DAZNの魅力は見逃し配信【2019 J1リーグ 第27節】はまだ視聴できるか?

サッカー
記事カテゴリー

結論から申しますと…
【J1リーグ 第27節】はもうDAZNの見逃し配信期間は終了してます。

DAZNの見逃し配信期間は、基本的に、ライブ配信終了の約2時間後から30日間です。
また、DAZNでは試合の見逃し配信の他に、試合のハイライトも配信してますよ。
こちらも配信期間は基本的に30日間となっています。ただ、基本的になので、もう一度みたいあなたは早めにみてくださいね。

DAZNユーザーの評判をみてると、見逃し配信をが魅力でDAZNを契約してる方が多いですね。

DAZNは31日間の無料視聴期間もありますからね。是非ご検討下さいね。

DAZNの無料お試しは下記バナーから

それともう一つ。スポーツの見方が変わりますよ。
スポーツベッティング知ってますか?楽しいですよワクワクしますよ。

お暇な方はこちらの記事も是非是非。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【保存版】スポーツベッティングは超おすすめの投資!その6つの理由 ブックメーカー徹底研究!
働けども働けども、なかなか給料が上がらず、日々もがいている日本の労働者たち。「も...

【J1リーグ 第27節】がはじまる前のコメント

真夏の地獄の戦いを終えたJリーグ。

今節からいよいよデーゲームが復活します。

前節は上位直接対決、下位直接対決が各地であり、非常に熱い節となりました。

引き分けの試合が1試合もなかったことがその白熱さを表しているでしょうか。

ACL、天皇杯の関係で第27節は、第26節から1週間空けての開催です。

うなく流れに乗り、終盤戦に繋げられるチームはどこになるのでしょうか。

DAZNの無料お試しは下記バナーから

【J1第27節】試合日程(注目試合)

日時対戦カード会場
9/28 14:00セレッソ大阪 VS ガンバ大阪ヤンマースタジアム長居
9/28 14:00サガン鳥栖 VS 浦和レッズ駅前不動産スタジアム
9/28 15:00鹿島アントラーズ VS 北海道コンサドーレ札幌県立カシマサッカースタジアム
9/28 17:00川崎フロンターレ VS ヴィッセル神戸等々力陸上競技場
9/28 18:00大分トリニータ VS ジュビロ磐田大分市営陸上競技場
9/28 19:00ベガルタ仙台 VS 横浜Fマリノスユアテックスタジアム仙台
9/28 19:00サンフレッチェ広島 VS 名古屋グランパスエディオンスタジアム広島
9/29 14:00松本山雅FC VS FC東京サンプロ・アルウィン
9/29 19:00湘南ベルマーレ VS 清水エスパルスShonan BMW stadium平塚

【J1第27節】DAZN配信予定

全試合生中継
※ベガルタ仙台 VS 横浜FマリノスはNHK BS-1でも生中継

【J1第27節】注目試合の見どころ

① セレッソ大阪 VS ガンバ大阪
順位など関係ない戦い。それが大阪ダービーです。今回の対戦でも、すぐにチケットは完売。毎回マイカ盛り上がる大阪勢同士の意地と意地のぶつかり合いです。現在の順位で見ると、ACL圏争いに参加しているセレッソ大阪に対し、ガンバ大阪は残留圏ギリギリ。力量で見ればセレッソ大阪が圧倒的優位の気がしますが、その道理が通らないのが大阪ダービー。前半戦の戦いでも、序盤圧倒的に成績が悪かったガンバ大阪も、なぜかセレッソ大阪だけには強さを見せ、勝利を収めました。それは昨シーズンも同じこと。試合前の順位が全く意味をなさないのが、この大阪ダービーです。
ここまでセレッソ大阪は4連勝と絶好調、対してガンバ大阪も前節久しぶりの勝利を挙げ、ここから上昇していきたいところ。盛り上がりは必至です。

<注目選手>
柿谷 曜一朗選手(セレッソ大阪)


2014年のブラジルワールドカップにも出場した実力者・柿谷曜一朗。まさにセレッソ大阪の顔とも言うべき存在ですが、今シーズンは途中怪我の影響もあって出番に恵まれず、不遇のシーズンを過ごしています。しかし、ここ最近は復調し、コンスタントに出場。FWとして次はゴールが求められるところです。

柿谷選手は、昨年も出番を失っていた最中、ガンバ大阪への禁断の移籍が噂されたこともありました。しかし、彼が下した決断は残留。セレッソ大阪というチームへの愛を感じました。ここまで結果を見せつけられていませんが、応援してくれるサポーターのために、ゴールをプレゼントしてほしいところです。

宇佐美 貴士選手(ガンバ大阪)

柿谷選手がセレッソ大阪の顔なら、ガンバ大阪の顔は宇佐美選手でしょう。日本に復帰して、初めてのダービー。ユース時代から口酸っぱく、「セレッソだけには負けたらあかん」という指導を受けてきた宇佐美選手にとって、このダービーの持つ意味がただの1試合でないことは十分に承知しているでしょう。

Jリーグ復帰後、初戦でゴールは決めましたが、それ以降は思う活躍ができていません。しかし、ここまで溜めてきた鬱憤は、大阪ダービーで晴らすためのものだったかもしれません。ガンバ大阪サポーターも、宇佐美選手に対してやや厳しい声を投げかけているところですが、ここでヒーローになれば評価は一変。再び無双モードに入った宇佐美選手を見るためにも、この大阪ダービーできっかけをつかんでほしいところです!

<試合会場>
ヤンマースタジアム長居
セレッソ大阪のホームグラウンド。今シーズンのJリーグ開幕戦になるヴィッセル神戸戦も行われ、金曜日の開催ながら満員の観客を集めました。今節の大阪ダービーも満員必至。最大級の盛り上がりを見せることは間違いないでしょう。今シーズン、ホームで強さを見せるセレッソ大阪が、ここ数年相性の悪いガンバ大阪から勝利を挙げることができるのか、はたまた今シーズンはパッとしない成績でも、セレッソ大阪相手だけにはなぜか強さを見せるガンバ大阪が再びその力を見せつけるのか。9月28日は大阪の街が燃え上がるでしょう!

② 川崎フロンターレ VS ヴィッセル神戸
優勝に向け、これ以上勝ち点を落とすことが許されないという状況の中、前節最下位ジュビロ磐田を相手に2-0で勝利し、ひとまず復調の気配を見せた川崎フロンターレ。ここからの巻き返しに注目です。一方のヴィッセル神戸も、前節は松本山雅FCを相手に2-1で勝利。混とんを極める残留争いにおいて、価値ある1勝を手にしました。9月18日の天皇杯でも激突する両チーム。10日間空きますが、連戦というのは両チームにとって、やりづらさを感じるところでしょう。
メンバー的にはJリーグ屈指の好カードと言っても過言ではないこの試合。どのような戦いになるのか注目です。

<注目選手>
新井 章大選手(川崎フロンターレ)

川崎フロンターレの守護神と言えば、ここ3シーズンゴールを守り続けてきた韓国代表・チョンソンリョン選手。しかし、前節のジュビロ磐田戦ではチョンソンリョン選手がベンチに座り、変わって新井章大選手がゴールを守りました。というのも、9月4日、8日のルヴァンカップの名古屋グランパス戦での活躍があったからこそ。川崎フロンターレのGKは聖域化している印象がありましたが、正当な競争が働き、新井選手がポジションを奪取したというのはチームにとっても好材料でしょう。
今節の相手はリーグトップクラスの攻撃力を誇るヴィッセル神戸。難敵の前に立ちはだかり、チームを勝利に導くことができるでしょうか。

飯倉 大樹選手(ヴィッセル神戸)


新井選手が注目なら、こちらも注目は飯倉大樹選手。7月末にチームに加入すると、最終ラインの一員としてビルドアップに関与しながらチームの攻撃力UPに大きく貢献。その能力の高さを随所に見せつけています。飯倉選手は、長年在籍した横浜Fマリノスを離れる際のコメントで、「マリノスの優勝のために、川崎、東京、鹿島を倒す!」と力強く宣言しました。その中で迎える、マリノスの優勝争いのライバルとの初めての対戦です。ヴィッセル神戸サポーターはもちろんのこと、横浜Fマリノスサポーターも多く飯倉選手に声援を送ることでしょう。横浜と同じ神奈川県で、有言実行を果たすセーブを見せ、チームを勝利に導くことができるのか、注目です。

<試合会場>
等々力陸上競技場
前節はジュビロ磐田に2-0で勝利したものの、ここホーム等々力での成績は今一つ。その成績の悪さが、首位と勝ち点差8という結果につながっているのは紛れもない事実でしょう。逆転優勝を狙っていくためには、ホームゲームはもちろんアウェイゲームも含めて、もう1つも落とせない戦いが続きます。ヴィッセル神戸との対戦は、昨シーズン5-3というド派手な打ち合いになりました。一時1-3とリードされたものの、そこから大逆転した姿はチャンピオンチームにふさわしいものでした。特に、芸術的なパスワークで生まれた大島選手のゴールは、昨年の年間ベストゴールにも選出されたのは記憶に新しいところです。今回の対戦でも、昨年のようなゴールショーを見ることができるでしょうか。

③ ベガルタ仙台 VS 横浜Fマリノス
下位と上位の、ともに絶対に負けが許されない対決です。ベガルタ仙台は混迷を極める残留争いを抜け出すため、横浜Fマリノスは逆転優勝のために、勝ち点3がマストとなる対戦です。前節はともに快勝を見せ、勢いに乗って第27節に臨むことになります。第2節の対戦では、スコアこそ2-1という接戦でしたが、横浜Fマリノスがぐうの音も出ないほどにベガルタ仙台を圧倒しました。今節はどのような戦いとなるのでしょうか。

<注目選手>
エリキ選手(横浜Fマリノス)


チームの絶対的エースだったエジガル・ジュニオ選手の負傷離脱後、緊急補強によりチームに加入したエリキ選手。第24節セレッソ大阪戦でデビューし、早速アシストをマークすると、第25節名古屋グランパス戦では驚異的なオーバーヘッドによるゴールを披露。その後もハイパフォーマンスを見せ、加入したばかりとは思えないフィットぶりを見せつけています。プレーはもちろん、そのお茶目な人間性にサポーターからの人気も抜群。爆発的なスピードを武器にサイドを駆け上がり、さらにサポーターを喜ばせる活躍を見せてほしいところです。

シマオ・マテ選手(ベガルタ仙台)


今シーズンからベガルタ仙台に加入した、モザンビーク代表経験のあるシマオ・マテ選手。現在、Jリーグ最強のセンターバックではと名高い選手です。とにかく、そのフィジカルは最強そのもの。あらゆるFWの前に立ちはだかり、これまで数々のピンチからチームを救ってきました。
今節迎え撃つのは、Jリーグ最強の攻撃力を誇る横浜Fマリノス。これまで以上にシマオ・マテ選手の仕事量は増えていくことでしょう。前節鉄壁の守備を誇るサンフレッチェ広島ですら3失点を喫しただけに、横浜Fマリノスの攻撃は脅威そのもの。次々に襲い掛かる横浜Fマリノスの攻撃に、どこまでシマオ・マテ選手がその守備力を見せつけられるか、それが勝負の大きな分かれ目になることは間違いないでしょう。

<試合会場>
ユアテックスタジアム仙台
ベガルタ仙台のホームスタジアム。今シーズンは、比較的ホームで好成績を収めていることで、なんとか残留圏内に踏みとどまれているベガルタ仙台。その強さを上位の横浜Fマリノスを相手にも見せたいところです。しかし、ベガルタ仙台サポーターなら誰もが思い返すのが、昨シーズンの悪夢。ワールドカップ中断明けの初戦で、ユアテックスタジアムで横浜Fマリノスを迎えて一戦は、なんと2-8という記録的スコアに。試合終了間際にDAZNに抜かれたサポーターが逆に大笑いしていた姿が印象的でした。また、9月28日は昨シーズン、横浜Fマリノスとアウェイゲームを戦ってからちょうど1年後という日にあたります。この時のスコアも2-5。まさに嫌なデータばかりが思い浮かぶ状況です。果たして今回の対戦では、どのような展開となるのでしょうか。

まとめ

いよいよ終盤戦に突入したJリーグ。この第27節からはナイトゲームのみではなく、デーゲームも開催され、キックオフ時間にもばらつきがあるため、Jリーグサポーターは多くの試合を楽しむことができます。

注目ゲームには挙げませんでしたが、前節15位に転落し、いよいよ降格圏に片足を突っ込んでいる浦和レッズの相手はなんと16位サガン鳥栖。こちらも、見逃せない、そして非常に大きな意義のあるゲームとなります。昨シーズン以上に混迷を極める残留争い。当該クラブのサポーターは気が気でないでしょう。一日でも早くサポーターに安心を届けられるように、各クラブは頑張ってほしいところですね。

優勝争いも、混戦を極めてきました。無責任ですが、最後にどんな結末が待っているのかは全く予想できません。1つだけ言えるのは、とにかく目の前の1試合1試合が重要であるということ。この1試合、この1プレーがシーズンの全てを決めるくらいの気概を持って、選手たちにはプレーしてほしいところです!

DAZNの無料お試しは下記バナーから

【2020年】『Jリーグ』中継が見放題なおすすめ「動画配信サービス」を比較検証!
この記事では『Jリーグ』を視聴できるおすすめの動画配信サービスを紹介します。 私...
【2020年】『海外サッカー』中継が見放題なおすすめ「動画配信サービス」を比較検証!
この記事では『海外サッカー』を視聴できるおすすめの動画配信サービスを紹介します。...
【保存版】スポーツベッティングは超おすすめの投資!その6つの理由 ブックメーカー徹底研究!
働けども働けども、なかなか給料が上がらず、日々もがいている日本の労働者たち。「も...

コメント

タイトルとURLをコピーしました