HuluとU-NEXTの違いを11項目比較!どっちがお得?

気になる2社を比較
記事カテゴリー

今回比較するのはHuluとU-NEXTの2つです。どちらにしようか迷っていたあなた!お待たせしました。この記事を読んで気に入ったサービスを試してみてはいかがでしょう。

こんなお悩み、解決します!

  • 配信作品の充実度はどうなの?
  • コスト面ではどちらがお得?

比較項目は月額料金」「配信数」「画質」「対応端末」「得意ジャンル」 「同時視聴」「新作の数」「得意なドラマ」「音楽ライブ配信」「バラエティ番組」「実際に配信されている作品の11項目です。

「Hulu」の公式サイト 会員特典の確認と2週間 無料お試し体験はこちら
「U-NEXT」の公式サイト 会員特典の確認と31日間 無料お試し体験はこちら
↓無料お試し期間を利用する↓

Hulu<フールー>

『Hulu』と『U-NEXT(ユーネクスト)』比較早見一覧表

比較項目
月額料金の比較 月額933円(税抜) 月額1,990円(税抜)
動画配信数の比較 約7万本 約23万本
画質の良さ HD フルHD
使える端末の種類の多さ パソコン、スマホ、テレビ、ゲーム機など パソコン、スマホ、テレビ、ゲーム機など
得意ジャンル 海外ドラマ、国内ドラマ、バラエティ 映画、ドラマ、アニメなど幅広い
家族で同時視聴するなら アカウント共有可能、同時視聴はできない アカウント共有可能、最大4台まで同時視聴可能
新作の数 全動画が見放題対象のため新作配信は少ない 新作に使える動画ポイントが毎月1,200ポイントもらえる
得意なドラマの特徴 海外ドラマと日本テレビのドラマ 海外ドラマ、国内ドラマ、アジアドラマ
音楽ライブ配信を観るなら 音楽配信は少ない 音楽配信も充実
バラエティー番組比較 日本テレビのバラエティ番組が充実 過去のバラエティ番組も含めて幅広く配信
比較項目 Hulu U-NEXT
実際に配信されている作品比較 旧作や名作が充実、新作は弱い 新作、人気作、旧作・名作どれも充実、ただしPPV作品に注意

『Hulu』と『U-NEXT(ユーネクスト)』月額料金の比較

HuluとU-NEXTの月額料金を比較すると、それぞれの月額料金は以下のようになっています。

比較項目
月額料金の比較 月額933円(税抜) 月額1,990円(税抜)

見て分かる通りU-NEXTはHuluの約2倍の料金がかかることになります。これだけの差が出るとなると利用を検討しているあなたにとってはひとつめの分岐点といえるのではないでしょうか。ただしU-NEXTには新作視聴に使える動画ポイントが毎月1,200円相当分つきます。気になっていた公開間もないあの作品がすぐにみられるんですよ。これもまた悩みどころですね。

月額利用の料金面だけを見る限りHuluの方がお得に感じられますが、U-NEXTは毎月付与される1,200ポイントを利用すれば利用料金に大きな差はありません。やはりコンテンツを見極めないことには何とも言えないというのも事実です。早速、次の項目を見ていきましょう。

『Hulu』と『U-NEXT(ユーネクスト)』 動画配信数の比較

動画配信数は以下のようになります。

比較項目
動画配信数の比較 約7万本 約23万本

配信本数を見る限りここはU-NEXTに分があるように見えますね。その差は圧倒的です。さて、ここで注意したいキーワードが「月額料金」「見放題」「PPV」の3つです。まずはHuluを例に見てみましょう。Huluの動画配信数約5万本ですが、U-NEXT以外の動画配信サービスと比べるとそこまで少ないわけではありません。今回は相手が悪かったという印象です。

この他にもU-NEXT以外の動画配信サービスとHulu比較した記事がありますので興味のある方は下記リンクより結果を見てみて下さいね。

ではU-NEXTに対してHuluに勝ち目がないかというと必ずしもイエスとは言えません。なぜならひとつ前で比較した「月額料金」とそれに付随する「見放題」がキモになるからです。Huluは提供されるすべてのコンテンツが「月額料金」内で「見放題」です。これが実はけっこう嬉しいことで、何しろ余計な追加料金が発生しないから支払いに気を使う必要がないんですよ。気兼ねなく好きなコンテンツを楽しめますね。

それと比較してU-NEXTはどうでしょうか。U-NEXTの23万本はHulu外のサービスと比較しても圧倒的ですが、残念なことにそのすべてが月額料金で見放題になるわけではありません。では実際どの程度が見放題なのでしょうか。U-NEXTの見放題本数は実質21万本程度です。あれ?残りの約2万本はどこに行ったのでしょうか。実はU-NEXTの配信作品には「PPV」のものが数多く含まれているんです。つまり約2万本に関してはその都度レンタル料金が発生するというわけですね。

なーんだ結局お金がかかるんじゃないかと思ったあなた、その通りです。ですが、U-NEXTは毎月1,200円相当分のポイントが付与されます。これを利用することで最新作を約2本程度見られるんですよ!これの何がいいのかというとU-NEXTは劇場公開終了間もない最新作の配信が非常に早いんです。つまり、話題作を追いかけたい人、忙しいけどとにかく最新作を観たい人、最新作を観たいけど自宅でまったりしたい人にとっては最高のサービスなんです。

配信作品数で比較してみるとHuluは押されていますね。とはいえ月額料金がそこまで高くなく、すべてのコンテンツが月額料金内で利用できる点が魅力的です。一方、U-NEXTは、配信作品数で勝っていますがPPVと実質見放題を合わせた配信数という点がポイントですね。ただしPPVには最新作が含まれるという魅力があるため、金額とコンテンツを天秤にかけてどちらがより自分に合っているかを選択する必要がありそうです。

『Hulu』と『U-NEXT(ユーネクスト)』 画質の良さの比較

HuluとU-NEXTの画質の良さを比較すると、以下のようになります。

比較項目
画質の良さ HD フルHD

画質については大きな違いはありませんね。U-NEXTの方が画質がよいですがほとんど同じ程度です。またU-NEXTにはごく一部4K画質に対応した動画もありますが、数が非常に少なく画質の良さを活かしたコンテンツの充実にはしばらく時間がかかりそうです。

『Hulu』と『U-NEXT(ユーネクスト)』 使える端末の種類の多さ

『Hulu』とU-NEXTはどちらも対応端末がとても多いです。

比較項目
使える端末の種類の多さ パソコン、スマホ、テレビ、ゲーム機など パソコン、スマホ、テレビ、ゲーム機など

どちらも一般的にパソコンやスマホで視聴する人が多いですが、テレビで視聴することもできます。スマートテレビというネット接続できるテレビならHuluにもU-NEXTにも両方対応しているモデルが多いです。さらにPS4やXBOX ONEのようなゲーム機でも視聴が可能ですしChromecastやFire TVにも対応しています。

結論としては使える端末の種類の多さはHuluとU-NEXTはどちらも同じ程度優秀です。

『Hulu』と『U-NEXT(ユーネクスト)』 得意ジャンル比較

HuluとU-NEXTの得意ジャンルを比較すると、以下のようになります。

比較項目
得意ジャンル 海外ドラマ、国内ドラマ、バラエティ 映画、ドラマ、アニメなど幅広い

Huluの得意ジャンルは海外・国内ドラマです。もともとアメリカ生まれのサービスですので海外ドラマは充実しています。日本のHuluは日本テレビが運営会社になっていますので日本テレビのドラマやバラエティをたくさん配信しており、キッズ向けのアニメも充実しています。

それに対してU-NEXTの得意ジャンルは、海外・国内の映画、国内・海外ドラマ、アジアドラマ、アニメなどです。配信作品数の多さもあってU-NEXTは全体的にいろんなジャンルの作品をまんべんなく配信しています。さらに、雑誌やマンガなど電子書籍も読み放題になります。

 『U-NEXT』公式 電子書籍ページ

動画配信サービス 電子書籍、U-NEXT 電子書籍

加えてU-NEXTは一般動画の他に男性向けアダルト動画も見放題になるという特徴があります。

U-NEXT、ユーネクスト、アダルト、R18

色々なコンテンツを幅広く楽しみたいならU-NEXTがおすすめです。

『Hulu』と『U-NEXT(ユーネクスト)』 家族で同時視聴するなら

比較項目
家族で同時視聴するなら アカウント共有可能、同時視聴はできない アカウント共有可能、最大4台まで同時視聴可能

Huluは家族でアカウント共有が可能です。使い方は簡単で、同じアカウントの中に自分用やパートナー用などのプロフィールを作り、それぞれに鍵をかけて使用するだけです。

Hulu プロフィール 動画配信サービス 家族 アカウント

最大のメリットはお互いの視聴履歴やマイリストが共有されないことです。家族とはいえ誰が何をみているかが丸わかりになってしまうのはちょっと気になりますよね。この他にも、子供が視聴できる動画を制限できるペアレンタルコントロールもあります。これは12歳未満の子供が利用する際に、通常のTOPページを使用せず、キッズ向けTOPページを表示するというものです。

Hulu 動画配信サービス 家族 キッズ こども

キッズ向けページでは子供向け作品だけが並んでいるので保護者も安心ですね。複数のプロフィールでユーザー管理ができる点やキッズ向けページなど安心なつくりになっているHuluですが、不便なポイントが一つあります。なんとHuluでは同時視聴が出来ないのです。たとえばお父さんがテレビでドラマを見ているときに、子供が部屋のスマートフォンで映画を観ようとログインしてもエラーメッセージが表示されて視聴できません。もしも家族全員がヘビーユーザーの場合はマルチプロフィールだけでは足りないかもしれませんので要注意しましょう。

さて、U-NEXTでも家族でアカウント共有が可能です。U-NEXTではファミリーアカウントに登録することで最大4つのアカウントが利用できます。正確には、登録者がまず1アカウント、そこに追加で3アカウント利用できるというわけです。登録者は親アカウント、追加分はすべて子アカウントと呼びます。U-NEXTのアカウントシステムはHuluと異なり同時視聴が可能です。しかも4アカウントすべてで可能なので、それぞれが好きな作品を自由に見ることが出来るんです。なんとも便利ですね。家族利用にはもってこいです。

ただし同時視聴にも制約があり、複数のアカウントで同じ作品を見ることはできません。利用の際には注意しましょう。また、Huluのキッズ向けアカウントとは仕様が異なりますが、動画の視聴制限ができるペアレンタルロックというシステムがあります。ペアレンタルロックでは親アカウントに対する成人向け動画の視聴制限と、子アカウントに対する購入制限の2つが出来ます。

U-NEXT ファミリーアカウント アカウント

親アカウントへの制限は、小さいお子様が一緒に見るときに、成人向け動画を一切見せずに済みます。一方の「子アカウント」ではそもそも成人向け動画が見れない他に、有料コンテンツの購入を制限することが出来ますので、アカウントの管理が非常に楽です。HuluとU-NEXTではそれぞれアカウントのシステムに違いがあります。特に実際の利用に影響する「同時視聴」は環境や利用頻度に合わせて絶対に考慮すべきポイントといえるでしょう。

『Hulu』と『U-NEXT(ユーネクスト)』 新作の数を比較

比較項目
新作の数 全動画が見放題対象のため新作配信は少ない 新作に使える動画ポイントが毎月1,200ポイントもらえる

なぜならU-NEXTは5万本ものPPV作品を配信しているからです。

U-NEXT ポイント

またPPV作品はU-NEXTに登録していると毎月もらえる動画ポイントで視聴可能ですから新作を観たい人にはU-NEXTがおすすめといえるでしょう。新作の追加は映画館で公開されて、劇場公開が終わったぐらいのタイミングで入荷することが多いですね。一方でHuluはすべてが見放題作品なので新作の割合はどうしても少なくなってしまいます。新作の数ではU-NEXTに分がある結果です。

『Hulu』と『U-NEXT(ユーネクスト)』 得意なドラマの特徴比較

比較項目
得意なドラマの特徴 海外ドラマと日本テレビのドラマ 海外ドラマ、国内ドラマ、韓流ドラマ

海外ドラマが充実しているのはHuluです。アメリカ発のHuluは海外ドラマのコンテンツ数に優れていて、さらに国内サービスに限って言えば「日本テレビ」のドラマも充実しています。これは国内のサービス元が日本テレビだからという単純な理由ですね。また、Huluではオリジナル作品も配信しています。他の動画サービスでも競うようにその勢力を広げるオリジナルコンテンツはやはり人気が高いですね。U-NEXTも国内外のドラマが充実していますがこちらは韓国ドラマに力を入れています。自分の見たいドラマやコンテンツに強いのはどちらかを確認しましょう。

『Hulu』と『U-NEXT(ユーネクスト)』 音楽ライブ配信を観るなら

音楽ライブ配信を観るならU-NEXTの方がおすすめです。

比較項目
音楽ライブ配信を観るなら 音楽配信は少ない 音楽配信も充実

Huluは映画やドラマのコンテンツがメインの為、音楽ライブの映像が少ないです。それに比べてU-NEXTはもともとがUSENですから音楽アーティストやアイドルのライブも楽しみたいのであればU-NEXTで決まりですね。

『Hulu』と『U-NEXT(ユーネクスト)』 バラエティー番組比較

比較項目
バラエティ番組比較 日本テレビのバラエティ番組が充実 過去のバラエティ番組も含めて幅広く配信

U-NEXTもバラエティ番組を配信していますが、TVのゴールデンタイムに放送されているような番組ではなく、釣りや麻雀、グラビアなどの趣味に偏った番組がメインです。そうはいってもU-NEXTは配信しているコンテンツの数が膨大です。上記のような番組以外にもジャンルが豊富なので一度あなたの目で確認してみて下さい。日本テレビ系のバラエティが充実しているHuluとコンテンツの量を強みとするU-NEXT、どちらも捨てがたいですね。

『Hulu』と『U-NEXT(ユーネクスト)』 実際に配信されている作品

比較項目
実際に配信されている作品比較 旧作や名作が充実、新作は弱い 新作、人気作、旧作・名作どれも充実、ただしPPV作品に注意

各動画配信サービスではそれぞれ配信されている作品に違いがあります。そこで、実際に配信されている作品のラインナップを「新作」「人気作」「旧作・名作」の3つの視点から比較して、あなたにお見せしたいと思います。

※配信ラインナップはサービスごと随時変更される可能性があります。
※「新作」「人気作」の比較作品はそれぞれHuluとU-NEXTラインナップより選出しています。

新作で比較

U-NEXTで配信中の新作をHuluで配信しているか検証しました。

U-NEXTで配信中の新作 Huluの配信状況
3D彼女 リアルガール ×
家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています ×
カメラを止めるな! ×
いぬやしき ×
蚤とり侍 ×

Huluで配信中の新作をU-NEXTで配信しているか検証しました。

Huluで配信中の新作 U-NEXTの配信状況
牙狼〈GARO〉神ノ牙-KAMINOKIBA-
逆光の頃
ポエトリーエンジェル ×
しゃぼん玉
トリガール! ×

新作はやはりU-NEXTが強いですね。Huluはもともと見放題のみのサービスなので、新作の配信では一歩引いたような印象が強いです。

人気作で比較

U-NEXTで配信中の人気作をHuluで配信しているか検証しました。

U-NEXTで配信中の人気作 Huluの配信状況
斉木楠雄のΨ難
銀魂2 ×
クローズ0
溺れるナイフ
蚤とり侍 ×

Huluで配信中の人気作をU-NEXTで配信しているか検証しました。

Huluで配信中の人気作 U-NEXTの配信状況
64-ロクヨン-
チームバチスタの栄光
劇場版SPEC
ぼくは明日、昨日のきみとデートする
カイジ 人生逆転ゲーム

こちらもU-NEXTに軍配が上がりました。アニメやマンガを原作とした実写作品はU-NEXTの方が作品を取りそろえている印象です。Huluも原作アニメを配信している作品がありますので、実写よりアニメ!という方はHuluでも十分楽しめるかもしれません。ただし、事前のラインナップ確認は必須ですよ。

旧作・名作で比較

U-NEXTで配信中の人気作をHuluで配信しているか検証しました。旧作・名作は人気ランキングなどが見当たらない為、一般的な知名度や名作として名高い作品をピックアップして、各作品が配信されているかどうかで比較しました。

 ※旧作・名作のランキングがない為、作品の有→○、無→×で比較・検証します

作品名 Hulu U-NEXT
ALWAYS 三丁目の夕日 ×
告白
サマータイムマシン・ブルース
アウトレイジ × ×
おくりびと ×
容疑者Xの献身 ×
キサラギ × ×
怒り

Huluは4作品、U-NEXTは5作品とこれまたU-NEXTが勝利しました。ただし今回「旧作・名作」の比較でピックアップした作品は、実際に視聴されているかどうかを基準にしたものではありません。そのため、今回の比較ラインナップ以外の作品ではまた違った結果になるかも知れませんね。あなたの気になる作品、観たい作品を横断検索などで比較してみることをおすすめします。

Huluは「旧作・名作」が充実しています。懐かしい作品やもう一度見たい作品を見直すにはベストかも知れませんね。一方で完全見放題というサービスの特性上、新作や話題作の配信が弱いと言わざるを得ません。U-NEXTはどの項目でも配信している作品が充実していますね。豊富なラインナップは観たい作品が決まっていない方にもおすすめできるポイントです。ただし、どの作品がPPVなのかというのは抑えておきたいポイントです。見放題のつもりで契約したけれど、別途料金が発生したというようなケースは非常に勿体ないですから、契約前に一度ご自身で確認してみて下さい。

『Hulu』と『U-NEXT(ユーネクスト)』 評判・レビューで比較

ここからは実際にサービスを利用している方からの評判をご紹介しましょう。

『Hulu』の評判・レビュー

人気の海外ドラマは、ほぼ見ることができる!

無料期間を経て、ハマってしまったドラマがたくさんあったので、そのまま登録しました。海外のドラマは話数が多くて、レンタルで借りに行くといつも手間やお金がすごくかかります。返却するまでに急いで視聴する必要がなくなっただけですごくラクになりました。『Hulu』は女性向きの海外ドラマや映画が豊富なので、見たいものがないということがありませんでした。月額の利用料がとても安いので、1カ月に映画1本でも見れば、映画館に行くよりも元が取れます。通信もスムーズですし画質も問題ありません。字幕だけでなく吹き替えもたくさん楽しめるようになってきたので、英語の勉強にもなっています。

レンタルの手間がないというのは動画配信サービスの強みですね。海外ドラマはジャンルの幅がとても広いですが、『Hulu』ではその中でも女性が輝いている作品、エンタメとして楽しめる作品を多く配信しているようですね。実際に私の周りの『Hulu』ユーザーも女性が多く、好きな作品で盛り上がると話が止まりません。

以前はオンラインDVDレンタルを利用していましたが、月に8枚までのレンタルで各社とも2,000円ほどの料金でした。『Hulu』は月額933円(税抜)で視聴数に制限がなく、お得感が強いです。海外ドラマが充実しているのもポイントでした。
DVDとは違いTVだけではなくPCやiPhoneでも視聴できるというのも、自宅リビングに限定されずどこでも視聴できるため大変便利です。あえてデメリットを挙げると、新作映画が少ないということです。

Huluの月額料金は作品の豊富さも相まってお得感が非常に強いですね。実際、約50,000本もの作品がこの価格で見放題なのでPPVに抵抗のある方や、費用を押さえたい方にはより魅力的なサービスでしょう。また、Huluの海外ドラマの充実ぶりは時間泥棒と言われるほどで、やはりラインナップはどれも魅力的です。反面、PPVなどの追加課金による配信作品がないため、新作映画に弱い点は否めません。Hulu公式を見る

『U-NEXT』の評判・レビュー

『U-NEXT』カードで安全に支払えて良い

便利なU-NEXTカードでの利用料の支払いができるのが便利だと感じました。他のサイトではクレジットカード決算をするのがほとんどですが、ここでは専用のカードで支払いをすれば、クレジットカードの番号も入力する必要もなく、サクサクと支払いができるのが魅力的なのです。より個人情報を守ることができますし、クレジットカードをして利子などが発生することを避けて支払いができるのが魅力的でした。このカードはコンビニで売っているので、とっても買いやすくて良かったです

動画配信サービスが広く利用されている理由のひとつが支払方法のバリエーションです。U-NEXTの月額料金は1,990円(税抜き)と決して安くはありませんが、毎月付与される1,200ポイントを利用することでHuluと大きく変わらない料金で利用できます。豊富なコンテンツをお得に利用できるU-NEXTは幅広い年齢層から人気が高く、クレジットカードを持てない年齢層やセキュリティを重視したい方からも支持されている秘訣は誰でも簡単に始められる支払い方法にもあるのかも知れませんね。

様々な特典が付いていてエンターテインメントを楽しめるサービス

『U-NEXT』を使い始めて感動したのはショートフィルムや小さな映画館でしか見られない映画作品も観られることです。毎月1日には映画館で鑑賞券購入に使えるポイントが1000円分もらえるのと、たくさんの雑誌を無料購読できる電子書籍サービスまで付いているのでお得感が他の有料動画配信サービス会社とは違います。タブレットで移動中に動画や電子書籍を読む事ができて外出が楽しくなります。最近、映画館で映画を見る習慣がなくなってしまっていたのですが、『U-NEXT』のポイントで再び映画館に足を運ぶようになったり、、毎日ドラマや映画を見て『U-NEXT』を大活用しています。

一般的な動画配信サービスではドラマや映画といった動画配信のみとなっているところが大半です。ですがU-NEXTでは雑誌やマンガといった電子書籍の配信もされている点が嬉しいですね。動画だけでなく、ライフスタイルのひとつとして活用できるのがU-NEXTの魅力かも知れません。

U-NEXT公式を見る

いかがでしょうか。実際に利用している方からの評判をみてみると良さそうなところ、イマイチかなと感じるところが見えてきませんか。サービスによって異なる使用感などのレビューもデータだけでは見えにくい特徴ですね。どっちのサービスにしようか迷っている方は、こうしたレビューも参考にしてみて下さい。

まとめ

Huluは月額933円で約7万本の映画やドラマなどが見放題になる動画配信サービスです。スッキリとした料金体系が分かりやすく、ドラマを観たい人や、家族みんなで一緒に観たいという人におすすめです。それに対してU-NEXTは月額1,990円と料金は高くなりますが、見放題と個別レンタルの両方が楽しめて、合わせて約23万本もの動画が視聴できます。

加えてU-NEXTは、新作視聴に使えるポイントが毎月1,200円相当分もらえますので、旧作だけでなく新作映画も楽しみたい人におすすめです。配信ジャンルの幅も広く、いろいろなコンテンツを楽しみたい人や家族ひとりひとりの時間を大切にしたい方におすすめできるサービスですね。

あなたのライフスタイルに合ったサービスを楽しんでくださいね。

↓無料お試し期間を利用する↓

Hulu<フールー>

コメント