DAZNの魅力は見逃し配信【2019 J1リーグ 第15節】はまだ視聴できるか?

サッカー
記事カテゴリー

結論から申しますと…
【J1リーグ 第15節】はもうDAZNの見逃し配信期間は終了してます。

DAZNの見逃し配信期間は、基本的に、ライブ配信終了の約2時間後から30日間です。
また、DAZNでは試合の見逃し配信の他に、試合のハイライトも配信してますよ。
こちらも配信期間は基本的に30日間となっています。ただ、基本的になので、もう一度みたいあなたは早めにみてくださいね。

DAZNユーザーの評判をみてると、見逃し配信をが魅力でDAZNを契約してる方が多いですね。

DAZNは31日間の無料視聴期間もありますからね。是非ご検討下さいね。

DAZNの無料お試しは下記バナーから

それともう一つ。スポーツの見方が変わりますよ。
スポーツベッティング知ってますか?楽しいですよワクワクしますよ。

お暇な方はこちらの記事も是非是非。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【保存版】スポーツベッティングは超おすすめの投資!その6つの理由 ブックメーカー徹底研究!
働けども働けども、なかなか給料が上がらず、日々もがいている日本の労働者たち。「も...

【J1リーグ 第15節】がはじまる前のコメント

6月14日、6月15日にかけてJ1の第15節全9試合が各地で開催されます。

前節は、首位FC東京が勝ち点を伸ばす一方、追随する川崎フロンターレや名古屋グランパス、大分トリニータが勝ち点を伸ばせず、その差が広がりました。

下位を見ると最下位だったベガルタ仙台が名古屋グランパスに3-1で勝利を飾り、16位へ浮上。14位ジュビロ磐田から最下位清水エスパルスまで5チームが勝ち点13で並ぶという大混戦の様相を呈しています。

第14節の後、代表ウィークがあったため、2週間ぶりのリーグ戦の開催となります。この第15節から、全試合がナイター開催となり、いよいよ夏の訪れを感じさせてくれます。第13節は地獄のような暑さの会場もありましたからね・・・。

デイゲームに比べると、プレーしやすくなった環境で選手たちはオフ期間を挟み、リフレッシュした状態で第15節に臨むことができるでしょう。

各チームコパアメリカへの代表派遣のため、ベストメンバーを揃えられないという事情もありますが、今節も熱いゲームに期待です。

 

DAZNの無料お試しは下記バナーから

【J1第15節】試合日程(注目試合)

日時対戦カード試合会場
6/14  19:00川崎フロンターレ VS 北海道コンサドーレ札幌等々力陸上競技場
6/14  19:00サンフレッチェ広島 VS 湘南ベルマーレエディオンスタジアム広島
6/14  19:00鹿島アントラーズ VS セレッソ大阪県立カシマサッカースタジアム
6/15  18:00清水エスパルス VS 横浜FマリノスIAIスタジアム日本平
6/15  19:00浦和レッズ VS サガン鳥栖埼玉スタジアム2002
6/15  19:00FC東京 VS ヴィッセル神戸味の素スタジアム
6/15  19:00松本山雅FC VS ベガルタ仙台サンプロ アルウィン
6/15  19:00ジュビロ磐田 VS ガンバ大阪ヤマハスタジアム
6/15  19:00大分トリニータ VS 名古屋グランパス昭和電工ドーム大分

【J1第15節】DAZN配信予定

全試合生中継
※松本山雅FC VSベガルタ仙台はNHK BS1で生中継

DAZNの無料お試しは下記バナーから

【2020年】『Jリーグ』中継が見放題なおすすめ「動画配信サービス」を比較検証!
この記事では『Jリーグ』を視聴できるおすすめの動画配信サービスを紹介します。 私...
【2020年】『海外サッカー』中継が見放題なおすすめ「動画配信サービス」を比較検証!
この記事では『海外サッカー』を視聴できるおすすめの動画配信サービスを紹介します。...

【J1第15節】①川崎フロンターレ VS 北海道コンサドーレ札幌 注目試合の見どころ

前節川崎フロンターレは4連敗中の浦和レッズをホームに迎え、幸先よく先制しましたが、終了間際ラストワンプレーでまさかのゴールを献上し、土壇場で勝ち点を落とす結果となりました。

今シーズン、第3節横浜Fマリノス戦、第4節ガンバ大阪戦でも終了間際に失点を喫しており、2位につけてはいるものの、王者らしくないピリッとしないシーズンを送っています。

北海道コンサドーレ札幌は、前節ホームにサンフレッチェ広島を迎え1-0で勝利。主力選手を多く欠く状況でしたが、チャンスをもらった選手が奮闘し、久しぶりの勝ち点3をあげることができました。連続無得点も断ち切り、再び上昇気流に乗りたいところです。

昨年行われたこの会場でのこのカードのスコアは何と7-0。川崎フロンターレが圧倒的な力の差を見せつけたゲームとなりました。北海道コンサドーレ札幌がそのリベンジに燃えないはずがありません。なかなか勝率が上向かないホーム等々力で、昨年同様の結果を川崎フロンターレが得るか、はたまた北海道コンサドーレ札幌がリベンジに成功するか、戦いに注目です!

 

川崎フロンターレ VS 北海道コンサドーレの注目選手

長谷川 竜也選手(川崎フロンターレ)

昨シーズンは、あまり出番を与えられず、移籍も囁かれていた中で、今シーズンも川崎フロンターレでのプレーを選んだ長谷川選手。

アタッカー陣はリーグ有数の選手層の厚さを誇り、実績のある小林悠選手ですら出場機会を減らしているという厳しい環境の中で、ここ最近定位置を掴みつつあります。

最大の持ち味は、相手DFを混乱に陥れるドリブル。同じような武器をもつ齋藤学選手が長くベンチに甘んじていることも、その能力の高さの証明になるでしょう。ゴール数自体は多くありませんが。前節もゴール起点となるパスを供給するなど、オフェンス面での貢献は絶大です。今節も、長谷川選手がボールを持ったとき、どのようなプレーを見せてくれるのか、目が離せません。

アンデルソン・ロペス選手(北海道コンサドーレ札幌)

アンデルソン・ロペス選手が欠場している第10節以降、5試合でわずか3ゴールしか奪えていない北海道コンサドーレ札幌。連続無得点は前節終止符を打ちましたが、攻撃力を売りにしているチームには、まだまだ煮え切らない思いがあるでしょう。代表ウィークもはさみ、中断期間があるため、第15節はいよいよ彼の復帰があるのではないかと、噂されています。

長期にわたって欠場してもなお、得点ランキングでトップに君臨しているというのは、その得点力の現れでしょう。第3節の清水エスパルス戦で見せた4ゴールの固め打ちの再現は、たやすいものではありませんが、失点の少なさでリーグ2位川崎フロンターレの守備を打ち破っていくには、彼の得点力は欠かせません。

復帰即ゴールと、チームの昨年のリベンジの達成に、大きな期待がかかります。

試合会場は等々力陸上競技場!

川崎フロンターレのホームスタジアム。現在2位につける川崎フロンターレですが、今シーズンホーム等々力では8試合戦ってわずかに2勝。

前節は、浦和レッズを相手に後半アディショナルタイムのラストワンプレーで同点に追いつかれるという悪夢を味わいました。首位を走るFC東京がホームで全勝を誇っているのに比べると、あまりにも物足りない数字となっています。

首位追撃に向け、ホームで失速するわけにはいかないでしょう。3連覇に向け、ホームでこれ以上の足踏みは許されません。

【J1第15節】②浦和レッズ VS サガン鳥栖 試合の見どころ

今シーズン監督を解任し、チームの再建を図っている最中の両チームの対戦。

浦和レッズは令和以降4連敗を喫した状況で、オズワルド・オリヴェイラ監督を解任。昨年「組長」のあだ名で親しまれた大槻毅氏が、前年の暫定監督という形ではなく、正式に指揮をとることになりました。

準備期間3日間で迎えた王者川崎フロンターレ戦は、ラストワンプレーで森脇良太がゴールに捻じ込み、勝ち点1を獲得。新監督の初陣としては悪くないスタートを切りました。

一方のサガン鳥栖は、ルイス・カレーラス監督を解任し、金明輝監督がバトンを受けました。そこから3連勝と、完全に息を吹き返したように見えましたが、前節はセレッソ大阪に0-1で敗北。降格圏の17位に逆戻りとなりました。

浦和レッズの勝ち点は18で、最下位とはわずかに5差しかありません。ここで敗北を喫するようだと、今シーズンは大型補強をしたにも関わらず残留争いに片足を突っ込んでしまうことになります。昨年から無配を継続している大槻監督に今シーズン初勝利をプレゼントし、上位追撃の体制を整えるのか。はたまたサガン鳥栖が、一度鎮火させられた勢いに再び火をともすことができるのか。今後の残留争いを左右するかもしれない大一番に、注目しましょう。

浦和レッズ VS サガン鳥栖 の注目選手!

興梠 慎三選手(浦和レッズ)

今節の対戦相手のサガン鳥栖ほどではないにせよ、こちらも深刻な得点力不足に苦しむ浦和レッズ。第14節時点でわずか11ゴールと消化不良なシーズンを過ごしています。

興梠選手も、第9節までは4ゴールをあげ、第9節の清水エスパルス戦では、「J1リーグ平成ラストゴール」を記録するなど、好調を維持していましたが、令和に入って以降は沈黙。チームもそこから勝利無しとなっています。興梠選手とDFの森脇選手以外複数得点者がいない浦和レッズにおいて、彼にかかる期待が大きくないはずがありません。

大槻新監督のもと、立て直しを図っているチームにおいて、やはり起爆剤となるのはゴールでしょう。埼玉スタジアムでのゴールは、熱気むんむんのサポーターをさらに熱くさせる、ただの1ゴール以上に価値のあるものです。中盤戦から反撃の狼煙をあげるべく、興梠選手の一発に期待しましょう。

金崎 夢生 選手(サガン鳥栖)


ガンバ大阪戦で勝利して以降、3連勝を飾ったとはいえ、そのガンバ大阪戦以外では複数得点をあげられておらず、相変わらずの得点力不足にあえいでいるサガン鳥栖。

第14節終了時点の得点数は6得点とリーグワーストです。そんな中、人一倍もがき苦しんでいるのは金崎選手ではないでしょうか。鹿島アントラーズ在籍時には、チームのエースとして攻撃を支えていた彼ですが、今シーズンはここまでノーゴール。出場時間も十分に与えられているだけに、早くゴールが欲しいところでしょう。

本田圭佑選手も「ゴールはケチャップ。出る時はドバドバ出る」と表現していますが、金崎選手のポテンシャルをもってすれば、ゴールを量産する可能性も十分。最初の連勝では、豊田選手がチームに勢いを与えましたが、再びチームを勢いづかせるには、金崎選手のゴールも不可欠。彼の今シーズン初ゴールにも期待です。

 

試合会場は埼玉スタジアム2002!

日本代表戦も頻繁に開催される、日本が誇るスタジアムの1つ。浦和レッズサポーターも毎試合熱気あふれる雰囲気を作り出し、選手たちを後押ししています。

しかし、浦和レッズはここまでホーム埼玉スタジアム2002で、今シーズン7試合戦って1勝1分5敗。散々な成績でサポーターを失望させてきました。かつてはホームで圧倒的な力を誇っていたのですが、それも懐かしい話となってしまっています。

しかし、前節は王者川崎を相手に執念のドローを演じるなど、巻き返しの準備はできている様子。再び上位へ食らいついていくためには、これ以上ホームで勝ち点を落とすわけにはいきません。

やはり、ホームで強い浦和レッズを、Jリーグファンは見たいものです。

【J1第15節】③ジュビロ磐田 VS ガンバ大阪 試合の見どころ

ジュビロ磐田は前節、ヴィッセル神戸を相手に後半アディショナルタイムの同点弾で辛くも引き分けに持ち込み、何とか勝ち点1を上乗せしました。順位の近いヴィッセル神戸に勝ち点を与えなかったということは、今後のジュビロ磐田の順位を占う上で、大きな同点弾となったかもしれません。

一方のガンバ大阪はホームに鹿島アントラーズを迎え、1-1のドロー。ホームでの鹿島アントラーズ戦はめっぽう相性が悪かっただけに、勝ち点1を獲得できたことは好材料とも言えるでしょうか。大阪ダービーで勝利して以降、3戦無敗となっているが、うち2試合は引き分け。思うように勝ち点が伸びず順位が低迷しています。

勝ち点13同士で下位に沈む両者の対戦。ここで敗れると、両者ともに最下位転落の可能性もあるだけに、熱く激しいゲームになることが予想されます。今期の残留争いを左右しうる中盤戦の大一番です。

ジュビロ磐田 VS ガンバ大阪 の注目選手!

ロドリゲス 選手(ジュビロ磐田)

ルクセンブルク代表のロドリゲス選手。前節ヴィッセル神戸戦は、まさに無双とも言える活躍ぶりを見せ、チームに勝ち点1をもたらしました。現在のジュビロ磐田には、ほとんど攻撃の形がなく、前線のアダイウトン選手とロドリゲス選手の個人能力に依存しているといっても過言ではありません。結果、得点数もリーグワースト3位となっています。

守備としては、横浜Fマリノス戦こそ4失点を喫していますが、それ以外には大崩れをしておらず、課題が攻撃なのは明らか。その攻撃で輝きを見せられる数少ない選手がロドリゲス選手でしょう。

ガンバ大阪はリーグワースト3位の23失点を喫しており、付け入る隙はあるはずです。そこに、ロドリゲス選手の矢のようなスピードが襲い掛かれば、ジュビロ磐田の勝機も見えてくるでしょう。

食野 亮太郎 選手(ガンバ大阪)

J3を戦うガンバ大阪U-23で8得点の活躍を見せたことで、トップチームでの出場機会を得始めた食野選手。

初ゴールとなったサガン鳥栖戦のゴールや前節鹿島アントラーズ戦であげたゴールはいずれも素晴らしく、宇佐美選手や堂安選手に続く大物選手誕生を予感させる逸材です。現在のガンバ大阪のエースと言えば、ファン・ウィジョ選手ですが、第5節ヴィッセル神戸戦からノーゴールと沈黙中。チームとしても、そのヴィッセル神戸戦から複数得点をあげられていないだけに、食野選手にかかる期待は大きいでしょう。

試合会場はヤマハスタジアム!

ジュビロ磐田のホームスタジアム。ヤマハスタジアムでのゲームは、第12節にベガルタ仙台に勝利した1勝しか挙げられておらず、1分1敗のエコパスタジアムでのゲームも含めて、ホームで苦しい戦いが続いています。今節対戦するガンバ大阪とは、ルヴァンカップのグループリーグでも対戦しており、アウェイでは1-4と大敗を喫しましたが、ホームヤマハでは1-0で勝利を収めています。

スタンドとピッチの距離が近く、日本でも人気の高いスタジアムであり、サポーターの声援は直に選手たちに届くでしょう。2012年には、このヤマハスタジアムの地で、ジュビロ磐田がガンバ大阪を最終節で下し、J2降格に追い込むという舞台にもなりました。

今節、負けた方は降格圏入りする可能性が非常に高いです。ジュビロ磐田が、7年前と同じ悪夢をガンバ大阪に味わわせることができるか、注目しましょう。

まとめ

第15節からはいよいよ、すべての試合がナイトゲームとなります。(北海道コンサドーレ札幌のホームゲームは除く)。

紹介した3試合以外にも、注目ゲームは多数あり、特にリーグ最多失点の清水エスパルスとリーグ最多得点の横浜Fマリノスのゲームは、一体何ゴール生まれるのかというところも注目を集めています。

また、上位対決である名古屋グランパス対大分トリニータですが、ともに前節はアウェイで1-3の敗北を喫しており、生き残りをかけた激しい戦いになることが予想されます。第15節と第16節は、コパアメリカの関係により、選手のやりくりが難しくなるチームも出てくるでしょう。

さらに、よく週半ばにはルヴァンカップのプレーオフが控えているチームもあり、中断期間明けではありますが、ベンチメンバーも含めた総力戦になる可能性が高いです。激戦必至の第15節。見逃さないようにしましょう!

 

【J1第15節】試合日程

日時対戦カード試合会場
6/14  19:00川崎フロンターレ VS 北海道コンサドーレ札幌等々力陸上競技場
6/14  19:00サンフレッチェ広島 VS 湘南ベルマーレエディオンスタジアム広島
6/14  19:00鹿島アントラーズ VS セレッソ大阪県立カシマサッカースタジアム
6/15  18:00清水エスパルス VS 横浜FマリノスIAIスタジアム日本平
6/15  19:00浦和レッズ VS サガン鳥栖埼玉スタジアム2002
6/15  19:00FC東京 VS ヴィッセル神戸味の素スタジアム
6/15  19:00松本山雅FC VS ベガルタ仙台サンプロ アルウィン
6/15  19:00ジュビロ磐田 VS ガンバ大阪ヤマハスタジアム
6/15  19:00大分トリニータ VS 名古屋グランパス昭和電工ドーム大分

DAZNの無料お試しは下記バナーから

【2020年】『Jリーグ』中継が見放題なおすすめ「動画配信サービス」を比較検証!
この記事では『Jリーグ』を視聴できるおすすめの動画配信サービスを紹介します。 私...
【2020年】『海外サッカー』中継が見放題なおすすめ「動画配信サービス」を比較検証!
この記事では『海外サッカー』を視聴できるおすすめの動画配信サービスを紹介します。...
【保存版】スポーツベッティングは超おすすめの投資!その6つの理由 ブックメーカー徹底研究!
働けども働けども、なかなか給料が上がらず、日々もがいている日本の労働者たち。「も...

コメント

タイトルとURLをコピーしました