【保存版】スポーツベッティングは超おすすめの投資!その6つの理由 ブックメーカー徹底研究!

スポーツ
記事カテゴリー

この記事ではスポーツの賭け試合が出来るスポーツベッティングについてまとめています。

スポーツベッティングとは、ブックメーカー(スポーツベッティングを行うためのサイト)を通じて様々な種目のスポーツの試合に賭けることです。予想が見事に的中すれば、オッズに応じて配当が支払われます。スポーツに賭けると聞くと、競馬や競輪、サッカーのtotoなどを思い浮かべる方も多いと思いますが、仕組みは同じです。100%稼げるとは言い切れませんが、賭け金など自己管理を徹底しつつ生活に影響を及ぼさない余裕資金を使ってベットを行っていくようにしましょう。

スポーツベッティングは超おすすめの投資!その6つの理由

なぜスポーツベッティングがおすすめの投資なのか、その6つの理由をまとめました。

【理由1】いつでもどこでも稼ぐチャンスがある

スポーツベッティングは何かしらの試合があればそれが対象になるので、年中いつでも試合にベットできます。つまりスマホ1台あればいつでも稼ぐチャンスがあるということです。たとえばサッカーの試合なら以下のような賭け方がありますよ。

例)サッカーの試合の場合

  • 最終スコアをピタリ当てる
  • 先制点はどちらが先か
  • 試合全体のゴール数
  • 前半15分までのゴール数
  • 次はどちらがゴールするか

これは賭け方のごく一部ですが、試合を見ながら「次はこっちのチームが得点しそうかな」という直感だけでも楽しめる手軽さが魅力です。面白いものでは「次の大統領選の当選者を当てる」といったスポーツとは関係ないものもあり、とにかく注目度が高く、A or B のように分かりやすいものであればなんでも賭けの対象になります。

【理由2】スポーツベッティングは合法!?

まず、スポーツベッティングはグレーということを念頭においてください。国内では八百長をはじめとした賭け試合は禁止されており、競馬や競輪、toto等の公営ギャンブルしか認められていません。ではなぜスポーツベッティングがグレーなのかというと、現在日本で禁止されているのは「運営母体が日本国内にある場合の賭け事」だからです。スポーツベッティングはイギリスなど海外に運営があるので日本の法律ではメスがいれられない絶妙な立ち位置なんですね。ひとつ例に挙げると、海外、たとえばラスベガスでカジノを楽しんでも日本の法律は適用されません。同じようにスポーツベッティングをやっている=即アウトというわけではないのです。しかし、国内も徐々にカジノ開発などに力をいれてきています。今後の動向には要注意です。

【理由3】小額でも大化けするチャンスがある

スポーツベッティングはオッズにより、配当が異なります。例えば、Jリーグでガンバ大阪VS浦和レッズの試合があり、そのオッズが以下のようであった場合。

ガンバ大阪勝利 2.5倍  引き分け 1.6倍  浦和レッズ勝利 1.3倍

賭けた金額を1,000円とすれば、ガンバ大阪勝利に賭ければ2,500円の配当、引き分けに賭ければ1,600円の配当、浦和レッズ勝利に賭ければ1,300円の配当を得ることができます。しかし、このような低いオッズのものばかりではありません。

たとえばこちらは、2019年8月5日に行われていた女子サッカー「南アフリカ女子代表 VS マダガスカル女子代表」の試合のベット画面です。

この時点で、南アフリカ女子が2-0とリードしている状況でのベット画面なのですが、このまま試合が終了すると予想すれば、オッズは8.75倍、47分から48分にかけての1分間にゴールが生まれると予想すれば、オッズは10.25倍にもなるのです。オッズの高いものほど可能性は低くなりますが、そのぶん大きく化ける可能性はあります。

ちなみに、私は昨年のFIFAワールドカップのドイツ対韓国の試合を、韓国勝利で賭けましたら、当たってしまいました。圧倒的にドイツのオッズが低かった(ドイツ勝利の可能性が高かった)ので、大化け狙いで韓国に入れたら的中。8倍以上の配当をゲットしました!

【理由4】必勝法がある!?

前提としてスポーツベッティングはギャンブルなので、完全に自分で管理できるものではありません。試合前に十分なデータを集める、オッズから予想する、他の有名プレイヤー(同じように賭けている人)を参考にするなど確率を高める方法はありますが、実はほぼ確実な必勝法があります。

「アービトラージ」と呼ばれる有名なもので、2社以上のブックメーカーを使う方法です。同じ試合でもブックメーカーによってオッズは異なります。そこを利用してどちらが負けても最終的にプラスになるように2社で同時に賭けをするという方法です。都合よくオッズが分かれることは稀ですし、それを見つけるのはとんでもなく大変ですがチャンスはあります。ただし、ブックメーカー側がNGを出している場合があるので間違ってもそこでやらないようにしましょう。もし誤ってやってしまうと永久BANをされたり、悪質と判断されると賠償金など大事になります。必ず調べてから挑戦してみて下さい。

ほかにも、負けたら倍額をベットしていくマーチンゲール法や勝ったら倍額をベットしていくココモ法など、ルーレットやブラックジャックにおける必勝法も応用することができます。

【理由5】試合のライブ配信を視聴できる

ベット対象の試合は動画配信サービスのように視聴できるものもあります。ベットしていなくてもアカウントに入金していればみれることもあるので、登録前にチェックしてみて下さい。ただし、ブックメーカーによって映像がない場合もあります。

動画視聴できるブックメーカー

  • Sportsbet.io (スポーツベットアイオー)
  • 1x Bet(ワンバイベット)
  • bet365
  • bwin

【理由6】老舗ブックメーカーなら信頼できる

これからスポーツベッティングをやりたい!でも本当に安全なサービスか不安という方もいらっしゃるでしょう。そんなときは老舗のブックメーカーから始めてみて下さい。ブックメーカーには健全な運営をしているかを調査する機関が存在します。一般的な企業よりも圧倒的に厳しく短いサイクルで調査されるため、長く運営している老舗であれば間違いなく信頼できます。また、ブックメーカーはライセンス制なので、いつ取得したのか調べればひとつの目安となります。

私の経験ですが、「10bet」というブックメーカーで出金時にトラブルがあったときもサポートに連絡したらすぐに解決してくれ、無事に出金できました。このようにユーザー支持の厚い老舗ブックメーカーなら安心して利用できます。

スポーツベッティング以外のお金を増やす方法

スポーツベッティング以外にも、お金を増やす方法というのは多くあります。

資産運用

お金を増やすと聞いて、真っ先に思い浮かぶのが「資産運用」ではないでしょうか。株式投資やFX、積立投資信託等、様々な金融商品があり、運用を通じて大きな資産を築いているという人も多くいますよね。しかし、資産運用はかなりの長丁場です。それこそ、最低でも10年、20年くらいは継続しなければ成果が出ないということもあります。また、リターンを得るには大きな元手も必要です。つまり、短期的にまとまったお金を稼ぐには向いていません。

スポーツベッティングなら、たとえばサッカーのバルセロナのような圧倒的に強いチームに賭け続けることでコンスタントに稼ぐことができます。まずは小額からトライしてみてはいかがでしょうか。

副業

最近は副業ブームですね。政府も公に副業推進を宣言しておりますし、「副業絶対NG」という印象のある公務員でも、例えば神戸市役所は職員の副業を容認するようになりました。しかし、副業=時間の切り売りという側面があることを忘れてはいけません。報酬の大きな案件であれば相応の時間はかかるでしょう。そこで、パッと賭けてあとは結果を待つだけのスポーツベッティングも一緒にやってみることをおすすめします。朝起きてスマホで賭けるだけ。ギャンブルなので勝ち負けはありますが、手堅いところなら徐々にお金を増やすことができます。

節約

お金を増やすには、第一に出ていくお金を減らしていくべき!という考え方があります。これは私も大賛成です。とにかく無駄な支出は減らしていくべきでしょう。しかし、日々の節約で劇的な変化を望むのは難しいとも思います。たとえば缶コーヒーをやめてタンブラーに入れて持ってくるようにしたとしましょう。しかしこれで毎日120円必ずプラスになったかというとそうもいきません。なぜなら、コーヒーを淹れる時間、洗い物をする時間という数字に見えにくい時間コストがかかっています。これらを踏まえて、それでも徐々にプラスになっているのは間違いありません。そしてさらに増やす方法の一つとしてスポーツベッティングがあることも覚えておいてください。

パチンコ・スロット

ギャンブルといえば国内では「パチンコ・スロット」がメジャーですね。趣味としてやる分にはいいと思いますが、しかし、お金を増やすには相応の時間がかかりますよね。スポーツベッティングがオッズをみて確実なベットを出来るのに対して、こちらは完全なギャンブルです。なのでお金を増やしたいならスポーツベッティングの方がおすすめです。

宝くじ

ご存知の方も多いでしょうが、宝くじはもっとも確率の低いギャンブルです。基本的にお金をドブに捨てていると思ってください。そのくらいもったいない使い方が宝くじです。「夢を買う」というなら止はしませんが、お金を増やすなら投資やスポーツベッティングなど増える見込みのあることに使いましょう。

さぁ、スポーツベッティングを実践してみよう!

実際にスポーツベッティングを行うには、まずは最低1つ以上のブックメーカー、そして決済サービスに登録する必要があります。この決済サービスを利用して入出金を行い、ブックメーカーで実際にベッティングをしていくのです。

ブックメーカーとは

ブックメーカーとは、スポーツベッティングを運営している会社のことです。イギリスやキュラソー島、ジブラルタルなどに拠点を置いているものが多いです。運営母体が海外だからこそ、日本国内でもベッティングが楽しめる訳です。

ブックメーカー本社ライセンス拠点
10betオランダ領アンティルオランダ領キュラソー
NetBetマルタ共和国マルタ共和国
William Hillイギリスジブラルタル
bet365イギリス、ストークオントレントイギリス、ジブラルタル
ピナクルスポーツオランダ領キュラソーオランダ領キュラソー、マルタ共和国
1x betオランダ領キュラソーオランダ領キュラソー

日本の会社だったら、日本の法律が適用されてベットをすることができませんからね。また海外のサイトであっても、完全日本語対応であったり、日本人サポートスタッフが充実していたりするサイトも多くあります。還元率や出金のスピード感、対応している決済サービス、その他キャンペーンなどは、各ブックメーカーによりけりですので、自分に合ったブックメーカーを選べるといいですね。

ちなみに、イギリスのブックメーカーでは、イギリスの試合のオッズが低くなりがち(イギリス勝利に多くのベットが集まるため)です。この点をうまく利用すれば、アービトラージで効率的に稼ぐこともチャンスがあります。

どんなスポーツに賭けられるのか

スポーツベッティングでは、以下のようなスポーツにベットできます。ブックメーカーによって種目やベット項目が違いますのであくまで一例として参考下さい。また、一試合中に「次のゴールはどっち?」というような何度もベットできる項目もあります。読みが正しければまとめて稼ぐチャンスですよ!

ベットできるスポーツ

  • サッカー
  • バスケットボール
  • 野球
  • テニス
  • バドミントン
  • ボクシング
  • サイクリング
  • ダーツ
  • ゴルフ
  • ハンドボール
  • アイスホッケー
  • ラグビー
  • アメリカンフットボール
  • 競馬
  • eスポーツ

スポーツベッティングで稼げるのか

スポーツベッティングの特徴は大体わかってきたけど、実際に本当に稼げるのか?という疑問があるでしょう。結論から言えば、本当に稼げます。それもかなり。もちろん、ギャンブルなので毎回100%稼げるという保証はありません。しかし、私の経験則から言えば、他のギャンブルに比べても、結果が出やすいと感じています。ただし、賭け方の工夫は必要です。

たとえば私がサッカーにベットするときは勝敗に対しての賭けはしません。90分間結果が分からないからです。ではどうするかというと、「次に得点するのはどちらのチームか」にベットします。AチームかBチームかどちらも得点しないで終了するか、3択ですが試合を見ながら展開を予想してベットできるので非常に勝率がいいんです。結果もすぐに出るので90分間じっと待つということもありません。

第3ゴールはどちらのチームか

私は長年サッカーを見てきていますので、流れ的になんとなくゴールが入りそうだなというのが分かります。ちなみに、あるチームがPKを獲得した瞬間に、そのチームのゴールにベットして、一瞬で資金を2倍に増やしたこともあります。ですから、運任せではなく、きちんと試合を観ながら戦略を立てていれば、ほぼ必ず稼ぐことができるのです。

たとえば、サッカーのオランダ代表VSブラジル代表の試合に資金1000円で参加したとします。ざっくりとですがこんな感じのベットがあったとしたら、これだけで元手の100倍に増やすことができます。もちろん、こんなにもうまく事が運ぶことは稀ではありますが。

ベット対象オッズ投資額リターン
第1ベットオランダ代表が得点5倍1,000円5,000円
第2ベット前半21分にどちらかがCKを獲得10倍5,000円50,000円
第3ベットブラジル代表が得点2倍50,000円100,000円

同じようにテニスでも「次にポイントをとるのはどちらか」という賭け方をしたことがあります。

上位の試合であれば、基本的にポイントをまったく取らずに試合が終わってしまうということはありませんので、どこかのタイミングで必ずどちらかがポイントを得ることになります。一回外しても、その次は倍額を賭けるというマーチンゲール法を採用すれば、一回でもポイントを獲得した段階でプラスのリターンとなるのです。早ければ1分後には資金が増えています。短時間で稼ぎたいときはこの方法で資金を増やすようにしています。

つまり、あなたの最も得意な良く知っているスポーツで勝負すれば、博打をしない限り大負けはないでしょう。

スポーツベッティングに対する評判・口コミ

私自身の体験談だけでは1つのサンプルに過ぎないので、信用できない!という方もいるでしょう。
そこで、ネット上でのスポーツベッティングに対する評判や口コミについて、簡単に紹介していきます。

<評判・口コミ>

(サッカー)前半終了の5分前時点でコーナーキック本数が4本だったので、「前半のコーナーキック本数4本」にその時ベットしたら、見事に的中。そのまま2倍の配当をGETしました!

試合展開に応じてベットを見極められるのがいい。最初から勝敗にベットしていると、自分が選んだ方のチームに退場者が出るなどのハプニングが起きた時に対応できなくなる。しかし、展開に応じてベットするようにすれば、その心配もない。

スタジアムで試合を観戦しながら、その雰囲気に応じてベットを行い、気づいたらチケット代を回収できていた!ライブ映像やデータだけでは予測できない部分も、現地にいればある程度雰囲気で分かるので、このベット方法が超おすすめ!

たった1000円の資金でも、比較的オッズの低い(実現可能性が高い)ベットを繰り返したら、1試合が終わった時点で5~6倍になっていた。リターンを得て、それを元手にさらに投資をしていったことで、資産運用の複利効果のようなものを実体験として、しかも非常に短い時間で味わうことができた!

とにかく色々な賭け方が可能というところが、スポーツベッティングが人気を博す理由となっているようですね。また、大きな元手を用意する必要がなく、比較的小さな資金でも短時間で大きく伸ばしていくことができます。ベットを外してしまったこともありますが、すぐに次の手を打つことができるというのも大きいですよね。

スポーツベッティングをはじめる手順

まずはブックメーカーに登録してみよう!

スポーツベッティングを始めるには、まずはブックメーカーに登録する必要があります。10bet、ウィリアムヒル、ピナクルスポーツあたりは、超優良のブックメーカーとして有名です。ブックメーカー選びは特に冒険する必要はありませんので、こういった大手のブックメーカーを選べばいいでしょう。登録自体は無料でできますし、スマホ1つで完結します。

下記でおすすめのブックメーカーを7つご紹介しておきますね!

ブックメーカー特徴
110bet(超オススメ)・日本語サポートの充実
・問い合わせに対してのスムーズなレスポンス
・サッカーに強い
・ベット額上限が高く、大きな額を賭けられる
・ボーナスが充実
・オンラインカジノも楽しめる
・換金サービスとしてVenus Pointを利用可能
2ピナクルスポーツ・業界ナンバーワンの還元率
・オッズが高い
・アービトラージ推奨
・スポーツ以外にも面白いベット対象がある(アメリカ大統領選挙等)
・オンラインカジノも楽しめる
3ウィリアムヒル・80年以上の歴史を誇る最大手のブックメーカーで抜群の安心感
・日本語サポートの充実
・比較的還元率が高い
・イギリスのオッズが低くなりがちのため、イギリスの試合でアービトラージを狙いやすい
・オンラインカジノも楽しめる
41x bet(ワンバイベット)・賭けをキャンセルできる機能があるため、身長に賭けをしたい人には最適
・試合をストリーミング配信しているので、DAZN等に登録しなくても、試合が観れてしまう
・返金保証があるため、予想が外れた時のリスクヘッジも可能
・新規登録時に12300円分のボーナスがもらえる
5NetBet・出金条件が最もゆるいと言われており、資金の流動性の面ではピカイチ
・日本語完全対応
・小資金から始められる
・オンライン宝くじという独自のベットもあり
・SNSのようなサービスがあり、他のプレイヤーと交流することも可能
・電話サポートもあり、トラブルは即時解決もできる
6W88・24時間365日、日本語サポート対応
・出金スピードの速さはピカイチ
・4つのブックメーカーのオッズを比較できるので、効率よくベットすることができる
7bwin・スイス・ウィーンの取引所に上場をしており、抜群の安心感
・オンラインカジノも楽しめる
・日本人スタッフが常駐しているため、日本語サポートを受けられる
・試合をストリーミング配信しているため、無料で試合の映像を視聴できる

決済サービスに登録しよう!

ここからはブックメーカーを利用する上で最も重要なお金の話です。実際にスポーツベッティングを楽しむには、まずはブックメーカーに入金をする必要があります。入出金をするなら銀行口座と紐づけることができれば便利なのですが、残念ながら海外のサイトということもあって、現在は対応していません。

そこで使えるのがクレジットカードです。入金はクレジットカードで行うことができるものも多いので、クレジットカードは必ず用意をしておきましょう。ただし、出金はクレジットカードで行うことはできません。そのため、勝利金の出金方法として、そのブックメーカーに対応している決済サービスに登録をしておく必要があります。ちなみにエコペイズ(ecoPayz)やSTICPAYといった決済サービスは、比較的様々なブックメーカーで利用できるので、汎用性が高くはじめての方におすすめです。ビットコイン口座に出金できるという場合もありますので、そちらの口座をお持ちの方は、改めて決済サービスに登録する必要がないこともあります。

決済サービスは「Venus Point」がイチオシ

私のイチオシは「Venus Point」という決済サービスです。これはオンラインカジノにも対応している決済サービスなのですが、入出金を行うだけでその金額の0.4%のポイントバックを受け取ることができます。何回でも受け取り可能なので、毎日1万円の入出金を繰り返したとすれば、1か月間(30日)で1200円分のポイントバックを受けられます。

しかし、すべてのブックメーカーがVenus Pointに対応しているわけではありませんので、その点は注意が必要です。今回は分かりやすく日本円で説明しましたが、Venus Pointはドル単位なので注意ですよ。

実際にベットしてみよう!

入金が完了したら、あとは好きなスポーツに好きな賭け方でベットをすればOKです。まずは、すぐに結果が出るようなものから賭けてみるといいでしょう。それこそ、テニスでどちらが次のポイントをとるかというような賭け方からがおすすめです。本当に、1分後には結果が出ますからね。

以上が、スポーツベッティングを始めるまでの手順になります。登録自体が済んでしまえば、すぐにでもベットを始めることができます。クレジットカードで入金した場合は、決済サービスに登録をしていなくても、ベットは可能です。しかし、出金に備えてあらかじめ決済サービスも登録しておくのがベターでしょう。

確定申告や税金について

スポーツベッティングは合法的に賭けられるということは既にご紹介した通りです。しかし、きちんとやるべきことをやっていないと合法でなくなってしまうこともあります。それが「確定申告」です。

確定申告とは、1年間の所得を自分で計算し、税務署に申告すること、そしてその額に応じた税額を納税するというものです。会社勤めの方は、基本的に会社が源泉徴収してくれているので、確定申告をしたことがないという方もいるでしょう。しかし、スポーツベッティングで勝利金を得た場合は、きちんと確定申告をすることが必要になります。スポーツベッティングでの勝利金は、所得の中の「一時所得」に分類されます。競馬や競輪の勝利金と同じ扱いということです。

しかし、税金の事なんて詳しくないから分からない!という方もいるでしょう。そういった方は、税理士やファイナンシャルプランナーに相談してみるのもいいかもしれません。ファイナンシャルプランナーは、相談や助言程度しかできませんが、税理士であれば、あなたの税に関するすべての業務を一任することも可能です。

まとめ

この記事では、スポーツベッティングが超オススメの投資法ということで、その理由を

【理由1】いつでもどこでも稼ぐチャンスがある
【理由2】スポーツベッティングは合法!?
【理由3】小額でも大化けするチャンスがある
【理由4】必勝法がある!?
【理由5】試合のライブ配信を視聴できる
【理由6】老舗ブックメーカーなら信頼できる

という6つご説明いたしました。

ほかにも様々なお金の増やし方がありますが、スポーツベッティングは、とにかく手軽に、いつでもどこでもお金を増やせる可能性があるというところが最大の魅力でしょう。賭け事ということで、法律的にNGではという心配もあるところでしょうが、運営母体が海外のブックメーカーを選べばその心配もありません。

また、多くのブックマーカーは登録時にボーナスを無料で付与してくれますので、いきなり資金を投じるのに不安があるという方は、そのボーナスから使ってみるのもいいかもしれません。キャンペーンをしていて、いきなり100ドル(1万円くらい)のボーナスを受け取ることができる場合もありますので、様々な楽しみ方ができると思いますよ。

気になる方は、まずは実際にブックメーカーに登録して、ベットを始めてみましょう!

コメント