「アリシア・ヴィキャンデル」デビュー作とおすすめ主演映画10選を動画配信サービスで無料視聴する方法

海外女優
記事カテゴリー

この記事では「アリシア・ヴィキャンデル」のデビュー作とおすすめの主演映画を紹介します。動画配信サービスを利用して無料視聴する方法もまとめていますよ。

この記事でわかること

  • 「アリシア・ヴィキャンデル」のデビュー作
  • おすすめの主演映画
  • 無料視聴する方法

洋画大好きな方へ、どの動画配信サービスで視聴するのがおすすめか、各社を比較した記事も用意しましたのでご覧ください。おすすめはU-NEXT。次点でdTV、Amazonプライムビデオです。

「アリシア・ヴィキャンデル」の出演映画を無料視聴する方法

「アリシア・ヴィキャンデル」の出演した映画を無料でみたい!そんなあなたにオススメの方法があります。それは、動画配信サービスの無料期間(お試し期間)を利用する方法です。動画配信サービスには契約後「はじめの○○日間は無料!」というようなお試し期間が存在します。この期間中は「配信されている作品が無料でみれる」ので、あなたの気になる作品も視聴できますよ。

無料期間の注意点

  • 無料期間中の「解約」完了が必須
  • サービスによって無料期間が異なる
  • クレジットカード決済など一部の支払方法しか対応していない
  • すべての作品が視聴できるとは限らない

「アリシア・ヴィキャンデル」の処女作(デビュー作)

映画『ピュア 純潔』

『アリシア・ヴィキャンデル』さんは、子供の頃からバレリーナになるため特訓を続けていましたがケガで断念、女優を目指すようになりました。テレビドラマや短編映画に出演してキャリアを積んでいた彼女が初めて出演した映画が、2010年の『ピュア 純潔』です。酒やギャンブルに溺れる母親に育てられ少女時代に売春まで働いた20歳の女性が、モーツアルトの曲に接したことで音楽の世界に入り、やがて年上の指揮者に惹かれていく…というラブストーリーです。映画初出演にしていきなり主演を務めたヴィキャンデルさんの熱演は、グルドバッゲ賞主演女優賞を受賞するほど高く評価されました。

「アリシア・ヴィカンダーの演技に感服した。芝居っぽくない演技。指先の動きがとても美しい。」
「アリシア・ビカンダーのアップ映像が多く、色んな表情を見事に演じていてウットリ。」 

「ピュア 純潔」を視聴できる動画配信サービス

次に『アリシア・ヴィキャンデル』さんの出演映画から、絶対に外せない必見の10作品をご紹介します!視聴できる動画配信サービスもお教えします!

「アリシア・ヴィキャンデル」おすすめ作品10選!

【第1位】リリーのすべて

リリーのすべて

リリーのすべて

世界初の性別適合手術を受けたリリー・エルベさんを題材としたデヴィッド・エバーショフさんの小説を、トム・フーパー監督とは『レ・ミゼラブル』以来となるエディ・レッドメインさんとのコラボで映画化しました。主人公の妻を演じたヴィキャンデルさんが助演女優賞を受賞しました。レッドメインさんもアカデミー主演男優賞にノミネートされました。1926年のデンマーク。風景画家のアイナー(レッドメインさん)は、肖像画家である妻のゲルダ(さん)に頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、自身の内側に潜む女性の存在を意識するようになります。それ以来「リリー」という名の女性として過ごす時間が増えてきたアイナーは、心と身体が一致しない現実に葛藤しますが…。

「リリーの感情、思いが一心不乱に伝わるエディ・レッドメインの演技力が素晴らしい!当時の価値観、世界観が言葉以外のものから表現されているのはすごい。彼の印象が一気に”名俳優””へと変わったきっかけの作品です。」
「トム・フーパー監督描く、勇気ある性転換手術に臨んだ人物をエディ・レッドメインが演じる、切なくもある種の勇気を貰える映画。エディの役者としての力量を認識した作品でもある。」

「リリーのすべて」を視聴できる動画配信サービス

【第2位】エクス・マキナ

エクス・マキナ

エクス・マキナ

『28日後…』などの脚本を手がけてきたアレックス・ガーランドさんの映画監督デビュー作となったSFスリラー映画です。女性型AIロボットを演じたヴィキャンデルさんは、10以上の映画賞で助演女優賞の受賞やノミネートという高い評価を受けました。ちなみに「エクス・マキナ」とは「機械仕掛けの」という意味のラテン語だそうです。世界最大手の検索エンジンで知られるブルーブック社のプログラマー、ケイレブ(ドーナル・グリーソンさん)は、滅多に人前に姿を現さない社長のネイサン(オスカー・アイザックさん)の別荘に招待されます。人里離れた別荘には女性型ロボットのエヴァ(ヴィキャンデルさん)がいて、ケイレブはエヴァに搭載されるという人工知能の実験に協力することに…。

「美しい映像、音楽。とても未来には起こり得ない非現実的な話ではあるが、2045年が待ち遠しくなる作品です。」
「アリシア・ヴィギャンデル扮するロボットの姿に驚嘆。豊かな表情の裏側に潜むアンドロイドの恐ろしさを垣間見ることができました。」

「エクス・マキナ」を視聴できる動画配信サービス

【第3位】世界の涯ての鼓動

世界の涯ての鼓動

世界の涯ての鼓動

J・M・レッドガードの小説『Submergence』を、『ベルリン・天使の詩』の名匠ヴィム・ヴェンダース監督が映画化した、スリラー風味のラブストーリーです。ヴィキャンデルさんは、生命の起源を調べる生物学者に扮しています。そして、ヒロインと恋に落ちる諜報員に扮したのは、『X-MEN』シリーズのジェームズ・マカヴォイさんです。フランス・ノルマンディーの海辺にあるホテルで出会った生物学者のダニー(ヴィキャンデルさん)とMI-6の諜報員ジェームズ(マカヴォイさん)は情熱的な恋に落ちますが、互いの務めを果たすためわずか5日間で離れることに。しかし、グリーンランドの深海に潜ったダニーと南ソマリアに潜入したジェームズは、それぞれが生命の危機に陥ってしまいます…。

「巨匠ヴィム・ヴェンダースに、共に演技派のジェームズ・マカヴォイとアリシア・ヴィキャンデルとくれば、期待も高まるというもの。生と死のコントラストが全編で強調され、ノルマンディー海岸の絶景も運命的な愛を盛り上げる。」
「「空間」にこだわるヴェンダースが紡ぐラブストーリーなだけに、描き方は単純ではない。一見すると小さな映画ではあるものの、こんな特殊な物語を映像として成立させるヴェンダースにますます興味がわく一作である。」

「世界の涯ての鼓動」を視聴できる動画配信サービス

【第4位】トゥームレイダー ファースト・ミッション

トゥームレイダー ファースト・ミッション

トゥームレイダー ファースト・ミッション

コンピュータゲームをアンジェリーナ・ジョリーさん主演で映画化した人気アドベンチャー・シリーズをリブートした作品で、ヴィキャンデルさんがヒロインのララ・クロフトに扮しています。オスカー女優のヴィキャンデルさんが、役作りのため4か月間にわたる食事制限とトレーニングによって肉体改造を成し遂げたことも話題になりました。続編の製作も決定しました。ララ(ヴィキャンデルさん)は、7年前に行方不明になった資産家で冒険家の父リチャードが残した秘密の暗号を解き、彼が日本の古代の女王・卑弥呼が葬られたという絶海の孤島に向かったことを知ります。卑弥呼の呪いの力を悪用しようとする組織から秘密を守るという父の残したミッションを遂行ため、ララは冒険の旅にでますが…。

「アンジェリーナ・ジョリーの2作品もつい比較しても、アリシア・ビガンダーも無駄な脂肪もない筋肉質で見劣りしない。完璧な強さじゃなくてキックボクシングでも負けたりしているところもいい。このリブート作も長く続けてほしいです。」
「映画として、難し過ぎない脚本・演出(丁寧に説明あり)、ロンドンの都心から舞台は滝やらジャングルまである島にアクションを通し飽きさせずに移動、冒険映画として完璧に作られています。」

「トゥームレイダー ファースト・ミッション」を視聴できる動画配信サービス

【第5位】光をくれた人

光をくれた人

光をくれた人

M・L・ステッドマンさんの小説『海を照らす光』を、『ブルーバレンタイン』のデレク・シアンフランス監督が映画化したヒューマンドラマです。子供に恵まれない灯台守夫婦が、流れ着いた赤ん坊を我が子として育てようとしたことから起こるドラマが描かれます。ヴィキャンデルさんとマイケル・ファスベンダーさんが主人公の夫婦を演じています。第一次世界大戦後の、西オーストラリア沖の孤島。トム(ファスベンダーさん)と妻のイサベル(ヴィキャンデルさん)は灯台守として暮らしていましたが、アリシアは流産と死産を繰り返し、子供に恵まれません。そんなある日、瀕死の男性と女の子の赤ん坊を乗せたボートが島に漂着、男性は死亡します。二人は赤ん坊を我が子として育て始めますが…。

「この監督の作品は物語が簡略されながらも感情を揺さぶられるし、飽きずに見ていられる。」
「デレク監督の作品は個人的にハズレなしです。途中から観ているのが本当に辛くて、観たことを後悔するくらいでした。しかしながら、常にどこかに希望があり、なんとかいい方向に向かってくれと念じながら観てました。ラストのシーケンスでは号泣してしまいました。」

「光をくれた人」を視聴できる動画配信サービス

【第6位】戦場からのラブレター

戦場からのラブレター

戦場からのラブレター

第1次世界大戦に従軍看護師として参加したイギリス人女性ヴェラ・ブリテンの自叙伝を、『モーガン夫人の秘密』のジェームズ・ケント監督が映画化した人間ドラマです。ヴィキャンデルさんは、時代の波に翻弄されながらも愛を貫こうとするヒロインのヴェラを熱演しています。彼女の弟役で『キングスマン』シリーズのタロン・エガートンさんも出演しています。1914年、中流家庭で生まれたヴェラ(ヴィキャンデルさん)は、弟エドワード(エガートンさん)の友人ローランド(キット・ハリントンさん)と恋に落ちます。やがて第一次世界大戦が勃発し、ローランドやエドワードらヴェラの2人の弟は徴兵されて前線へ送られます。ヴェラも救急看護奉仕隊に志願し戦場を転々として、戦争の過酷な実態を知ります…。

「女性、特に、残された側、女性の視点での反戦映画。戦ってるのは男だけぢゃない!青春を国のために捧げて散っていった若者たち。戦争がなければ、別の人生があったであろう主人公。 切ないよね。」
「恋愛要素が多いように思われるが、原題からも分かるように、恋愛は主題ではない。何より時々流れる、こちらを見つめる兵たちの映像、そのこちらに何かを問いかけるような瞳に言葉がなくなる。とにかく涙が止まらなかった。」

「戦場からのラブレター」を視聴できる動画配信サービス

【第7位】チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛

17世紀に起こった、球根ひとつの値段が家一軒分という世界最古の経済バブル「チューリップバブル」を題材にしたデボラ・モガーさんの小説『チューリップ熱』を、『ブーリン家の姉妹』のジャスティン・チャドウィック監督が映画化した歴史恋愛映画です。ヴィキャンデルさんは、不倫と投資という2つの冒険に走る女性を演じています。17世紀のオランダ。修道院育ちのソフィア(ヴィキャンデルさん)は親子ほど年の離れた豪商のコルネリス(クリストフ・ヴァルツさん)と結婚し、裕福に暮らしていました。ある日、コルネリスは無名の画家ヤン(デイン・デハーンさん)に自分たち夫婦の肖像画を描くように依頼します。ソフィアは若く情熱的なヤンとすぐに恋に落ちますが…。

「むせ返るほどの空気感の醸成や美術セット、衣装デザインなどの細部の作り込みは実に見事だ。」
「ストーリー立てもしっかりしていたし、雰囲気も醸し出していたし、1年経った今でも細部まで覚えている作品。とても面白く鑑賞した。」

「チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛」を視聴できる動画配信サービス

【第8位】ジェイソン・ボーン シリーズ

ジェイソン・ボーン

ジェイソン・ボーン

マット・デイモンさんが、記憶を失くした最強の暗殺者に扮する人気アクション・シリーズの5作目です。デイモンさんとポール・グリーングラス監督が3作目以来9年ぶりにシリーズに復帰しました。ヴィキャンデルさんは、再び活動を始めたボーンを追跡するCIAのエージェントに扮しています。また、CIA長官役でトミー・リー・ジョーンズさんも出演しています。表舞台から姿を消して平穏に暮らしていたボーン(デイモンさん)のもとを訪れたCIAの元同僚ニッキー(ジュリア・スタイルズさん)は、ハッキングによってCIAとボーンに関する衝撃の真実を突き止めたことを知らせます。しかし、そこを刺客たちが襲い、ニッキーは死亡。再び動き始めたボーンの追跡を任されたCIA局員のヘザー(ヴィキャンデルさん)は…。

「ターゲットを常に追いかけているようなカメラワークに終始びびりながら観ました。カーアクション、ここまでする!?というほど派手で最高すぎて爆笑しました。最後の最後まで最高でした!!!」
「毎度のこと、CIAを煙に巻くボーンさんをお手並みには、目を見張る。どっちかというとゴリゴリのアクションよりそういう立ち回りが魅力になってきましたね、このシリーズ。」

「ジェイソン・ボーン」を視聴できる動画配信サービス

【第9位】コードネーム U.N.C.L.E.

コードネーム U.N.C.L.E.

コードネーム U.N.C.L.E.

1960年代に大人気を博したテレビドラマ『0011ナポレオン・ソロ』を、『シャーロック・ホームズ』のガイ・リッチー監督が映画化したスパイ・アクションです。オリジナル版と同じく60年代を舞台に、主役の二人がコンビを組むまでの前日譚と言える物語が描かれます。ヴィキャンデルさんは、主役コンビと行動をともにするドイツ人科学者の娘に扮しています。東西冷戦下の1960年代前半。核兵器による世界滅亡を企む国際犯罪組織の陰謀を阻止するためアメリカとソ連(ロシア)は手を組むことに。抜擢されたCIAのナポレオン・ソロ(ヘンリー・カヴィルさん)とKGBのイリヤ・クリヤキン(アーミー・ハマーさん)は、ドイツ人科学者の娘ギャビー(ヴィキャンデルさん)とともに行方不明の父を探し出そうとしますが…。

「観ていてとても平和な気持ちになれるスパイアクション。音楽もファッションもいい感じ。笑いも古き良き時代の匂いがして、とても緩い気持ちにしてくれる。」
「敵同士の国、しかも性格も正反対のスパイコンビ。そんな2人に最後までハラハラさせられるけど、実に名コンビ!そこにヒロインが加わって百点です!」

「コードネーム U.N.C.L.E.」を視聴できる動画配信サービス

【第10位】アンナ・カレーニナ

アンナ・カレーニナ

アンナ・カレーニナ

ロシアの文豪トルストイの長編小説を、ナイトレイさんとジョー・ライト監督の名コンビで映画化した文芸ドラマです。場面転換の際に舞台劇の中継のような作りにするなど、独特な演出が施されています。ヴィキャンデルさんはヒロイン・アンナの親友の妹で、好意を寄せていた男性をアンナに奪われるエカテリーナ(キティ)を演じています。19世紀末のロシア。政府高官カレーニン(ジュード・ロウさん)の妻アンナ(ナイトレイさん)は、社交界の華として注目を集めていましたが、歳の離れた夫との結婚生活は空しいものでした。ある日、兄に会うためにモスクワを訪れたアンナは、青年将校ヴロンスキー(アーロン・テイラー=ジョンソンさん)と出会い、「本物の恋」に落ちますが…。

「キーラ・ナイトレイが美しい。古典の有名なお話ですが映像は綺麗でした。ドーナル・グリーソン とアリシア・ヴィカンダーのコンビがよかったです。」
「演出がスゴイ。こんなドロドロした話でも、ずっと見てられたのは、この映像美があるからだろう。エキストラというのか、メインキャスト以外の周囲の動きとか、リズムとか、転換とか、すごくこだわってあって、独特な感じ。衣装もかなり良い。」

「アンナ・カレーニナ」を視聴できる動画配信サービス

今回おすすめした10本の他にも、『アリシア・ヴィキャンデル』さんの魅力をたっぷり味わえる作品がたくさんあります。これらはいろいろな動画配信サービスで見ることができるので、ぜひチェックしてみてください!

「アリシア・ヴィキャンデル」最新作情報

最新の「アリシア・ヴィキャンデル」出演映画情報をまとめておきます。リブート版『トゥームレイダー』の続編など5本の作品への出演が発表されています。今から楽しみですね。
(公式twitterは未開設です)

「アリシア・ヴィキャンデル」最新作情報

  • 『ベケット』(2021年夏公開予定、NETFLIX)
  • 『Blue Bayou』(2021年公開予定、邦題未定)
  • 『Tomb Raider 2 (announced)』(2021年公開予定、邦題未定)
  • 『The Glorias』(公開時期及び邦題未定)
  • 『The Green Knight』(公開時期及び邦題未定)

『ベケット』

陰謀に巻き込まれて生死に関わる危機に陥るカップルを主人公にしたサスペンスとのことです。撮影はすでに完了し、仕上げ作業に入っているようです。

『Blue Bayou』

Blue Bayou

詳細についてはまだ発表されていません。撮影はすでに完了し、仕上げ作業に入っているようです。

『Tomb Raider 2 (announced)』

ヴィキャンデルさんが二代目ララ・クロフトを務めることになった大ヒット・アドベンチャーの続編ですが、まだ製作が発表されただけの段階で、詳細はまだ発表されていません。

『The Glorias』

フェミニズム運動の活動家、グロリア・スタイネムさんの伝記ドラマで、ジュリアン・ムーアさんがスタイネムさんを、ヴィキャンデルさんが若い頃のスタイネムさんを演じます。日本での公開は未定のようです。

『The Green Knight』

中世の伝説として有名なガウェイン卿と緑の騎士の物語を描いたダーク・ファンタジーとのことです。日本での公開は未定のようです。

まとめ

『アリシア・ヴィキャンデル』さんは、見た目の美しさだけでなく演技力にも定評があり、大スターとしての素質に恵まれています。これからはもっと活躍の場を広げてさらにメジャーになっていくことでしょう。

『アリシア・ヴィキャンデル』さんの作品を無料でご覧になりたい方は、動画配信サービスの無料お試し期間を是非利用して下さいね。今回紹介した10商品のほとんどが視聴できる「U-NEXTが31日間の無料お試し期間もありますしおススメかもしれませんね。

↓無料体験してみる↓

コメント