HuluとdTVの違いを11項目比較!どっちがお得?

気になる2社を比較
記事カテゴリー

今回比較するのはHuluとdTVの2つです。どちらにしようか迷っていたあなた!お待たせしました。この記事を読んで気に入ったサービスを試してみてはいかがでしょう。

こんなお悩み、解決します!

  • 配信作品の充実度はどうなの?
  • コスト面ではどちらがお得?

比較項目は月額料金」「配信数」「画質」「対応端末」「得意ジャンル」 「同時視聴」「新作の数」「得意なドラマ」「音楽ライブ配信」「バラエティ番組」「実際に配信されている作品の11項目です。

「Hulu」の公式サイト 会員特典の確認と2週間 無料お試し体験はこちら
「dTV」の公式サイト 12万作品が31日間 無料見放題 お試し体験はこちら
↓無料お試し期間を利用する↓

『Hulu』と『dTV』の比較早見一覧表

比較項目

月額料金の比較 月額933円(税抜) 月額500円(税抜)
動画配信数の比較 約7万本 約12万7000本
画質の良さ HD SD、HD、4K(ウルトラHD)、VR対応動画もあり(スマホのみ視聴可)
使える端末の種類の多さ パソコン、スマホ、テレビ、ゲーム機など パソコン、スマホ、テレビ ※ゲーム機は不可
得意ジャンル 海外ドラマ、日本テレビ系ドラマ、オリジナル作品もあり 広く・オリジナル作品もあり
家族で同時視聴するなら アカウント共有可能、同時視聴はできない 端末を5台まで登録可能、同時視聴はできない
新作映画の数 全動画が見放題対象のため新作配信は少ない 新作の配信は少ない
得意なドラマの特徴 海外ドラマ、日本テレビ系ドラマ、オリジナル作品 海外ドラマ、国内ドラマなど幅広く
音楽ライブ配信を観るなら 音楽配信は少ない 国内アーティスト、海外アーティストの音楽動画あり
バラエティ番組比較 日本テレビ系バラエティ番組、オリジナル作品 国内のお笑い・バラエティ番組を多数配信

『Hulu』と『dTV』の月額料金比較

HuluとdTVの月額料金を比較すると、それぞれの月額料金は以下のようになっています。

比較項目
月額料金の比較 月額933円(税抜) 月額500円(税抜)

dTVは月額料金がとても安く、Huluの約半額の料金で楽しめるということになります。
ただし、Huluは全作品見放題であるのに対し、dTVは有料コンテンツも多いため、見たい作品によってはHuluの方が結果的に安く抑えられる可能性もあります。 

『Hulu』と『dTV』の動画配信数比較

動画配信数は以下のようになります。

比較項目
動画配信数の比較 約7万本 約12万7000本

配信動画数で見るとdTVの方が約12万7000本と圧倒的に多いですが、カラオケ動画なども多く含まれている点に注意が必要です。他にも色々なジャンルを幅広く揃えていますが、中でも音楽系やアニメなどの子供向け番組が充実している点が利用者に好評のようです。Huluは5万本とdTVと比べると少なく見えますが、動画配信サービス全体の中で比較すると多いといえます。特に海外ドラマの豊富さでは圧倒的な強さを誇ります。 

『Hulu』と『dTV』の画質の良さ比較

比較項目
画質の良さ HD SD、HD、4K(ウルトラHD)
VR対応動画もあり(スマホのみ視聴可)

画質はいずれもHD画質がメインのため、高画質で楽しみたい人にはおすすめできます。また、dTVはSD及びHDが主流ですが、少数ながら一部4K対応動画があります。さらにdTVで特筆すべきなのは、VR(ヴァーチャルリアリティ)に対応した作品があるということ。VR作品は、スマホアプリ「dTV VR」でのみ視聴でき、スマホを上下左右に動かすと360度のパノラマ映像を観ることができます。ただし、4K動画を再生するには4K対応テレビが必要になりますので注意してください。

『Hulu』と『dTV』使える端末の種類の多さ

比較項目
使える端末の種類の多さ パソコン、スマホ、テレビ、ゲーム機など パソコン、スマホ、テレビ ※ゲーム機は不可

HuluとdTVはどちらも対応端末がとても多いです。動画配信サービスはパソコンやスマホで視聴する人が多いですが、テレビで視聴することもできます。dTVもHuluも日本の動画配信サービスの中でトップクラスのシェアがありますので、テレビメーカーもこの2つの動画サービスは積極的に見られるようにしており、スマートテレビというネット接続できるテレビならHuluにもdTVにも両方対応しているモデルが多いです。

また、GoogleのChromecastや、AmazonのFire TVにも対応しています。ただし、Huluはプレイステーションでも視聴できるのに対して、dTVはゲーム機には対応していない点に注意してください。

動画配信サービス 端末、動画配信サービス デバイス

『Hulu』と『dTV』の得意ジャンル比較

比較項目
得意ジャンル 海外ドラマ、日本テレビ系ドラマ、オリジナル作品もあり 映画、ドラマ、アニメ、バラエティを幅広く・オリジナル作品もあり

Huluの得意ジャンルは何と言っても海外ドラマ。もともとアメリカ生まれのサービスですので海外ドラマがとても充実しています。「ロック・アップ/スペイン 女子刑務所」や「ウォーキング・デッド」といった人気シリーズをいち早く見られるのが嬉しいですね。また、日本のHuluの運営会社は日本テレビなので、日本テレビ系のドラマやバラエティをたくさん配信しており、現在放送中のドラマの見逃し配信も充実しています。さらに、「ミス・シャーロック」や「雨が降ると君は優しい」といったオリジナルドラマ作品も精力的に制作しています。

対するdTVも、前身であるBeeTV時代からオリジナル作品に力を注いでいます。クオリティが高いうえ、作品数も豊富です。「銀魂-ミツバ編」や、「テラフォーマーズ/新たなる希望」、「ゴッドタン dTVオリジナル」など、人気映画や番組をオリジナル化したものが人気のようですね。また、配信数の多さゆえ、オリジナル作品以外にも色々なジャンルの作品をまんべんなく配信しており、特にアニメや戦隊ものといった子供向けのコンテンツが豊富な点が好評です。 

『Hulu』と『dTV』の家族で同時視聴するなら

比較項目
家で同時視聴するなら アカウント共有可能、同時視聴はできない 端末を5台まで登録可能、同時視聴はできない

Huluは、1つのアカウントにつき最大6つ(オーナーを含む)のプロフィールを作成することができます。お気に入りリストや視聴履歴もそれぞれのプロフィールで個別に管理できるのが便利です。子供が視聴できる動画を制限できるペアレンタルコントロールやキッズプロフィールの作成ができる点が嬉しいですね。また、Huluは1つのアカウントを複数の端末で共有することができ、台数の制限も特にありませんが、同時視聴はできないので注意してください。

dTVは、複数のプロフィール作成には対応していませんが、視聴する端末を最大5つまで登録することができます。また、設定した生年月日に応じて、R指定されている作品は視聴できないよう制限することが可能です。ただしHuluと同様に、こちらも複数端末での同時視聴はできません。家族での同時視聴については、HuluもdTVもサポートしていませんので、家族で同じ時間に視聴するにはダウンロード再生を活用する必要があります。dTVについては月額料金が安いのが特徴なので、家族がそれぞれ登録してみても良いかもしれません。 

『Hulu』と『dTV』の新作映画の数を比較

比較項目
新作映画の数 全動画が見放題対象のため新作配信は少ない 新作の配信は少ない

新作映画の数は、残念ながらどちらもあまり多くありません。Huluではすべて見放題作品のみで個別レンタルはありませんので、どうしても新作の数は少なくなります。dTVの方も、旧作・名作は充実しているものの、昨年から今年にかけて公開された映画はほとんど見つけられませんでした。 

HuluとdTVの得意なドラマ特徴比較

比較項目
得意なドラマの特徴 海外ドラマ、日本テレビ系ドラマ、オリジナル作品 海外ドラマ、国内ドラマなど幅広く

上述したように、海外ドラマをたくさん視聴したいならHuluがおすすめです。また、日本テレビ系のドラマも非常に充実しており、現在放送中のドラマの見逃し配信も多数扱っています。さらに、ここでしか見られないHuluオリジナル作品も多数制作しています。dTVはオリジナルドラマ作品を多数配信しているのに加え、国内ドラマ・海外ドラマ・韓流ドラマも幅広く配信しています。また、現在放送中のテレビドラマの見逃し配信も行っています。

【Huluの人気ドラマ作品】
「あなたの番です」、「NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち」、「ロック・アップ/スペイン 女子刑務所」、「ミス・シャーロック」など

【dTVの人気ドラマ作品】
「野獣の美女コンシム」、「花にけだもの~Second Season~」、「今日から俺は!!」など 

『Hulu』と『dTV』の音楽ライブ配信を観るなら

比較項目
音楽ライブ配信を観るなら 音楽配信は少ない 国内アーティスト、海外アーティストの音楽動画あり

Huluは音楽ライブの映像が少ないので、音楽好きの方には物足りないかもしれません。総合ジャンルで色々配信しているdTVの方が音楽については充実しています。dTVでは、国内アーティスト、海外アーティスト両方の音楽動画を扱っていますが、国内J-POPアーティストの方が多めです。2時間程度のライブ映像をフルで配信していたり、曲ごとのMVもあります。また、7万曲以上のカラオケ映像を楽しむことができる点もポイントでしょう。 

『Hulu』と『dTV』のバラエティ番組比較

比較項目
バラエティ番組比較 日本テレビ系バラエティ番組、オリジナル作品 国内のお笑い・バラエティ番組を多数配信

バラエティ番組に関して言うと、HuluとdTVどちらもオリジナル作品を配信しています。しかし、Huluはやはりドラマに強いのが特徴ですので、バラエティに限ってみると、dTVのオリジナル作品の方が充実しているという印象です。しかし、Huluは日本テレビ系のバラエティが充実しており、放送中の番組の見逃し配信もありますので、日本テレビ系のバラエティが好きな方にとっては魅力的です。

dTVでは日本のテレビ番組が配信されているほか、放送直後のテレビ番組の見逃し配信もありますので、バラエティに限らずテレビが好きという方におすすめですよ。また、dTVオリジナルのバラエティ番組も人気です。

【dTVの人気バラエティ作品】
「キスマイどきどきーん!」、「トゥルルさまぁ~ず」、「サンドウィッチマン ライブツアー2016」など 

『Hulu』と『dTV』 実際に配信されている作品

各動画配信サービスではそれぞれ配信されている作品に違いがあります。そこで、実際に配信されている作品のラインナップを「海外ドラマ」「バラエティ」「アニメ」の3つの視点から比較して、あなたにお見せしたいと思います。

※2019年6月下旬頃の時点です。配信ラインナップはサービスごとに随時変更される可能性があります。

海外ドラマで比較

Huluで配信中の海外ドラマをdTVで配信しているか検証しました。

Huluで配信中の海外ドラマ dTVの配信状況
NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち ×
ロック・アップ/スペイン 女子刑務所 ×
ヒューマンズ ×
レジデント 型破りな天才研修医
GRIMM/グリム ×

dTVで配信中の海外ドラマをHuluで配信しているか検証しました。

dTVで配信中の海外ドラマ Huluの配信状況
SUITS シーズン7
シカゴP.D. シーズン3 ×
リーサル・ウェポン シーズン2 ×
野獣の美女コンシム ×
朱蒙

やはり海外ドラマに関してはHuluは強いですが、配信数が多いだけあってdTVも負けていません。ただし、Huluは韓流ドラマの配信は少なめなので、韓流ドラマが見たいという方は少し物足りないかもしれません。

バラエティで比較

Huluで配信中のバラエティ作品をdTVで配信しているか検証しました。

Huluで配信中のバラエティ作品 dTVの配信状況
今夜くらべてみました ×
アナザースカイⅡ ×
マツコ会議 ×
有吉反省会 ×
東野・岡村の旅猿13 ~プライベートでごめんなさい ×

dTVで配信中のバラエティ作品をHuluで配信しているか検証しました。

dTVで配信中のバラエティ作品 Huluの配信状況
サンドウィッチマン ライブツアー2014 ×
8時だョ!全員集合
人生の楽園 ×
第19回東京03単独公演「自己泥酔」 ×
SKE48 エビショー!

Huluは日本テレビ系のバラエティ番組がやはり充実しており、dTVで配信していない番組も多いです。しかし、裏を返せば日本テレビ系以外は少なく、dTVの方がまんべんなく取り扱っているという印象です。

アニメで比較

Huluで配信中のアニメ作品をdTVで配信しているか検証しました。

Huluで配信中のアニメ作品 dTVの配信状況
盾の勇者の成り上がり ×
賢者の孫 ×
言の葉の庭
文豪ストレイドッグス ×
MIX

dTVで配信中のアニメ作品をHuluで配信しているか検証しました。

dTVで配信中のアニメ作品 Huluの配信状況
ブラッククローバー
名探偵コナン
キングダム
ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風
進撃の巨人 Season 3

dTVはアニメが充実しているという評判でしたが、意外にもHuluの方が健闘しているという結果になりました。

『Hulu』と『dTV』 評判・レビューで比較

ここからは実際にサービスを利用している方からの評判をご紹介しましょう。

『Hulu』の評判・レビュー

「月額980円でかなりの量の動画を見ることができます。新作をレンタルするより断然安いです。特に海外ドラマが充実しているので、長い海外ドラマをいっぱいレンタルしてくるよりも断然お得に見ることができます。スマホやタブレットから見ることができるので家に限らずどこでも見られるというのも良いです。また、再生プレイヤーが非常に使いやすく、巻き戻しボタンやレジューム機能など細かいところにも気を配っている感じが非常に良いと思います。海外ドラマ好きにはぜひおすすめしたいです。」

『Hulu』はなんと言っても海外ドラマの種類の豊富さです。24やプリズンブレイク等の誰もが知ってる人気ドラマはもちろん、話題性の高いウォーキングデッドやブレイキングバッド等海外ドラマの充実度に至っては他の動画サービスに比べても群を抜いています。しかもこれが月々933円で見放題です。海外ドラマ好きは『Hulu』だけで十分ではないでしょうか。
ただ、新作映画の数が少ないので映画ファンにはやや物足りない部分があります。
アニメやバラエティ番組等もありますが、やはり海外ドラマだと思います。」

やはりHuluの一番の魅力は海外ドラマの配信数の多さです。ただし、全作品見放題ということもあり、新作映画はあまり配信されていないため、映画好きの方にはやや物足りないかも、という意見もありました。また、映像が飛ぶ・フリーズするといった口コミもいくつか見られましたが、最近は改善されつつあるようで、総じて口コミ評価は高いです。

『dTV』 の評判・レビュー

「今まで『Hulu』やU-NEXTなど有名な動画配信サービスを利用していました。『dTV』はドコモが手がけているサービスなので『Hulu』など海外から始まった会社などに比べて洋画や海外ドラマの品数が少なそうだなぁ・・・というイメージで今まで登録していなかったのですが、たまたまキャンペーンでお得に視聴できる機会があったので登録してみましたが、登録してみてビックリしました。明らかに他の動画配信サービスと比べても配信数が多い!しかも邦画に至って最新のものから、ずっと見たかったものまで・・・。視聴も遅延停止等まったくなくスムーズに見れます。一番最初に登録しておけばと思いました。これからも続けて利用します!」

「他の方が言ってる通り 何しても解約出来ず 困っていました。そのままにしてたら何年も引き落とされてます。
いい加減辞めたいので手っ取り早くクレジットカードを解約することにしました。」

dTVはやはり料金の安さにくらべて、配信数の圧倒的な多さが好評です。子供向けアニメなどが多くて嬉しい、というレビューも多く見られました。ただし、「退会したはずなのに料金が引き落とされ続ける」というトラブルが、実は大変多いのがdTV。解約する際には要注意です。 

まとめ

Huluは月額933円で約7万本の映画やドラマなどがすべて見放題となっており、特に海外ドラマの配信数では圧倒的な強さを誇ります。一方のdTVも月額500円と大変安く、また配信動画数が圧倒的に多いです。ただし、有料コンテンツも多いため、結果的にHuluの方がお得に利用できる可能性もあります。また、dTVは退会する際のトラブルが多い点に要注意ですね。

配信ジャンルの違いとしては、Huluは海外ドラマ、日本テレビ系番組、オリジナルドラマ作品が充実している一方で、dTVは見放題作品数が12万7000本と大変多く、ジャンルも洋画、邦画、海外ドラマ、国内ドラマ、アニメなどまんべんなく配信されているのがメリットです。どちらも人気サービスのため、対応デバイスは同じ程度優秀ですが、どちらも同時視聴はできませんので注意してください。

Huluには14日間、dTVには31日間の無料期間がありますので、どんな動画が配信されているのか、使い勝手はどうなのか実際に体験してみることをおすすめします。

↓無料お試し期間を利用する↓

コメント