【2020年】F1 70周年記念GP 見どころ、放送時間、3つの視聴方法

F1
記事カテゴリー

2020年ももう8月となりました。ということは「70周年記念GP」も近づいてきたということですね。2020年の「F1」は、初戦の『オーストラリアGP』がコロナウイルスの影響で中止となりました。F1ファンとして今後のFIAの動向に要注目です。

今回は2020年F1『70周年記念GP』のタイムスケジュール、見どころ、放送時間、視聴方法をお伝えします。今年も大興奮のレースに期待して、「F1」ライフを楽しみたいですね。

2020年「F1」全レースの日程と視聴方法は下記記事から確認できます。

\  DAZNの無料お試し期間でF1を楽しみましょう!  /

それともう一つ。スポーツベッティング知ってますか?楽しいですよワクワクしますよ。スポーツの見方が変わりますよ。

お暇な方はこちらの記事も是非是非。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

2020年 F1 70周年記念GP タイムスケジュール

さて、2020年F1グランプリ第4戦『70周年記念GP』のタイムスケジュールは以下の通りです。

70周年記念GPのタイムスケジュール
8月07日(金) 19:00〜 フリー走行1回目
       23:00〜 フリー走行2回目
8月08日(土) 19:00〜 フリー走行3回目
       22:00〜 予選
8月09日(日) 22:10〜 決勝

2020年 「F1」70周年記念GPの注目選手

それでは今年の注目選手を紹介!の前に、まずは昨年2019年の「F1」グランプリ結果から振り返りましょう。まずはドライバー別の結果です。

順位ドライバー獲得ポイント
1位ハミルトン413ポイント
2位ボッタス326ポイント
3位フェルスタッペン278ポイント
4位ルクレール264ポイント
5位ベッテル240ポイント
6位サインツ96ポイント
7位ガスリー95ポイント
8位アルボン92ポイント
9位リカルド54ポイント
10位ペレス52ポイント
11位ノリス49ポイント
12位ライコネン43ポイント
13位クビアト37ポイント
14位ヒュルケンベルグ37ポイント
15位ストロール21ポイント
16位マグヌッセン20ポイント
17位ジョビナッチ14ポイント
18位グロージャン8ポイント
19位クビサ1ポイント
20位ラッセル0ポイント

ルイス・ハミルトンが圧倒的なスピードと驚異のメンタルを備え、年間を通じて「F1」選手権を圧倒した1年でした。次に、コントラクター別のレース結果です。

順位コンストラクター獲得ポイント
1位メルセデス739ポイント
2位フェラーリ504ポイント
3位レッドブル417ポイント
4位マクラーレン145ポイント
5位ルノー91ポイント
6位トロロッソ85ポイント
7位レーシング・ポイント73ポイント
8位アルファロメオ57ポイント
9位ハース28ポイント
10位ウィリアムス1ポイント

メルセデスはコンストラクターとして5年連続の優勝を飾りました。フェラーリはシーズン序盤でこそメルセデスを脅かしたものの、中盤以降失速。シーズン後半ではレッドブルにも競り負ける展開となり、終わってみれば2018年と同じ2位でフィニッシュとなりました。

2020年 「F1」70周年記念GPの注目選手は…

さて、2020年 F1『70周年記念GP』の注目選手ですが、レーシング・ポイントのニコ・ヒュルケンベルグを挙げたいと思います。ヒュルケンベルグは2010年から2019年までレギュラー参戦していましたが、今シーズンはシートを失っていました。

しかし、レギュラードライバーのセルジオ・ペレスがコロナウイルスに感染してしまったため、前回のイギリスGPで代役としてF1復帰を果たしました。今週末の出場は未定ですが、恐らく7日間ではペレスの復帰の許可は出ないとみられ、今回も代役としての出場が濃厚です。

前回イギリスGPでは無念のエンジントラブルで決勝未出走となってしまいました。ヒュルケンベルグは、ルーキーイヤーにポールポジションを取ったり、中堅チームで強豪勢を脅かしたり、光る速さを何度も見せてきましたが、10年間でついに1度も表彰台に上ることができないまま、F1のシートを失ってしまいました。

しかし、今回代役としてレーシングポイントのシートを手に入れました。レーシングポイントは、昨年のメルセデスの車を使用しているのでは と疑われるほど、今シーズンは競争力が高いマシンです。表彰台に1度も上れないままF1を離れたヒュルケンベルグにとって、突然・そして過去最大の表彰台獲得チャンスとなるので大注目です!

シルバーストーンサーキット

コースレイアウトと概要

コース全長:5.891 km
コーナー数:18
周回数:52周
周回方向:時計回り
ラップレコード:1:27.369 ルイス・ハミルトン(2019)

サーキットの特徴

70周年記念GPの舞台となるシルバーストーンサーキットは、かつては5本の長いストレートをコーナーで結ぶレイアウトでしたが、1990年代以降は大幅に改修され、有名な「マゴッツ・ベケッツ・チャペル」と高速コーナーが3つ続くチャレンジングなセクションや、中速コーナー・低速コーナーと様々な種類のコーナーが盛り込まれたサーキットとなっています。

このため、日本の鈴鹿サーキットと並んで、マシンの総合力が試されるサーキットと言われています。

前戦も同じシルバーストーンサーキットで行われたため、基本的な勢力図は変わらないとみられます。しかし、今回大きな不確定要素があります。

それは「使用タイヤが前戦よりも1ランクずつ柔らかい」ことです。

前戦イギリスGPでは、一番固いタイヤを履いていたにも関わらず、最後の最後にメルセデスの2台・マクラーレンのサインツがパンクに見舞われる大波乱のレースとなりました。今回はそれよりも柔らかいタイヤを使わなければならないのです。

つまり、今までのシルバーストーンで常識となっていた「ハードで長めの1ストップ作戦」が、不可能となるのです。そうなったとき、各チームが果たしてどのような戦略をとってくるのか。

特に前戦で2台ともパンクをしてしまった メルセデスはコンサバな作戦を取らざるを得ないのか。このタイヤ戦略に注目が集まります!

バーレーンGPの放送時間と実況・解説陣

「DAZN」の放送時間 実況・解説

走行

日程

時間

実況・解説

【フリー走行1】

8月07日(金)

19:00~

実況:未定 解説:未定

【フリー走行2】

8月07日(金)

23:00~

実況:未定 解説:未定

【フリー走行3】

8月8日(土)

19:00~

実況:未定 解説:未定

【予選】

8月8日(土)

22:00~

実況:未定 解説:未定

【決勝】

8月9日(日)

22:10~

実況:未定 解説:未定

フジテレビNEXTの放送時間 実況・解説

走行

日程

時間

実況・解説

【フリー走行1】

8月07日(金)

18:50~20:40

実況:未定

解説:未定

【フリー走行2】

8月07日(金)

22:50~24:40

実況:未定 

解説:未定

【フリー走行3】

8月8日(土)

18:50~20:10

実況:未定 

解説:未定

【予選】

8月8日(土)

21:50~24:00

実況:未定 

解説:未定

【決勝】

8月9日(日)

21:40~25:00

実況:未定 

解説:未定

【2020】F1 70周年記念GPの視聴方法「DAZN」

興奮のレースが期待できる「F1」『70周年記念GP』ですが、視聴方法は主に2つあります。動画配信サービスの大手「DAZN」と、「F1」中継の元祖「フジテレビNEXT」です。

ここでは、それぞれの特徴を簡単に見て行きましょう。

スポーツ配信の黒船『DAZN』

「DAZN」は動画配信サービスの大手で、F1の他に国内・海外サッカーなどを含む多くのスポーツを見放題で楽しめるサービスです。誰でも30日間無料で視聴できる為、興味が湧いたらすぐに視聴を開始できるのが一番の特徴です。

「DAZN」の公式サイト ライブも見逃し配信も1ヶ月間見放題 無料お試し体験はこちら

「DAZN」の実況・解説陣は国際的な語学力が武器

「DAZN」の実況と解説を担当するのはサッシャと中島秀之です。「DAZN」の実況・解説の強みは、その語学力です。2人とも英語が堪能ですので、ドライバーとピットクルーの無線(英語でやり取りする)もリアルタイムで日本語に訳し、解説することができます。

一方、ライバルのフジテレビNEXT陣営は実況・解説陣の語学力に難があり、無線の通訳ミスがかなりの頻度で発生します。ドライバーの無線はF1生観戦の醍醐味の1つですから、無線の対応能力では「DAZN」の方がはるか上を行っていると言えるでしょう。

「DAZN」もう一つの武器は「F1 ZONE」!

DAZNのもう1つの武器は「F1 ZONE」です。
画面を以下の4分割にして楽しめます。

「F1 ZONE」4画面
・通常の放送画面
・注目ドライバーのオンボード映像
・簡易ライブタイミング
・コースGPSマップ

本来ライブタイミングやGPSマップを参照するには、年間3,200円でF1公式会員登録を行う必要があるのですが、DAZNの「F1 ZONE」ですと、簡易版ではありますが、追加料金無しでこれらを視聴することができるのです!

\  DAZNの無料お試し期間でF1を楽しもう  /

【2020】F170周年記念GPの視聴方法「フジテレビ」

長年F1中継をして来た「フジテレビ」

フジテレビはアイルトン・セナが現役の1990年代から長年F1中継をしており、F1に参戦している各チームの内部情報を入手したり、独自の情報網を武器にしています。

近年は視聴率や予算の関係から地上波でF1を放送することはなくなりましたが、CS放送の「フジテレビNEXTライブプレミアム」、動画配信サービスの「フジテレビNEXTsmart」で引き続きF1を放送しています。

「フジテレビNEXTライブプレミアム」と「フジテレビNEXTsmart」

フジテレビ系列でF1を観戦する方法は2つあります。CS放送されている「ライブプレミアム」を使う方法と、動画配信サービスの「フジテレビNEXTsmart」を使う方法です。

料金はスカパー経由でライブプレミアムを見る場合は月額1,717円、「フジテレビNEXTsmart」だけを利用する場合は1,320円です。

注意点として、ライブプレミアムをCS放送で視聴するためには専用のアンテナを自宅に設置する必要があり、設置には別途費用と時間がかかります。

また、「フジテレビNEXTsmart」はスマートフォン等の携帯端末で視聴可能な動画配信サービスですが、生放送のみの対応となります。録画機能はないため、生放送を見逃した場合、どうしようもない状況に陥ります。(「DAZN」の様な見逃し配信サービスは未対応)

\  フジテレビNEXTはスカパーの無料お試しで契約  /

フジテレビは経験豊富でマニアックな実況・解説陣が武器

フジテレビの主な実況、解説陣は以下のとおりです。

【実況】
小穴浩司、西岡孝洋、野崎昌一

【解説】
川井一仁、浜島裕英、片山右京、米家峰起、津川哲夫、森脇基恭

「F1」中継に古くから関わってきたフジテレビは、コアなファンが好むマニアックな実況・解説を武器にしています。

次のピットインはいつするべきなのか、タイヤ交換の際はどのコンパウンドを使うのか等、F1のコアなファンがレースを楽しむための深い情報を多く提供してくれます。

一方で、解説陣の高齢化が激しく、英語の通訳が下手だったり、解説がマニアック過ぎて一般のファンには理解不能だったりと、好き嫌いがはっきり分かれる放送局となります。

昔からF1が好きなファンはフジテレビを選択するべきだと思いますが、それ以外の人にとってはハードルが高いかもしれません。

おすすめは「見逃し配信」のあるDAZN!

2020年のF14戦(『70周年記念GP』)までもうすぐですが、一般的なファンは「DAZN」でレースを視聴すべきだと考えます。

理由は、
①「DAZN」の解説陣の方がオーソドックスで分かりやすい説明をしてくれる、
②「DAZN」は見逃し配信をしている、の2点です。

F1は世界各国で放送するため、放送時間が日本時間の深夜になることが多いです。このため、平日に仕事がある人は生放送で観戦する事ができず、録画をする必要があります。

「DAZN」では自分で録画予約をせずとも、後日視聴できる「見逃し配信サービス」がありますので、視聴者も安心してレースを楽しむことができます。普段のライフサイクルを崩さずにスマートにF1を楽しむには、「DAZN」がピッタリです。

\  DAZNの無料お試し期間でF1を楽しもう  /

コメント

タイトルとURLをコピーしました