「ロバート・デ・ニーロ」デビュー作とおすすめ主演映画10選を動画配信サービスで無料視聴する方法

海外俳優
記事カテゴリー

この記事では「ロバート・デ・ニーロ」のデビュー作とおすすめの主演映画を紹介します。動画配信サービスを利用して無料視聴する方法もまとめていますよ。

この記事でわかること

  • 「ロバート・デ・ニーロ」のデビュー作
  • おすすめの主演映画
  • 無料視聴する方法

洋画大好きな方へ、どの動画配信サービスで視聴するのがおすすめか、各社を比較した記事も用意しましたのでご覧ください。おすすめはU-NEXT。次点でdTV、Amazonプライムビデオです。

「ロバート・デ・ニーロ」の出演映画を無料視聴する方法

「ロバート・デ・ニーロ」の出演した映画を無料でみたい!そんなあなたにオススメの方法があります。それは、動画配信サービスの無料期間(お試し期間)を利用する方法です。動画配信サービスには契約後「はじめの○○日間は無料!」というようなお試し期間が存在します。この期間中は「配信されている作品が無料でみれる」ので、あなたの気になる作品も視聴できますよ。

無料期間の注意点

  • 無料期間中の「解約」完了が必須
  • サービスによって無料期間が異なる
  • クレジットカード決済など一部の支払方法しか対応していない
  • すべての作品が視聴できるとは限らない

「ロバート・デ・ニーロ」のデビュー作(処女作)

映画『マンハッタンの哀愁』

『ロバート・デ・ニーロ』さんは少年時代から俳優を目指して勉強に励み、有名なアクターズスタジオで本格的に演技を学んだそんな彼が初めて出演した映画が、1965年のフランス映画『マンハッタンの哀愁』です。『天井棧敷の人々』などを手がけたフランスを代表する巨匠マルセル・カルネ監督が、ジョルジュ・シムノンの小説を映画化したものです。ニューヨークを舞台に、妻に裏切られた傷心を癒すためパリから来た俳優(モーリス・ロネさん)と、外交官と離婚した女性(アニー・ジラルドさん)が、ともに孤独さを埋めるために結ばれていく姿を描いています。デ・ニーロさんは、ナイトクラブの客というチョイ役でちょっとだけ登場します。クレジットにも出ないエキストラ出演なので、見つけにくいかも知れません。

「嫉妬心や猜疑心に苦しむ中年男女の孤独感や恋愛心理をカルネらしい細やかな演出で描き出している。カルネの全盛期を知る映画ファンにはやや物足りず、さみしさが残るが、ウッディアレンの「マンハッタン」などと観くらべて、フランス人マルセルカルネが描いた、”マンハッタン”を味わってみるのも一興かと思います。」
「1965年の映画なので、当時のマンハッタンの街並みが、新鮮だった。この街のどこが好きかと話すところで、マンホールから湯気が出るところと言うシーンがとても良い。」  

「マンハッタンの哀愁」を視聴できる動画配信サービス

配信なし

次に『ロバート・デ・ニーロ』さんの出演映画から、絶対に外せない必見の10作品をご紹介します!視聴できる動画配信サービスもお教えします!

「ロバート・デ・ニーロ」おすすめ作品10選!

【第1位】タクシードライバー

タクシードライバー

タクシードライバー

デ・ニーロさんとマーティン・スコセッシ監督の名コンビの作品の中でも最も有名な作品で、デ・ニーロさんにとっても本格的に大ブレイクするきっかけになった作品です。映画はカンヌ国際映画祭でパルム・ドールを獲得、屈折した主人公を熱演したデ・ニーロさんはアカデミー・ゴールデングローブ・英国アカデミー賞の3つで主演男優賞にノミネートされました。不眠症に悩むベトナム帰還兵の青年トラビス(デ・ニーロさん)は、夜勤のタクシードライバーとして夜のニューヨークの街を走りながら、麻薬や売春が横行する社会を憎悪するようになります。美女ベッツィ(シビル・シェパードさん)と親しくなったものの初デートで大失敗した彼は、密売人から銃を手に入れ、ある計画のため自らの肉体を鍛え始めます…。

「アメリカ社会のリアリティとしての一面は私は好きでした。厨二病描写も共感できます。誰だってヒーローになりたいものです。何かを変えるためにマグナムを買うというところもぶっ飛んでて好きです。」
「音楽がずっとステキ。じわーっとした雰囲気がいい。車の中から社会を見ている時の時間の流れ方がモヤモヤした雰囲気を醸し出す。後半のアクションが急激に始まり、たまらない迫力がある。鑑賞後にモヤモヤとした感情が残るとても強い映画だった。」 

「タクシードライバー」を視聴できる動画配信サービス

【第2位】レイジング・ブル

レイジング・ブル

レイジング・ブル

デ・ニーロさんとマーティン・スコセッシ監督の名コンビが、1940~50年代に活躍した実在のボクサーでミドル級チャンピオンにもなったジェイク・ラモッタの半生を、彼の自伝に基づいて描いた実録ドラマです。デ・ニーロさんは、引退した後のラモッタを演じるため体重を27kgも増やす驚きの肉体改造を行ない、初のアカデミー主演男優賞を獲得しました。1940年代。ジェイク(デ・ニーロさん)は圧倒的な強さで勝ち続けたかと思えば、不利な判定で負け大いに屈辱を味わいます。それでも彼は、八百長試合を強いてくる組織との関係などに悩まされながらも再び栄光をつかみ取り、「ブロンクスの猛牛」と呼ばれるようになります。しかし彼は、妻や弟たちに対し次第に猜疑心や嫉妬心を募らせるようにます…。

「癇癪持ちの男をやらせたら天下一品のデニーロ、弟役のジョー・ペシも負けてはいません。デニーロアプローチとして有名になった役作りも見逃せないポイント。見てる間はグッと引き込まれます。なんだろう?この不思議な魅力。モノクロ映像が味ありました。」
「ジェイク・ラモッタってボクサーの半生は興味深く映画にする人物像として魅力が溢れている。可愛く言えばヤキモチ焼きだがそれでは済まない凄まじい程の嫉妬心に弟をボコボコにする場面は呆気に取られてしまい若干、引いてしまう。とにかくデ・ニーロの存在感が凄まじい。」 

「レイジング・ブル」を視聴できる動画配信サービス

【第3位】ゴッドファーザー PART II

ゴッドファーザー PART II

ゴッドファーザー PART II

1940年代後半のニューヨークを舞台に、イタリア系マフィアの「ファミリー」のドラマを描いた大ヒット作の続編です。デ・ニーロさんは前作の時に長男ソニー役のオーディションを受けましたが、役のイメージに合わず落選。しかし、フランシス・フォード・コッポラ監督は彼の演技を絶賛して続編に起用、まだ無名でしたがアカデミー助演男優賞を受賞しました。映画は、コルレオーネ・ファミリーのドンの跡目を継いだ三男マイケル(アル・パチーノさん)が、さらに激化する抗争の中で必死にファミリーを守ろうとする姿と、彼らの父ヴィトーが故郷のイタリア・シチリア島で過ごした少年時代と、孤児になってアメリカに移住した彼が成長した青年時代(デ・ニーロさん)が並行して描かれます。

「マイケルがどんどん孤独になっていき、身内や身近な仲間にまで疑心暗鬼になっていく。その物語からもう目が離せません。」
「これは観た後ため息必須だなぁー。前作がただでさえ深いのに、さらに深い作品になっている。奈落に突き落とされた感じ。その奈落からはどう考えても深すぎて戻ることができない。はぁぁぁぁぁ…深いね〜」 

「ゴッドファーザー PART II」を視聴できる動画配信サービス

【第4位】ディア・ハンター

ディア・ハンター

ディア・ハンター

心身が傷ついたベトナム戦争からの帰還兵たちの苦悩を、『天国の門』のマイケル・チミノ監督が描いた人間ドラマです。アカデミー賞で作品賞や監督賞など5部門で受賞し、アメリカ映画史に残る名作になりました。主人公に扮したデ・ニーロさんはアカデミー・ゴールデングローブ・英国アカデミー賞の3つで主演男優賞にノミネートされました。1960年代末、ペンシルバニア州のとある町。製鋼所で働くマイケル(デ・ニーロさん)、ニック(クリストファー・ウォーケンさん)、スティーブン(ジョン・サヴェージさん)は、他の仲間たちとともに休日になると鹿狩りを楽しんでいました。やがて三人は徴兵されてベトナムの戦場へ。偶然再会したのもつかの間、彼らは捕虜になり収容所で過酷な体験をします…。

「戦争映画であるが、私には青春映画とも見える。青春の美しさ。何度か観たがやはり名作。長いけど、どこもカットできない。」
「この映画はベトナム戦争を描いたものだが、戦闘シーンは5分も無い。しかし、前半の戦争に行く前のエピソードと後半の帰ってからのエピソードを加えることで戦争を経験した人間はどう言うものになるかということを描いている。そして、この映画の目玉であるロシアンルーレットは緊張感があり、かなりの名シーンだ。」  

「ディア・ハンター」を視聴できる動画配信サービス

【第5位】レナードの朝

レナードの朝

レナードの朝

新薬を投与された嗜眠性脳炎の患者たちについてまとめた精神科医のオリヴァー・サックスのノンフィクションをベースに、フィクションとして製作された人間ドラマです。30年にわたる昏睡から目覚めた患者を演じたデ・ニーロさんはアカデミー主演男優賞にノミネート。彼を救おうとする医師にロビン・ウィリアムズさんが扮し、名優同士の本格共演になりました。1969年。ブロンクスにある慢性神経病患者専門の病院に赴任してきた医師セイヤー(ウィリアムズさん)は、無口で風変わりですが患者に対して真剣に接し、重症の患者たちに生気を取り戻すことに成功します。彼の患者の中でも最も重症なレナード(デ・ニーロさん)は、30年間にわたって意識だけはあるものの半昏睡状態で寝たきりでした…。

「心温まる感動作と思って観たのですが、それだけでなく、思っていたよりも更に深みがありました。ロビンウィリアムズとロバートデニーロの笑顔がかわいらしくてとても素敵。デニーロの演技はやっぱり凄いですね。難しい役どころでも自然に魅せてくれます。ロビンウィリアムズはこういう役が本当に似合いますね。優しくて真面目な医師の役です。」
「ロバート・デ・ニーロの演技は圧巻の一言。生きることの尊さを改めて感じました。レナードが愛した女性は素晴らしい人でした。涙が出て仕方がない…」  

「レナードの朝」を視聴できる動画配信サービス

【第6位】グッドフェローズ

グッドフェローズ

グッドフェローズ

実在のギャングたちについてのニコラス・ピレッジさんのノンフィクションをマーティン・スコセッシ監督が映画化した作品で、犯罪映画が多いスコセッシ監督作品の中でも特に評価が高い映画です。主演に抜擢されたレイ・リオッタさんはこれで大ブレイク。犯罪グループのリーダーを演じたデ・ニーロさんは英国アカデミー賞の主演男優賞にノミネートされました。幼い頃からマフィアの世界に憧れていたヘンリー(リオッタさん)は、ブルックリンの街を牛耳るポーリー(ポール・ソルビノさん)の使い走りを皮切りに数々の犯罪に手を染めながら成長して本物のマフィアになります。やがて彼は、強奪が得意なジミー(デ・ニーロさん)やチンピラのトミー(ジョー・ペシさん)らとともに、数々の強奪事件を起こすようになります…。

「登場するマフィアの面々は、今を生き抜くために各々が必死な男たちだ。そこで芽生える、切れるか切れないのか最後まで分からぬ絆は、ある意味、スコセッシ映画に通底する暗黙のテーマなのかもしれない。」
「始まりから惹きつけるというのは、スコセッシの徹底してる事のような気がする。ヌルっと始まるんじゃなく、いきなりクライマックスじゃ!と言う気合いを感じる。デニーロのドシッとした存在感と、ジョーペシの何しでかすか分からないヤバさ、レオ・リオッタのリアルなギャング感が終始ワクワクさせてくれた。」  

「グッドフェローズ」を視聴できる動画配信サービス

【第7位】恋におちて

恋におちて

恋におちて

互いに家庭がありながら「純粋な」不倫の恋に落ちる男女の姿を描いた恋愛ドラマで、このジャンルの先駆けにして代表作の1945年のイギリス映画『逢びき』にインスパイアされたと言われています。デ・ニーロさんと共演が多いメリル・ストリープさんとの名優同士のラブストーリーで、デ・ニーロさんは妻と微妙に波長が合わない中年男を演じています。クリスマス直前のニューヨーク。建築技師のフランク(デ・ニーロさん)と、在宅でグラフィックデザインの仕事をしている主婦のモリー(ストリープさん)は、家族へのプレゼントを抱えたままぶつかり、品物が入れ替わってしまいます。数ヶ月後、グランド・セントラル駅で再会した二人は互いに惹かれ合い始め、逢瀬を重ねて次第に親密になっていきますが…。

「運命のいたずら、禁断の恋、もどかしさが切ない恋を盛り上げる。俳優が凄いのはもちろんだが脚本も撮影も秀逸、今でも心に残る名シーン、セリフの数々は一晩でも語れそうだ。」
「主演の二人とも中年の所帯持ちの雰囲気を見事に身に纏っています。特にメリル・ストリープは、まだ若く美しいながらも体のラインは崩れかけており服でそのラインを隠しています。容貌も20代の張りのあるものではなく最後のバランスを保っている、その微妙なところを上手く表現しています。本当に素晴らしい女優であると感嘆するばかりです。」  

「恋におちて」を視聴できる動画配信サービス

【第8位】キング・オブ・コメディ

キング・オブ・コメディ

キング・オブ・コメディ

デ・ニーロさんとマーティン・スコセッシ監督のコンビ作ですが、他の作品とは違ってブラック・コメディです。デ・ニーロさん演じる主人公は『タクシードライバー』のトラビスとの共通性を指摘されることが多いですが、ある意味こちらの方がアブナいと言えます。彼が憧れるコメディアンを演じるのは、往年の名コメディアンのジェリー・ルイスさんです。コメディアン志望の青年ルパート(デ・ニーロさん)は、有名コメディアンのジェリー(ルイスさん)に自分を売り込もうとして何度も接触しますが、まったく相手にされません。思い余ったルパートは、ジェリーの熱狂的ファンの女性マーシャ(サンドラ・バーンハードさん)と手を結んでジェリーを誘拐し、ジェリーのテレビ出演に自分を出演させるよう要求しますが…。

「映画史上最高のブラックコメディ。ひとつの作品を、幾つもの切り口から味わうことのできる傑作です。キャラクターが持つ、異常だけれども観る者を惹きつける不思議な魅力が全面に溢れている作品でした。」
「『ジョーカー』とは逆に憧れる方のデ・ニーロ。まだストーカーという概念は定着してなかった頃だと思うが、この話の通じないズレ方が怖い。」

「キング・オブ・コメディ」を視聴できる動画配信サービス

【第9位】ケープ・フィアー

ケープ・フィアー

ケープ・フィアー

1962年の映画『恐怖の岬』を、マーティン・スコセッシ監督がリメイクしたサスペンスです。執念深い犯罪者を怪演したデ・ニーロさんは、アカデミー・ゴールデングローブ・英国アカデミー賞の3つで主演男優賞にノミネートされました。オリジナル版のメインキャストだったグレゴリー・ペックさんやロバート・ミッチャムさんたちが、捻った配役でゲスト出演しています。少女に対する暴行罪で14年間の獄中生活を送ったマックス(デ・ニーロさん)は、自分をちゃんと弁護しなかった弁護士サム(ニック・ノルティさん)に対する復讐を決意、服役中に周到に準備を進めました。刑期を終えて出所したマックスは、サムばかりか妻のレイ(ジェシカ・ラングさん)や娘のダニエル(ジュリエット・ルイスさん)にも嫌がらせを行ないます…。

「デニーロ、こわっ!こんな気色の悪い役が出来るのも彼が役者として最高という証、としか言いようのない作品。あ~怖かった。」
「ロバート・デ・ニーロは「タクシードライバー」で開花させた「異常者と健常者の行き来」、いわば「ジキルとハイド」のような演技をこれでもかこれでもかと展開する。我々はその恐怖とインテリジェンスに怯えながら、知らず知らずその世界に引き込まれていく。」  

「ケープ・フィアー」を視聴できる動画配信サービス

【第10位】アンタッチャブル

アンタッチャブル

アンタッチャブル

かつて人気テレビドラマにもなった、禁酒法時代のアメリカ・シカゴを牛耳っていたギャングのボス、アル・カポネの一味と財務省捜査官たちのチームの戦いを描いたアクションです。ブライアン・デ・パルマ監督は、ともに無名だった時代に組んだデ・ニーロさんをカポネ役に熱望、デ・ニーロさんは前髪をかなり抜いたりして役作りして出演しました。1930年.シカゴの街を牛耳るギャングのボスであるカポネ(デ・ニーロさん)を逮捕するため、財務省から特別捜査官エリオット・ネス(ケビン・コスナーさん)が派遣されます。ネスはベテラン警官のマローン(ショーン・コネリーさん)や射撃の名手ストーン(アンディ・ガルシアさん)らとともに捜査を進めますが、カポネが差し向けた殺し屋の魔の手が迫ります…。

「非常に見やすくて飽きを感じない良い映画だった。所々で見られる凝った演出にブライアン・デ・パルマ監督の手腕を感じる。「正義」を感じさせる男のアクション映画と言ったら本作であろう。」
「4人で酒の密売現場に乗り込んだりするんだけど、BGMがインディーみたいな冒険もののワクワクするような音で見てて楽しい😊ギャング映画なのにこんなに爽やかに演出できるとは。」 

「アンタッチャブル」を視聴できる動画配信サービス

「ロバート・デ・ニーロ」最新作情報

最新の「ロバート・デ・ニーロ」出演映画情報をまとめておきます。今から楽しみですね。

「ロバート・デ・ニーロ」最新作情報

  • 『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』(2021年6月4日公開予定)
  • 『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』(未定)
  • 『Armageddon Time』(公開時期および邦題未定)
  • 『After Exile』(公開時期および邦題未定)

『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』

ギャングに借金をした2人の映画プロデューサーが年老いた映画スターを巻き込んで保険金詐欺を企てますが…というストーリーの作品で、デ・ニーロさんの他にモーガン・フリーマンさんやトミー・リー・ジョーンズさんなど豪華キャストが出演しています。

『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』

巨匠マーティン・スコセッシ監督が、それぞれ何度も組んできたデ・ニーロさんとレオナルド・ディカプリオさんを共演させて製作する犯罪映画で、デ・ニーロさんとディカプリオさんも『ボーイズ・ライフ』以来27年ぶりの共演となります。デヴィッド・グランさんの小説の映画化で、1920年代を舞台にネイティヴ・アメリカンの殺害事件を捜査するFBIを描く作品になるようです。現在、製作準備中の模様です。

『Armageddon Time』

『アド・アストラ』のジェームズ・グレイ監督が、自身の学生時代の体験をもとに自ら脚本を執筆して製作する人間ドラマで、1980年代のニューヨーク・クイーンズが舞台になるようです。デ・ニーロさんがアン・ハサウェイさんと『マイ・インターン』以来の共演を果たす他、ケイト・ブランシェットさん、オスカー・アイザックさん、ドナルド・サザーランドさんなど豪華な出演者が揃っています。現在、製作準備中の模様です。

『After Exile』

不本意ながら犯した殺人のために8年間服役していた男が、出所してから自分が抱えている問題に決着をつけようとする人間ドラマで、クロエ・グレース・モレッツさん、シェイリーン・ウッドリーさん、マイルズ・テラーさんらが共演する予定です。現在、製作準備中の模様です。

この他、エドガー・ラミレスさんとの共演によるアクション映画(タイトル・邦題および公開時期未定)が製作されるとのアナウンスがされていますが、詳細はまだ発表されていません。

まとめ

『ロバート・デ・ニーロ』さんは、スターとしての“華”はもちろん、長年培ってきた演技力も持っているので、善悪さまざまな役を変幻自在に演じています。重鎮クラスになった現在でも、そしてこれからも、映画ファンを驚かせ、楽しませてくれるでしょう。

『ロバート・デ・ニーロ』さんの作品を無料でご覧になりたい方は、動画配信サービスの無料お試し期間を是非利用して下さいね。今回紹介した10商品のほとんどが視聴できる「U-NEXTが31日間の無料お試し期間もありますしおススメかもしれませんね。

↓無料体験してみる↓

コメント