり、当日は多くの来客が見込まれるでしょう。今節は湘南のホームゲームとなりますが、湘南にとってホームでの横浜戦は鬼門中の鬼門。過去対戦成績では3勝12敗2分と大きく負け越しているのです。

昨シーズン8月の行われたゲームでは、当時横浜が絶不調に陥っていたこともあり、いよいよ湘南が鬼門を破るかに見えましたが、結局0-1で敗れてしまいました。このままずっとサポーターを悲しませるわけにもいかないと、選手・監督一同思っているところでしょう。

今シーズンは、3月に行われたルヴァンカップの試合で、このスタジアムで横浜に2-0で勝利を収めています。その再現を果たせるか、注目しましょう。

②FC東京 VS 大分トリニータ試合の見どころ

開幕から守り続けていた無敗がついに途切れたFC東京。再スタートを図りたい一戦ですが、今シーズン昇格ながらアウェイでは無敗という強さを誇る4位大分トリニータとの対戦であり、難しい試合となることが予想されます。

「優勝するチームは連敗をしない」とはよく言われることであります。つまり、敗北を喫した直後のこの一戦が、FC東京の今シーズンを左右する上で非常に重要な一戦になるのは間違いありません。思い返せば、第8節、無敗同士で戦ったサンフレッチェ広島戦。その試合はFC東京が勝利したわけですが、敗れたサンフレッチェ広島はその後泥沼の5連敗を喫し、一気に中位に順位を落としていくこととなりました。昨シーズンも序盤は好調ながら、順位をズルズルと落としていっただけに、その二の足は踏むまいという決意が試される試合になります。

一方大分トリニータは、前節王者川崎フロンターレに0-1で敗戦。今シーズン3敗目を喫しました。大分はここまで好調を維持し、ずっと上位につけていましたが、前節川崎戦、今節FC東京戦、そして次節が名古屋グランパス戦と上位3強との3連戦となっており、真価が問われる連戦となっています。今シーズン、未だアウェイでは無敗ということもあり、そのデータも味方に前節の敗戦から立ち直れるかが勝負の鍵となりそうです。

FC東京 VS 大分トリニータの注目選手!

久保 建英 選手(FC東京)
キリンチャレンジカップ及びコパアメリカに臨む日本代表に選出され、いよいよA代表としてのキャリアをスタートさせることになった久保選手。前節セレッソ大阪戦では、相手守備陣に完璧に封じられてしまい、いいところを見せられませんでした。しかし、ここまでチームを引っ張ってきたのは、まぎれもなく久保選手です。その久保選手ですが、前述したように日本代表に選出された関係で、この試合を最後にしばらくチームを離れることとなります。

近々バルセロナに復帰するといったような報道もまことしやかににささやかれ、もしかしたら日本国内で彼のプレーを見られるのも、残り僅かとなってしまうかもしれません。

松本 怜 選手(大分トリニータ)
縦へのスピード感ある突破と鋭いカットインを使い分け、相手DFを混乱に陥れる松本選手。早稲田大学を卒業後に加入した横浜Fマリノスでは、なかなか出番に恵まれなかったが、大分に移籍し、花開いたという印象があります。

持ち味は50mを5.8秒で走る快速で、これはFC東京のスピードスター永井謙佑選手にもひけをとりません。加えて、90分間、そして連戦でも戦い抜けるスタミナが持ち味で、両足から精度の高いボールを配給し、チームの攻撃を支えています。

前線にタレントが揃う大分において、松本選手がどれだけのチャンスを作り出すことができるか、それが首位撃破のキーポイントになるでしょう。

試合会場は味の素スタジアム!

東京都調布市にあるFC東京のホームスタジアム。今年は、夏以降にラグビーワールドカップが開催される影響で、FC東京はその時期にしばらく味の素スタジアムを使用することができなくなります。なんとその期間はアウェー8連戦という地獄のスケジュールが待っています。

ここまでFC東京はホームゲームを7戦7勝。圧倒的な強さを誇っています。

一方の大分トリニータもアウェイ無敗という状況。今節の対戦で、必ずどちらかのデータが崩れることとなります。上位対決ではありますが、ともに前節敗北を喫している同士の対戦。味の素スタジアムでは、生き残りをかけた熱気の溢れる戦いを見ることができるでしょう。

③川崎フロンターレ VS 浦和レッズ 試合の見どころ

開幕4戦勝ち無しと出遅れた川崎フロンターレでしたが、気が付けば2位まで浮上。いよいよ首位を射程圏内に捉え始めています。アジアチャンピオンズリーグは敗退が決まってしまっただけに、リーグにかける意気込みは強いでしょう。前節は、上位対決となった大分トリニータ戦。勢いのある相手に対して、1-0で危なげなく勝利。王者らしい「強さ」を見せつける試合となりました。

一方の浦和レッズは、2009年以来のリーグ戦4連敗を喫するなど絶不調。令和に入ってからは一度も勝利を挙げられておらず、チーム状態は良くありません。アジアチャンピオンズリーグでは、敗退した川崎に対して、浦和は次のラウンドへの進出を決めており、そこはポジティブな材料と言えるでしょう。

しかし、リーグ戦は、上位戦線にいると思っていたら、気が付けば下位の足音が非常に気になる順位まで落ちてきてしまいました。この状況で、状態を上げてきている王者川崎との対戦はかなり不運なスケジュールとなってしまっています。

意外にも昨シーズンの対戦では、浦和が川崎に対して2勝をあげています。浦和が再び勢いに乗っていくためには、またとない相手と捉えることもできます。今節最も遅いキックオフのこのゲーム、大注目です!

川崎フロンターレ VS 浦和レッズの注目選手!

脇坂 泰斗 選手(川崎フロンターレ)
昨シーズン、阪南大学から新卒で川崎へ加入した脇坂選手。昨シーズンそして今シーズン序盤も出番がありませんでしたが、第10節のベガルタ仙台戦でプロデビューを飾ると、いきなり2アシストの活躍。さらに続く清水エスパルス戦では初ゴールも記録するなど、現在チームで一番ノッている選手の一人と言えるでしょう。

脇坂選手は、例えば中村憲剛選手のような一発で相手を切り裂くようなスルーパスが出せるかと言えば、そうではありません。彼の特徴は、周りの選手と連携し、動きながら崩していくプレーです。攻撃に脇坂選手が関わることで、スムーズさやスピード感が生まれるのを見て取れます。

川崎で試合に出始めたばかりで、すぐに代表入りという訳にはいかないでしょうが、十分にそのポテンシャルもある選手です。槙野選手をはじめ、日本を代表する選手たちが多く在籍する浦和レッズを相手に、その輝きを見せられるか注目です。

槙野 智章 選手(浦和レッズ)
現在リーグ戦4連敗中の浦和レッズ。特に第12節は湘南を相手に奇跡の大逆転を許し、第13節は浦和の多くの選手が在籍経験があるサンフレッチェ広島に0-4と大敗。非常に難しい時期を過ごしています。こういった難しいチーム状況、誰もが落ち込みがちな時に、率先して前向きな姿勢を見せられる選手が槙野選手です。プレー面でももちろん、体を張った守りでチームに勇気を与えますが、それ以上に今必要とされているのは精神的な面での働きでしょう。

浦和レッズと言うチームが残留争いに巻き込まれていいはずがありません。今一度、チームを上昇気流に乗せるためには、プレー以上に槙野選手のキャラクター面が重要になってきます。良いプレー、良い結果は前向きな時にしか生まれません。

この1週間のトレーニングも含め、どのような立て直しを浦和レッズが見せるか、その中で槙野選手がどのような働きをするか、注目し、土曜日の試合に備えましょう。

試合会場は等々力陸上競技場!

「等々力劇場」と呼ばれ、試合終盤に川崎フロンターレが劇的なゴールを決めることもしばしばあります。しかし、今シーズンは等々力陸上競技場での試合で、川崎は7戦2勝と成績としてはイマイチです。例年チケットが完売となるこのカードですが、今シーズンも売れ行きは好調の模様で、おそらく満員に近い集客が見込まれるでしょう。

毎試合アウェイをジャックすると言われる浦和レッズの応援団が、ホームの雰囲気を作り出し、選手を後押しできるでしょうか。他チームのサポーターからも、DAZNを通じて多くの視線が注がれることは間違いありません。注目のゲームをお見逃しなく!

まとめ

第14節は、金曜日に神奈川ダービー1試合と残り8試合は土曜日に開催されます。土曜日は、キックオフ時間が良い感じでバラけており、数多くの試合を楽しむことができるでしょう。次節からは、北海道コンサドーレ札幌のホームゲーム以外、全試合がナイターゲームとなるため、一日に何試合も視聴するということができなくなります。

Jリーグサポーターにとっては手痛いところですが、夏の過酷な環境で選手が消耗している姿を見るのも難ですからね・・・。

個人的な主観ですが、Jリーグでいわゆる4強と言えば(今シーズンのここまでの結果はあまり考慮せず)、川崎フロンターレ、浦和レッズ、ガンバ大阪、鹿島アントラーズであるような気がしています。今節は、その4チームが激突し、しかも、どちらも最終時刻である19:00のキックオフです。ラスボス感がたまらないというか、名前だけでウキウキしてしまうカードです。キックオフ時間が被っているのが少し残念ですが・・・。

第14節は、代表ウィークによる中断前最後のゲームとなります。また、第15節、第16節、場合によっては第17節、第18節にはコパアメリカ日本代表に招集された選手は出場ができません。コパアメリカの代表チームにはJリーガーも多く選出されているため、この第14節で多くの試合を見て、予習をしておきたいところですね!

 

【J1第14節】試合日程

日時対戦カード試合会場
5/31  19:00湘南ベルマーレ VS 横浜FマリノスShonan BMW スタジアム平塚
6/1  14:00北海道コンサドーレ札幌 VS サンフレッチェ広島札幌ドーム
6/1  14:00ベガルタ仙台 VS 名古屋グランパスユアテックスタジアム仙台
6/1  14:00FC東京 VS 大分トリニータ味の素スタジアム
6/1  15:00ジュビロ磐田 VS ヴィッセル神戸エコパスタジアム
6/1  16:00サガン鳥栖 VS セレッソ大阪駅前不動産スタジアム
6/1  18:00松本山雅FC VS 清水エスパルスサンプロ アルウィン
6/1  19:00川崎フロンターレ VS 浦和レッズ等々力陸上競技場
6/1  19:00ガンバ大阪 VS 鹿島アントラーズパナソニックススタジアム吹田

DAZNの無料お試しは下記バナーから

【2020年】『Jリーグ』中継が見放題なおすすめ「動画配信サービス」を比較検証!
この記事では『Jリーグ』を視聴できるおすすめの動画配信サービスを紹介します。 私...
【2020年】『海外サッカー』中継が見放題なおすすめ「動画配信サービス」を比較検証!
この記事では『海外サッカー』を視聴できるおすすめの動画配信サービスを紹介します。...
【保存版】スポーツベッティングは超おすすめの投資!その6つの理由 ブックメーカー徹底研究!
働けども働けども、なかなか給料が上がらず、日々もがいている日本の労働者たち。「も...

コメント

タイトルとURLをコピーしました