「スカーレット・ヨハンソン」デビュー作とおすすめ主演映画10選を動画配信サービスで無料視聴する方法

海外女優
記事カテゴリー

この記事では「スカーレット・ヨハンソン」のデビュー作とおすすめの主演映画を紹介します。動画配信サービスを利用して無料視聴する方法もまとめていますよ。

この記事でわかること

  • 「スカーレット・ヨハンソン」のデビュー作
  • おすすめの主演映画
  • 無料視聴する方法

洋画大好きな方へ、どの動画配信サービスで視聴するのがおすすめか、各社を比較した記事も用意しましたのでご覧ください。おすすめはU-NEXT。次点でdTV、Amazonプライムビデオです。

「スカーレット・ヨハンソン」の出演映画を無料視聴する方法

「スカーレット・ヨハンソン」の出演した映画を無料でみたい!そんなあなたにオススメの方法があります。それは、動画配信サービスの無料期間(お試し期間)を利用する方法です。動画配信サービスには契約後「はじめの○○日間は無料!」というようなお試し期間が存在します。この期間中は「配信されている作品が無料でみれる」ので、あなたの気になる作品も視聴できますよ。

無料期間の注意点

  • 無料期間中の「解約」完了が必須
  • サービスによって無料期間が異なる
  • クレジットカード決済など一部の支払方法しか対応していない
  • すべての作品が視聴できるとは限らない

「スカーレット・ヨハンソン」の処女作(デビュー作)

映画『ノース 小さな旅人』

デンマーク系の父と東欧系ユダヤ人移民の母との間に生まれた『スカーレット・ヨハンソン』さんは、幼い頃から名門演劇学校に通い、オフ・ブロードウェイで舞台に立っていました。そんな彼女が10歳の時に初めて出演した映画が1994年の『ノース 小さな旅人』です。アラン・ツァイベルさんの小説を『スタンド・バイ・ミー』のロブ・ライナー監督が映画化しました。『ロード・オブ・ザ・リング』三部作のイライジャ・ウッドさんが子役時代に主演した作品で、子供のFA(フリーエージェント)制を宣言し、理想の両親を求めて世界中を旅する少年を演じています。彼が養子になろうとする家の娘の役でヨハンソンさんが出演しています。

「イライジャ・ウッドの演技力は涙を誘うもので、くるくると変わる表情は見所いっぱいです。「イライジャづくしの作品」と言っても、過言ではないでしょう。イライジャファンの私にとっては、たまらなく胸キュンの作品でした。」
「世界中を旅するノース少年の姿をコメディ・タッチで描いているのを見て、子供達や大人も一度はノース少年のようにして見たいと感じるような映画であり、家族で楽しめる作品だ!!」  

『ノース 小さな旅人』を視聴できる動画配信サービス

配信なし

次に『スカーレット・ヨハンソン』さんの出演映画から、絶対に外せない必見の10作品をご紹介します!視聴できる動画配信サービスもお教えします!

「スカーレット・ヨハンソン」おすすめ作品10選!

【第1位】真珠の耳飾りの少女

真珠の耳飾りの少女

フェルメールの名画が描かれた背景の物語を、モデルとなった少女の目を通して描いた作品で、テレビ出身のピーター・ウェーバー監督の映画監督デビュー作です。フェルメールの絵の色彩や構図を映像で見事に再現したことが話題になりました。少女を演じたヨハンソンさんはゴールデングローブ最優秀主演女優賞にノミネートされました。17世紀のオランダ。画家のフェルメール(コリン・ファース)の家で下働きとして入ったグリート(ヨハンソンさん)は、陰影、色彩、構図に隠れた天分を持っていて、彼女の助言でフェルメールは創作の行き詰まりを打開します。彼女の才能を見出したフェルメールはグリートに遠近法や絵の具の調合を教え、彼女をモデルとした製作を決意しますが…。

「ここまで人の心をミステリアスに暴く映画に仕上げたピーター・ウェーバー監督の腕前がもう只者でない。これが初監督作品だというからなお驚きだ。絵画のように完璧に構築された構図といい、スカーレット・ヨハンソンの抑制の効いた、ニュアンスで表現する演技の演出といい、破格の力量をあますところなく表したデビュー作である。」
「絵画を主題にした映画の中では最高峰と言える作品だと思います。」  

『真珠の耳飾りの少女』を視聴できる動画配信サービス

【第2位】ロスト・イン・トランスレーション

ロスト・イン・トランスレーション

日本を舞台に、来日中のハリウッド俳優と夫に構ってもらえない若妻の交流を軸に、言葉と気持ちが「分かり合えない」ことについて描いた人間ドラマです。若い頃に日本に滞在したことがあるというソフィア・コッポラ監督が、自身の体験をもとにして書いた脚本の映画化」で、ヒロインを熱演したヨハンソンさんは英国アカデミー主演女優賞を受賞しました。 25年の結婚生活に疲れていた初老のハリウッド俳優ボブ(ビル・マーレイさん)はテレビCMに出演するため、シャーロット(ヨハンソンさん)はセレブ写真家の夫ジョン(ジョバンニ・リビシさん)の仕事に同伴して、それぞれ来日していました。同じホテルに泊まっていた2人はバーで偶然出会い。言葉が通じない異国で次第に心を通わせますが…。

「スカーレットヨハンソンの美しさと、彷徨いながら我が道を探そうとする姿が映画では一番印象に残った。」
「自分たちが外国の街に行った時に感じる、何となく薄皮一枚挟まって見える感じの街並み。渋谷のネオンって、外国人にはこんな風に映るんだろうなあと素直に思えます。」 

『ロスト・イン・トランスレーション』を視聴できる動画配信サービス

【第3位】アベンジャーズ シリーズ

アベンジャーズ

アイアンマンやキャプテン・アメリカらマーベル・コミックのヒーローたちが集結して巨大な敵に立ち向かう、MCUの中心になった大ヒットシリーズです。タイトルに「アベンジャーズ」と付くシリーズだけで4作品ありますが、メンバーの単独登場作品のシリーズにも密接に関係していて、全体を見るとかなり壮大な世界になっています。ヨハンソンさん扮するブラック・ウィドウは『アイアンマン2』で初登場。スケジュールの都合で降板したエミリー・ブラントさんの代わりにキャスティングされたそうです。その後の『アベンジャーズ』シリーズ全作をはじめ『キャプテン・アメリカ』シリーズにも登場、時にはアベンジャーズのサブリーダー的な役割を務めたり、時折人間的な素顔を覗かせることもあります。

「ヒーロー大集合・チーム内での決闘・それぞれの長所を生かした最終戦など盛り上がるシーン満載!」
「メインディッシュ級の英雄が次々に活躍し、持ち味活かした連携技で極上のマリアージュ、ヒーロー側がほぼ全員登場する総力戦のハイライトはもはや絢爛たる大宴会。正義の味方の満漢全席といった趣だ。」 

『アベンジャーズ』シリーズを視聴できる動画配信サービス

【第4位】マッチポイント

マッチポイント

ウディ・アレン監督が“ホームグラウンド”のニューヨークを離れ、全編イギリス・ロンドンで撮影されたラブ・サスペンスです。ロンドンの上流社会を舞台に、野心家の青年の成功と転落を辛辣に描いています。ヨハンソンさんは、良家の息子の婚約者で女優志望の女性を演じ、ゴールデングローブ助演女優賞にノミネートされました。プロテニス選手のクリス(ジョナサン・リース=マイヤーズさん)は、自分の能力に限界を感じていました。ロンドンのテニスクラブで教えるようになった彼は、上流階級出のトム(マシュー・グッドさん)と親しくなり、彼の妹クロエ(エミリー・モーティマーさん)と付き合うようになります。しかし一方で、彼はトムのフィアンセのノラ(ヨハンソンさん)にも惹かれていき…。

「ストーリーも演出も演技も完璧。一切の無駄のない展開。ある意味「映画の完成形」と言える作品だと思う。」
「官能的であるように見せつつ、変態で独善的で身勝手な男の映画だ。まさに、ウッディアレン作品。スカヨハの前だと、男はただの下僕よね?w」

『マッチポイント』を視聴できる動画配信サービス

【第5位】プレステージ

プレステージ

クリストファー・プリーストさんの小説『奇術師』を、『ダークナイト』三部作や『ダンケルク』のクリストファー・ノーラン監督が映画化したサスペンス映画です。ヒュー・ジャックマンさんとクリスチャン・ベールさんが、過去の因縁によって競い合う2人のマジシャンに扮しています。ヨハンソンさんは、ジャックマンさんの助手を務める元女優を演じています。19世紀末のロンドン。アンジャー(ジャックマンさん)とボーデン(ベールさん)は、同じ奇術師の下で互いに修行していました。ある日、助手も務めていたアンジャーの妻が、ボーデンが結んだロープが原因で水中脱出マジックに失敗し溺死してしまいます。アンジャーとボーデンは決裂し、互いの手品の邪魔をしながら激しく競い合うようになります…。

「時間軸もストーリーも難解なので、しっかり観ていないとついていけなくなります。しかしストーリーが把握できれば、目が離せなくなる映画です。マジックを題材としたサスペンス映画ですが、SFの要素もあり。」
「ラストの種明かし、またノーランにやられた、という気分でスッキリしました。この映画自体がマジックでした。」

『プレステージ』を視聴できる動画配信サービス

【第6位】LUCY/ルーシー

LUCY/ルーシー

ヨハンソンさんがリュック・ベッソン監督と初タッグを組んだサイキックアクションです。ストーリーに『GHOST IN THE SHELL /攻殻機動隊』を思わせる部分があると指摘されたベッソン監督は「好きな作品なので無意識に影響を受けたかも」と語っています。ヨハンソンさんは、新種の麻薬により脳が極限まで活性化した女性という難しい役を演じています。ごく普通の生活を送っていた女性ルーシー(ヨハンソンさん)は、台北のホテルでマフィアの闇取引に巻き込まれ、ある物質を体内に埋め込まれます。ところが、その物質が彼女の体の中で漏れ出し、その影響で、普通の人間なら全体の10%しか機能していないと言われる脳の機能が徐々に覚醒、超人的な力が解放されていきます…。

「これは概念、感覚、常識、科学、意識を超えていく物語。リュックベッソンは分からないものを分からないものとして最大限分かりやすく表現することには成功したように思う。」
「スカーレットヨハンソンの演技がいい!覚醒後の人や世の中を見る目の演技がぞわっとしました☆冷静に不思議なものを見るような目!」  

『LUCY/ルーシー』を視聴できる動画配信サービス

【第7位】ブーリン家の姉妹

ブーリン家の姉妹

後に英国黄金時代を築くエリザベス1世の母となるアン・ブーリンとその妹メアリーの、王の寵愛をめぐる確執を描く歴史劇です。ヨハンソンさんはナタリー・ポートマンさんの妹役で、人気女優同士の豪華共演が実現しました。ベネディクト・カンバーバッチさん、エディ・レッドメインさん、アンドリュー・ガーフィールドさんと、後でブレイクする俳優たちにも注目。16世紀のイングランド。新興貴族のブーリン家は、世継ぎに恵まれない国王ヘンリー8世(エリック・バナさん)に長女アン(ポートマンさん)を差し出します。彼女が世継ぎの男児を産めば、一族は富と名声が得られるというわけです。ところが、王が目をかけたのはアンの妹メアリー(ヨハンソンさん)でした。このことから、姉妹の確執が始まってしまいます…。

「風景、衣装、ナタリーとスカーレットの美しい演技に満足。史実とはかなり違うが、衣装はかなり忠実に作られているらしく、費用もかなりかけているとのこと。」
「歴史物として、そしてドロドロしたストーリーでなかなか見応えのあった作品でした。」 

『ブーリン家の姉妹』を視聴できる動画配信サービス

【第8位】ブラック・ダリア

ブラック・ダリア

1947年にロサンゼルスで実際に起きた猟奇殺人事件を題材にしたジェイムズ・エルロイの小説を、サスペンス映画の巨匠ブライアン・デ・パルマ監督が映画化しました。ジョシュ・ハートネットさんとアーロン・エッカートさんが事件を追う刑事コンビを演じ、ヨハンソンさんはエッカートさんの恋人で暗い過去を持つ序教師を演じています。ロサンゼルス市警の刑事バッキー(ハートネットさん)とリー(エッカートさん)はともに元ボクサー同士で相棒。ある日、エリザベス(ミア・カーシュナーさん)という女優志望の少女が、拷問を受けた末に全身をズタズタに切り刻まれて殺されるという猟奇的な事件が発生します。「ブラック・ダリア」と呼ばれたこの事件の捜査に2人も駆り出されますが…。

「ブライアン・デ・パルマの芸術的カメラワークや手法によって、アートのようなシーンの数々が印象を残す作品。伏線の張り方も実に巧妙で、中でもクラシック映画好きであれば、数々の映画の引用の仕方に思わず息をのむだろう。」
「ケイを演じるスカーレット・ヨハンソンの存在はこの映画で欠かすことができない。スカーレットのもつクラシカルな雰囲気は今作の1940年代という時代背景や世界観にしっかりと溶け込んでいて、どのシーンも印象深い。」  

『ブラック・ダリア』を視聴できる動画配信サービス

【第9位】それでも恋するバルセロナ

それでも恋するバルセロナ

『マッチポイント』ですっかり気に入られたウディ・アレン監督と再び組んだ作品で、今回はスペインで撮影されたロマンス・コメディです。ハビエル・バルデムさん扮する画家と元妻、ヨハンソンさんらが演じるアメリカ人の親友同士の女性2人の四角関係が描かれます。元妻を演じたペネロペ・クルスさんがアカデミー助演女優賞を受賞しました。婚約者もいる真面目なビッキー(レベッカ・ホールさん)と、情熱的で自由奔放なクリスティーナ(ヨハンソンさん)。親友同士の2人は、夏のバカンスを過ごすためアメリカからバルセロナを訪れます。そこで2人は魅力的な画家フアン・アントニオ(バルデムさん)に出会い、それぞれ彼に惹かれていきます。しかし、そこへ画家の元妻(クルスさん)が現れ…。

「ひと夏の恋にしては濃厚すぎる(笑)。出てくる女性たちが美女過ぎる。おしゃれすぎる。それだけで見る価値ありウットリ♡スペインに行きたくなるね!」
「話のテンポは良くサクサク観れます。スカヨハとペネロペを愛でる作品でした。」

『それでも恋するバルセロナ』を視聴できる動画配信サービス

【第10位】ゴーストワールド』

ゴーストワールド

現代のオルタナ・コミックの代表的作品と言われているダニエル・クロウズさんのコミックを、アンダーグラウンド・コミック作家ロバート・クラムさんのドキュメンタリー映画『クラム』で脚光を浴びたテリー・ツワイゴフ監督が実写映画化した、ユニークな青春映画です。ヨハンソンさんは主役の女子コンビの一人で、皮肉屋の美少女を演じています。ロサンゼルス郊外の退屈な町に住む幼馴染みのイーニド(ソーラ・バーチ)とレベッカ(ヨハンソンさん)は、はみ出し者同士。2人は高校を卒業しても進学も就職もせず、町でぶらぶらと時間をつぶしていました。そんなある日、2人はいたずらで出会い系広告に応募し、その広告主である中年オタクをからかおうとしますが、事態は意外な方向へ…。

「こういう学生生活に憧れを抱かせる一方で、抜かりなく地に足の着いた描写もあるため、浮ついた青春群像に終わっていないところがとても良かった。彼女たちに何度でも会いたくなる。そんな秀作。」
「青春映画として最高〜〜なんか共感でからはところがあり、リアル。10代の内に観ると良いと思います。」  

『ゴーストワールド』を視聴できる動画配信サービス

配信なし

今回おすすめした10本の他にも、『スカーレット・ヨハンソン』さんの魅力をたっぷり味わえる作品がたくさんあります。これらはいろいろな動画配信サービスで見ることができるので、ぜひチェックしてみてください!

「スカーレット・ヨハンソン」最新作情報

最新の「スカーレット・ヨハンソン」出演映画情報をまとめておきます。今から楽しみですね。

「スカーレット・ヨハンソン」最新作情報

  • 『ブラック・ウィドウ』(2021年7月公開予定)
  • 『Bride』(公開時期および邦題未定)

『ブラック・ウィドウ』

『アベンジャーズ』シリーズなどのマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の作品に登場する「ブラック・ウィドウ」ことナターシャ・ロマノフが初めて単独で主役を務める作品で、もちろんヨハンソンさんが引き続きブラック・ウィドウに扮します。物語の時代設定は『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』と『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』の間、ブラック・ウィドウがアベンジャーズから離れていた時期が中心になります。孤高の暗殺者だった彼女がアベンジャーズに加わったいきさつに触れながら、彼女が「妹」と呼び同等の戦闘能力を持つエレーナらとともに、自身の過去を断ち切るために戦う姿を描きます。

『ブラック・ウィドウ』(『アベンジャーズ』)の公式twitter

この他、大ヒットアニメの続篇『Sing 2』(公開時期および邦題未定)へ引き続き声の出演をする予定であることがアナウンスされていますが、詳細はまだ発表されていません。

『Bride』

アカデミー賞外国語映画賞を受賞した「ナチュラルウーマン」などを手掛けた、チリ人監督セバスティアン・レリオが監督を務めます。女性を主体に描いた作品で、スカーレット・ヨハンソンは主演のほかにもプロデュースも手掛けるそうです。その他の出演者や製作時期については不明です。

まとめ

『スカーレット・ヨハンソン』さんは、恋愛もの、コメディ、アクション…と、実に幅広いジャンルの作品で活躍しています。今後もメジャー大作からアート系の小品までしっかりカバーして、映画ファンの期待に応える活躍ぶりを披露してくれそうですね。

『スカーレット・ヨハンソン』さんの作品を無料でご覧になりたい方は、動画配信サービスの無料お試し期間を是非利用して下さいね。今回紹介した10商品のほとんどが視聴できる「U-NEXTが31日間の無料お試し期間もありますしおススメかもしれませんね。

↓無料体験してみる↓

コメント