DAZNの魅力は見逃し配信【2019 J1リーグ 第17節】はまだ視聴できるか?

サッカー
記事カテゴリー

結論から申しますと…
【J1リーグ 第17節】はもうDAZNの見逃し配信期間は終了してます。

DAZNの見逃し配信期間は、基本的に、ライブ配信終了の約2時間後から30日間です。
また、DAZNでは試合の見逃し配信の他に、試合のハイライトも配信してますよ。
こちらも配信期間は基本的に30日間となっています。ただ、基本的になので、もう一度みたいあなたは早めにみてくださいね。

DAZNユーザーの評判をみてると、見逃し配信をが魅力でDAZNを契約してる方が多いですね。

DAZNは31日間の無料視聴期間もありますからね。是非ご検討下さいね。

DAZNの無料お試しは下記バナーから

それともう一つ。スポーツの見方が変わりますよ。
スポーツベッティング知ってますか?楽しいですよワクワクしますよ。

お暇な方はこちらの記事も是非是非。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【保存版】スポーツベッティングは超おすすめの投資!その6つの理由 ブックメーカー徹底研究!
働けども働けども、なかなか給料が上がらず、日々もがいている日本の労働者たち。「も...

【J1リーグ 第17節】がはじまる前のコメント

6月29日、6月30日にかけてJ1の第17節全9試合が各地で開催されます。

前節は、4位だった横浜Fマリノスが終盤のゴールで松本山雅FCを相手に勝利をあげ、試合のなかった2位川崎フロンターレと3位鹿島アントラーズをかわして2位に浮上しました。

今節は、前半戦の最終節にして、首位FC東京との天王山に臨むことになります。このほか、各会場においても注目カードは目白押しです。

コパアメリカの結果にもよりますが、主力選手が戦列に戻ってくる可能性があるチームもあり、前節とはまた違った顔ぶれがピッチに並ぶかもしれません。

この節が終わると、次節からはいよいよ後半戦が始まります。前半戦好調だったチームも、躓いてしまったチームも、良い締め方をして、そして勢いをもって後半戦に突入したいというところでしょう。

激戦必至のJ1第17節。見逃しは厳禁です!

DAZNの無料お試しは下記バナーから

【J1第17節】試合日程(注目試合)

日時対戦カード会場
6/29 18:00松本山雅FC VS ガンバ大阪サンプロ アルウィン
6/29 19:00FC東京 VS 横浜Fマリノス味の素スタジアム
6/30 18:00ヴィッセル神戸 VS 名古屋グランパスノエビアスタジアム神戸
6/30 18:30鹿島アントラーズ VS サンフレッチェ広島県立カシマサッカースタジアム
6/30 19:00ベガルタ仙台 VS 北海道コンサドーレ札幌ユアテックスタジアム仙台
6/30 19:00湘南ベルマーレ VS セレッソ大阪Shonan BMWスタジアム平塚
6/30 19:00ジュビロ磐田 VS 川崎フロンターレヤマハスタジアム
6/30 19:00大分トリニータ VS 浦和レッズ昭和電工ドーム大分
6/30 19:30サガン鳥栖 VS 清水エスパルス駅前不動産スタジアム

【J1第17節】DAZN配信予定

全試合生中継
※FC東京 VS横浜FマリノスはNHK BS1で生中継

【J1第17節】注目試合の見どころ

【J1第17節】①FC東京 VS 横浜Fマリノス 注目試合の見どころ

今節最大の注目カードと言っても過言ではないでしょう。首位FC東京が2位横浜Fマリノスをホームに迎える一戦です。

今シーズン、ここまでの戦いを見ると、この両チームに、川崎フロンターレと鹿島アントラーズを加えた4チームが優勝を争っていくのではないかと思われます。優勝争いを左右する上でも、非常に重要な一戦です。いわゆる「勝ち点6の価値がある試合」です。横浜Fマリノスが勝利した場合、両者の勝ち点は並ぶことになります。

このカードはこれまで「塩試合製造機」と言われるほど、とにかくロースコアな試合が多いことが特徴でした。2014年以降、「0-0」「1-0」「1-1」というスコアしかなかったのです。しかし、昨シーズンの同じく第17節で同じ味の素スタジアムで迎えた一戦は「5-2」というド派手なスコアとなりました。もっとも、第31節対戦時は再び「1-0」というスコアに戻ったのですが。

後半戦で優勝争いを優位に進めるためにも、お互いに是が非でも下さなければならない相手です。とにかく激しいゲームになることは間違いないでしょう。

FC東京 VS 横浜Fマリノスの注目選手

橋本 拳人選手(FC東京)


ここ最近、日本代表にも継続的に選出されるようになった橋本選手。ハードワークを武器に、中盤で相手の攻撃の芽を摘むのが特徴です。この試合、特に橋本選手がキーマンとなる可能性が高いのです。というのは、破壊力抜群の3トップを誇る横浜Fマリノスの攻撃のタクトを振るうマルコス・ジュニオール選手が出場停止から復帰することが濃厚のためです。

この攻撃の芽を摘むことができなければ、FC東京は多くのピンチにさらされてしまうことになるでしょう。逆に、そこでしっかりと橋本選手がピンチの芽を摘むことができれば、カウンターのチャンスも増えますし、相手攻撃陣にストレスを与えることもできます。リーグトップの攻撃力を誇る相手にその実力を発揮することができるでしょうか。

マルコス・ジュニオール選手(横浜Fマリノス)

第15節清水エスパルス戦で不用意な行為から2枚目のイエローカードを受け、退場となったマルコス選手。

チームは彼の退場後、終盤に立て続けのゴールを許し、大逆転負けを喫する悔しい結果となりました。前節、マルコス選手は出場停止だったのですが、その影響か、横浜Fマリノスの攻撃は手詰まり感が否めず、終盤執念でこじ開けた1ゴールのみに終わりました。このことからも、良くも悪くもチームの攻撃の核がマルコス選手であると言わざるを得ないでしょう。

休養十分で復活する今節、自身の鬱憤を晴らす圧倒的なパフォーマンスに期待しましょう。

試合会場は味の素スタジアム!

開幕からホーム全勝と圧倒的な強さを見せていたFC東京ですが、第15節のヴィッセル神戸戦では初黒星。対する横浜Fマリノスは今シーズンの敗戦はすべてアウェイで喫しています。

ここ数シーズン、味の素スタジアムで行われたこのカードは交互に勝利をしており、その流れが継続するとすれば、今シーズンは横浜Fマリノスが勝利することになります。しかし、前述のように昨シーズンは5-2というド派手なスコアでFC東京が勝利を挙げており、横浜Fマリノスにとっては非常に苦い思い出となっているでしょう。伝統的に堅い守備が売りだった横浜Fマリノスにとって、後にも先にも5失点というのは記憶の限りありません。現在は超攻撃的スタイルを貫いていますが、この5失点の悔しさは、同じ相手、同じ会場でしか晴らすことができません。

味の素スタジアムは比較的横浜市内からのアクセスも良好のため、多くのサポーターが訪れるでしょう。おまけに、首位決戦となればさらに観客数も増えるはずです。大観衆が見守る一戦に注目しましょう。

【J1第17節】①鹿島アントラーズ VS サンフレッチェ広島 注目試合の見どころ

前節はACLの都合上、試合のなかった両チームの対戦。この両者、実は6月19日と6月26日にACLの決勝トーナメント1回戦で顔を合わせており、3連戦となっているのです。同じ相手と3回連続で試合をするという機会は、あまりないことですので、お互いにやりづらさを感じるところでしょう。

ちなみに、本記事執筆時点では、6月19日に鹿島アントラーズがホームでサンフレッチェ広島を1-0で下しています。エディオンスタジアム広島で開催される第2戦の結果を受け、再びカシマスタジアムで相まみえる両者。

手の内は知り尽くした状態での対戦となるため、お互いの長所を消し合う、玄人好みのいわば「つまらないゲーム」になるかもしれません。しかし、お互いに上位戦線に食らいついていくためには勝ち点3は必須です。ACLで勝利したチームがそのまま連勝を飾るのか、それともACLで敗北を喫したチームがやり返すのか。注目の一戦です。

鹿島アントラーズ VS サンフレッチェ広島の注目選手

クォン・スンテ選手(鹿島アントラーズ)


鹿島アントラーズの絶対的守護神クォン・スンテ選手。今シーズンもここまで多くの試合でピッチに立ち、ゴールマウスを守ってきました。彼のファインセーブがなければ、もっとチームは下位に低迷しているのは間違いないと言えます。そのくらい突出したパフォーマンスを見せています。

6月19日に行われたACL決勝トーナメント1回戦でも、絶対にアウェイゴールだけは与えてはならないという緊張感の中で、サンフレッチェ広島の攻撃陣をシャットアウト。任された仕事をしっかりと忠実にこなすあたりが、彼への信頼を作っている大きな要因でしょう。

現在ホーム6連勝中の鹿島アントラーズ。その間喫した失点はわずかに1。その記録を伸ばすカギは、この守護神にあります。

森島 司選手(サンフレッチェ広島)

今年でプロ4年目を迎えた森島選手。2年目のシーズンに出場機会を確保するも、昨シーズンは出場数わずかに1試合。そして復活を期すべく迎えた今シーズンもチームが好調だった序盤戦はほとんどなく、苦しい思いを味わってきました。

しかし、チームが5連敗を喫していた中で起用された第13節のアウェイ浦和レッズ戦で先発に抜擢されると、いきなり先制点をマークする活躍。チームを連敗脱出に導きました。それ以降、先発に定着し、現在は3試合連続でスタメンフル出場中。すっかりチームの中心としての立ち位置を得ることができています。

東京オリンピック世代である中、コパアメリカにもトゥーロン国債にもどちらのメンバーにも入れなかったことは、本人としても期する思いがあるでしょう。それを発揮する場はサンフレッチェ広島というクラブしかありません。一度低迷したチームを再度復活させるために、若き司令塔森島選手の活躍は不可欠です。その活躍に期待しましょう。

試合会場はカシマスタジアム!
クォン・スンテ選手の紹介のところでも触れましたが、鹿島アントラーズは現在ホームで6連勝。しかも失点はわずかに1と圧倒的な強さを見せつけています。もはや敵なし状態と言えるでしょう。

しかし、過去にはこんなデータがあります。それは、2013年のJリーグ最終節。鹿島アントラーズとサンフレッチェ広島は優勝をかけて、カシマスタジアムで対戦をしました。当時、鹿島アントラーズはホーム最終戦で12年連続負けなしという記録を誇っていましたが、結果はサンフレッチェ広島が2-0で勝利し、カシマスタジアムで優勝の喜びを爆発させました。

つまり、サンフレッチェ広島はホームで滅法強い鹿島アントラーズの記録を破ってきた歴史があるのです。今回もその再現となるのでしょうか。

【J1第17節】①サガン鳥栖 VS 清水エスパルス 注目試合の見どころ

現在最下位のサガン鳥栖がホームに清水エスパルスを迎える一戦。2節前は立場が逆で、清水エスパルスが最下位でした。しかし、ここ2試合連続で劇的決勝弾により上位の横浜Fマリノスと名古屋グランパス相手に連勝すると、一気に11位までジャンプアップを果たしました。たった2試合で順位を7つも挙げることができたという事実が、Jリーグの混戦ぶりを物語っています。

フェルナンド・トーレス選手が現役引退を表明したことで、一気に注目度が増したサガン鳥栖。最下位と言えども、キャプテンを気持ちよく送り出すべく、チームの士気は高いでしょう。序盤は絶対降格間違いなしと言われたサガン鳥栖も、なんとか残留争いに参戦できるほどには復活を果たしました。後半戦に向けて弾みをつけるためにも、ここでの勝利は絶対に欲しいところでしょう。

サガン鳥栖 VS 清水エスパルスの注目選手

フェルナンド・トーレス選手(サガン鳥栖)


スペインのスーパースターもついに引退を宣言しました。昨シーズン、サガン鳥栖が残留し、現在もJ1で戦うことができているのは、フェルナンド・トーレス選手が第33節横浜Fマリノス戦で決勝ゴールを決めたためであるのは間違いありません。

今シーズンはキャプテンに就任するも、思うような結果を残すことができず、ここまでノーゴール。ここ数試合は出番も減らしつつあります。しかし、残り少ない現役の時間、1ゴールでも多くあげたいと誰よりも思っているでしょう。そのゴールこそ、サガン鳥栖を復活に導く原動力になります。

得点力不足にあえぐなかでも豊富なタレントが揃うサガン鳥栖のFWにおいて、出場機会を確保することも簡単ではありませんが、花道を飾るべく、ゴールして喜ぶ姿をサッカーファンに見せてほしいところです。

西澤 健太選手(清水エスパルス)


現在Jリーグで最も勢いに乗っている選手と言っても間違いないでしょう。前節の注目選手でもピックアップしましたが、今節も同様に選ばせていただきました。第15節、横浜Fマリノス戦で大逆転勝利を呼び込むプロ初ゴールを決めましたが、前節もやってくれました。終盤まで1-0とリードをしていましたが、チームは終了間際に同点ゴールを献上。エースのドウグラス選手もベンチに退いていたことで、清水エスパルスにはもう勝機がないと思われていました。

しかし、ラストワンプレー。右サイドからのグラウンダーのクロスに右足一閃。再びゴールに突き刺し、チームを2戦連続の勝利に導きました。

プロ初スタメンを飾った前節同様、今節もスタメンを飾ることが濃厚です。終了間際だけではなく、試合の開始から彼のプレーに注目しないわけにはいきません。

試合会場は駅前不動産スタジアム!
サガン鳥栖のホームスタジアム。JR鳥栖駅より徒歩5分の立地にあり、最寄り駅から最もアクセスのよいスタジアムということで、Jリーグファンの中では人気のスタジアムの1つとなっています。

ここまでサガン鳥栖はわずか4勝しかあげることができていませんが、そのうち3勝をホーム駅前不動産スタジアムで挙げています。

勝ち点が並んでいた清水エスパルスに、たった2試合で勝ち点を6も離されてしまったサガン鳥栖ですが、再び食らいつくためにはホームで勝ち点を献上するわけにはいかないでしょう。ここでサガン鳥栖が勝利を得られれば、残留争いは昨シーズン以上のカオス状態になることも予想されます。

昨シーズンその中で生き残ったサガン鳥栖としては、何とか同じような状況に持って行きたいところです。

まとめ

第17節は、土曜日と日曜日で分散開催されます。土曜日には2試合しか行われませんが、そのうち1試合は天王山となるFC東京VS横浜Fマリノスです。全Jリーグファンが注目する一戦となるでしょう。

このほかにも、注目カードは目白押しです。特に、ヴィッセル神戸と名古屋グランパスの対戦は、イニエスタ選手やビジャ選手そしてジョー選手といった世界的選手たちの共演となる可能性があり、こちらも楽しみな一戦ですね。

現在のJ1の中で最も復調の兆しが見えないと言われ、もがき苦しんでいるジュビロ磐田は、この状況でJリーグ最強の川崎フロンターレと対戦することになります。まさに正念場と言えるでしょう。

ほか、松本山雅FCとガンバ大阪の下位直接対決等、各地で熱戦が繰り広げられることになります。日曜日はほぼ全試合が同時開催のため、試合選択が難しいところですが、後悔のない決定を!

DAZNの無料お試しは下記バナーから

【2020年】『Jリーグ』中継が見放題なおすすめ「動画配信サービス」を比較検証!
この記事では『Jリーグ』を視聴できるおすすめの動画配信サービスを紹介します。 私...
【2020年】『海外サッカー』中継が見放題なおすすめ「動画配信サービス」を比較検証!
この記事では『海外サッカー』を視聴できるおすすめの動画配信サービスを紹介します。...
【保存版】スポーツベッティングは超おすすめの投資!その6つの理由 ブックメーカー徹底研究!
働けども働けども、なかなか給料が上がらず、日々もがいている日本の労働者たち。「も...

コメント

タイトルとURLをコピーしました