『TSUTAYA TV』と『dTV』の違いはコレだった!お得に契約するために料金や作品数、特徴を徹底比較!!

気になる2社を比較
記事カテゴリー

今回比較するのは「TSUTAYA TV」と「dTV」の2つです。

配信作品の充実度はどうなの?コスト面ではどちらがお得なの?など、気になっている方もいるでしょう。

比較項目は月額料金」「配信数」「画質」「対応端末」「得意ジャンル」 「同時視聴」「新作の数」「得意なドラマ」「音楽ライブ配信」「バラエティ番組」「実際に配信されている作品の11項目です。

どちらにしようか迷っていたあなた!お待たせしました。この記事を読んで気に入ったサービスを試してみてはいかがでしょう。

※本記事はあくまでも私見による内容を含みますので、実際のご利用は自己責任にてお願いします。

無料お試し期間で動画配信サービス暮らしををスタート 下記バナーから詳細確認
  

TSUTAYA TVとdTV比較早見一覧表

比較項目TSUTAYA TVdTV
月額料金の比較基本プランは月額933円(税抜き)
※その他プランあり
※レンタルの都度、金額を支払うことも可能
月額500円(税抜き)
動画配信数の比較約5万本(そのうち約1万本が見放題)約12万本
画質の良さSD、HD
※スマホで視聴する場合はSDのみ
SD、HD、4K(ウルトラHD)、VR対応動画もあり(スマホのみ視聴可)
使える端末の種類の多さパソコン、スマホ、テレビなど
※ゲーム機は不可
パソコン、スマホ、テレビなど
※ゲーム機は不可
得意ジャンル映画映画、ドラマ、アニメ、バラエティを幅広く・オリジナル作品もあり
家族で同時視聴するなら端末を5台まで登録可能
同時視聴はできない
端末を5台まで登録可能、同時視聴はできない
新作映画の数新作も多数配信(新作視聴に使える動画ポイントが毎月1,080ポイントもらえる)新作の配信は少ない
得意なドラマの特徴ドラマの配信は少ない海外ドラマ、国内ドラマなど幅広く
音楽ライブ配信を観るなら音楽配信は少ない国内アーティスト、海外アーティストの音楽動画あり
バラエティ番組比較バラエティの配信は少ない国内のお笑い・バラエティ番組を多数配信

月額料金の比較

TSUTAYA TVとdTVの月額料金を比較すると、それぞれの月額料金は以下のようになっています。

比較項目TSUTAYA TVdTV
月額料金の比較基本プランは月額933円(税抜き)
※その他プランあり
※レンタルの都度、金額を支払うことも可能
月額500円(税抜き)

TSUTAYA TVにはいくつか料金プランがありますが、もっとも基本的な月額見放題プランは月額933円です。 その他に、アダルト作品が見放題になるプランや、TSUTAYA DISCUSのCD・DVD定額レンタルがセットになったプランなどがあります。さらに、月額ではなく、レンタルの都度、金額を支払う方法も選択することができます。

使い方に合わせてプランを選べるのは嬉しいですね。

また、新作視聴に使える動画ポイントが毎月1,080円相当分付与される ので、上手に利用すればかなりお得に新作映画を楽しむことができます。

dTVは料金が安いのが特徴 で、TSUTAYA TVと比べて低料金で楽しむことができます。そのうえ、配信動画数も約12万本とかなり多いので、コストパフォーマンス的にはかなり良いと言えそうですね。

動画配信数の比較

動画配信数は以下の通りです。

比較項目TSUTAYA TVdTV
動画配信数の比較約5万本(そのうち約1万本が見放題)約12万本

dTVは配信動画数12万本程度という圧倒的な多さを誇ります。

ただし、12万本の中にはカラオケ動画なども含まれていますので注意が必要です。他にも色々なジャンルを幅広く揃えていますが、中でも音楽系やアニメなどの子供向け番組が充実している点が利用者に好評のようですよ。

TSUTAYA TVは見放題作品と個別レンタル作品の両方が配信されており、そのうち見放題作品が約1万本です。個別課金動画(PPV)も合わせると約5万本となっています。

配信動画数の多さで選ぶならdTVの方が優れています。

画質の良さの比較

TSUTAYA TVとdTVの画質の良さを比較すると、以下のようになります。

比較項目TSUTAYA TVdTV
画質の良さSD、HD
※スマホで視聴する場合はSDのみ
SD、HD、4K(ウルトラHD)、VR対応動画もあり(スマホのみ視聴可)

TSUTAYA TVでは、スマホで動画を視聴するときはSD画質(DVDの画質)で再生されるようになっています。パソコンで動画を再生すると、そのときの通信状況などによってSD画質とHD画質が自動で切り替わります。

スマホの画面サイズならSD画質でも粗さを感じることは少ないでしょう。

dTVも、SD及びHDが主流ですが、少数ながら一部4K対応動画があります。

また、dTVで特筆すべきなのは、VR(ヴァーチャルリアリティ)に対応した作品があるということ。 VR作品は、スマホアプリ「dTV VR」でのみ視聴でき、スマホを上下左右に動かすと360度のパノラマ映像を観ることができます。

さらに、dTVはスマホでもHD画質で再生できますので、画質はdTVの方が優秀です。ただし、4K動画を再生するには4K対応テレビが必要になりますので注意してください。

使える端末の種類の多さ

比較項目TSUTAYA TVdTV
使える端末の種類の多さパソコン、スマホ、テレビなど
※ゲーム機は不可
パソコン、スマホ、テレビなど
※ゲーム機は不可

TSUTAYA TV とdTVはどちらも対応端末がとても多いです。

動画配信サービスはパソコンやスマホで視聴する人が多いですが、テレビで視聴することもできます。

スマートテレビというネット接続できるテレビもこれらに対応しているモデルが多いですし、GoogleのChromecastやAmazonのFire TVにも対応しています。

注意点として、TSUTAYA TVと dTVはどちらもPS4などのゲーム機での視聴には対応していません。対応端末に関しては互角と言えるでしょう。

動画配信サービス 端末、動画配信サービス デバイス

得意ジャンル比較

比較項目TSUTAYA TVdTV
得意ジャンル映画映画、ドラマ、アニメ、バラエティを幅広く・オリジナル作品もあり

TSUTAYA TVの得意ジャンルは、映画作品です。名作からマニアックなものまで、豊富なラインナップが特徴です。その他、アニメ作品もランキング上位に多数入っています。

TSUTAYA TVはユーザーのレビューが充実しているというメリットがあるので、選りすぐりの映画を観たいという人におすすめですね。

対するdTV は、前身であるBeeTV時代からオリジナル作品に力を注いでいます。クオリティが高いうえ、作品数も豊富です。 「銀魂-ミツバ編」や、「テラフォーマーズ/新たなる希望」、「ゴッドタン dTVオリジナル」など、人気映画や番組をオリジナル化したものが人気のようですね。

また、配信数の多さゆえ、オリジナル作品以外にも色々なジャンルの作品を幅広く配信しており、特にアニメや戦隊ものといった子供向けのコンテンツが豊富な点が好評のようです。

色々なコンテンツを幅広く楽しみたいならdTVがおすすめです。

家族で同時視聴するなら

比較項目TSUTAYA TVdTV
家族で同時視聴するなら端末を5台まで登録可能
同時視聴はできない
端末を5台まで登録可能、同時視聴はできない

TSUTAYA TVは家族で複数のプロフィールを作る機能はなく、同時視聴もできません。
ただし、同じIDで最大5台の端末を登録して視聴することができますので、視聴する時間をずらせば家族で楽しむことも可能です。

dTVもTSUTAYA TVと同様に、複数のプロフィールを作る機能はなく、同時視聴もできませんが、同様に最大5台の端末を登録して視聴することができます。

同時視聴をしたいならこれら以外の動画配信サービスの方が良いでしょう。

dTVは月額料金が安いので、どうしても同時視聴したいなら、思い切って家族メンバーそれぞれが登録するという利用方法もできますね。

家族や友達とアカウント共有ができる動画配信サービスはどこ?絶対に知っておくべき『同時視聴』とは
この記事では家族や友達と一緒に動画配信サービスを利用するときに便利な、アカウント...

新作映画の数を比較

比較項目TSUTAYA TVdTV
新作映画の数新作も多数配信(新作視聴に使える動画ポイントが毎月1,080ポイントもらえる)新作の配信は少ない

新作映画の数ではTSUTAYA TVの方が多いです。
TSUTAYA TVは個別課金の作品も多数配信していますので、映画館で放映されたばかりの映画作品も楽しむことができます。さらに、個別課金の作品はTSUTAYA TVに登録しているともらえる動画ポイントを使って視聴することもできるので、新作映画が見たい人にはおすすめです。

対してdTVでは、旧作・名作は充実しているものの、昨年から今年にかけて公開された映画はほとんど見つけられませんでした。

【TSUTAYA TVで配信されている新作映画】
「アリータ:バトル・エンジェル」、「ダンボ」、「キャプテン・マーベル」など

得意なドラマの特徴比較

比較項目TSUTAYA TVdTV
得意なドラマの特徴ドラマの配信は少ない海外ドラマ、国内ドラマなど幅広く

TSUTAYA TVは映画がメイン なので、ドラマ作品はあまり多くなく、映画の配信数の10分の1程度です。その中では、こちらも韓流ドラマが人気で、ランキング上位はほとんど韓流ドラマが占めています。

dTVはオリジナルドラマ作品を多数配信しているのに加え、国内ドラマ・海外ドラマ・韓流ドラマを幅広く配信しています。また、現在放送中のテレビドラマの見逃し配信も行っています。

【TSUTAYA TVの人気ドラマ作品】
「あやしいパートナー ~Destiny Lovers」、「2度目のファースト・ラブ」、「帝王の娘スベクヒャン」、「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」など

【dTVの人気ドラマ作品】
「野獣の美女コンシム」、「花にけだもの~Second Season~」、「今日から俺は!!」など

音楽ライブ配信を観るなら

比較項目TSUTAYA TVdTV
音楽ライブ配信を観るなら音楽配信は少ない国内アーティスト、海外アーティストの音楽動画あり

音楽の動画を楽しみたいならdTVの方がおすすめです。

TSUTAYA TVの方は、配信されている音楽ライブ配信は100本弱とあまり多くありませんが、ツタヤ店舗または宅配でDVDレンタルもできるプランがありますので、店舗で探せば音楽ライブの作品も見つかるかもしれませんね。

dTVでは、国内アーティスト、海外アーティスト両方の音楽動画を扱っていますが、国内J-POPアーティストの方が多めです。 2時間程度のライブ映像をフルで配信していたり、曲ごとのMVもあります。

7万曲以上のカラオケ映像を楽しむことができる点もポイントですね。

バラエティ番組比較

比較項目TSUTAYA TVdTV
バラエティ番組比較バラエティの配信は少ない国内のお笑い・バラエティ番組を多数配信

TSUTAYA TVでは、バラエティ番組はほとんど見つけることができなかったので、バラエティ好きな方には物足りないかもしれません。

一方、dTVでは日本のテレビ番組が配信されているほか、放送直後のテレビ番組の見逃し配信もあります ので、バラエティに限らずテレビが好きという方におすすめですよ。
また、dTVオリジナルのバラエティ番組も人気です。

【dTVの人気バラエティ作品】
「キスマイどきどきーん!」、「トゥルルさまぁ~ず」、「サンドウィッチマン ライブツアー2016」など

TSUTAYA TVとdTV実際に配信されている作品

各動画配信サービスではそれぞれ配信されている作品に違いがあります。

そこで、実際に配信されている作品のラインナップを「海外ドラマ」「バラエティ」「アニメ」の3つの視点から比較して、あなたにお見せしたいと思います。

※2019年7月上旬頃の時点です。配信ラインナップはサービスごとに随時変更される可能性があります。

海外ドラマで比較

TSUTAYA TVで配信中の海外ドラマをdTVで配信しているか検証しました

TSUTAYA TVで配信中の海外ドラマdTVの配信状況
ブラックリスト シーズン5
9-1-1 LA救命最前線
ゴシップガール ファイナルシーズン
クイーン・オブ・ザ・サウス ~女王への階段~
SHERLOCK/シャーロック

dTVで配信中の海外ドラマをTSUTAYA TVで配信しているか検証しました

dTVで配信中の海外ドラマTSUTAYA TVの配信状況
SUITS シーズン7×
シカゴP.D. シーズン3
リーサル・ウェポン シーズン2
野獣の美女コンシム
朱蒙×

dTVの方が配信数が圧倒的に多いだけあって、海外ドラマのラインナップも充実しているようです。

TSUTAYA TVは映画が中心ですから、ドラマはどうしても少なくなっています。

バラエティで比較

TSUTAYA TVで配信中のバラエティ作品を dTVで配信しているか検証しました

TSUTAYA TVで配信中のバラエティ作品dTVの配信状況
この指と~まれ!×
全力!日向坂バラエティ HINABINGO!×
今ちゃんの「実は・・・」×
サンドウィッチマンライブツアー2015
セカイ系バラエティ 僕声 SEASON1×

dTVで配信中のバラエティ作品をTSUTAYA TVで配信しているか検証しました

dTVで配信中のバラエティ作品TSUTAYA TVの配信状況
サンドウィッチマン ライブツアー2014
8時だョ!全員集合
人生の楽園×
第19回東京03単独公演「自己泥酔」
SKE48 エビショー!×

バラエティに関しては、TSUTAYA TVの方が意外に充実している印象です。

個別課金の作品が多いことも影響しているのでしょうか。

アニメで比較

TSUTAYA TVで配信中のアニメ作品をdTVで配信しているか検証しました

TSUTAYA TVで配信中のアニメ作品dTVの配信状況
SING/シング
ドラゴンボール超 ブロリー
未来のミライ
インサイド・ヘッド
ミニオンズ

dTVで配信中のアニメ作品をTSUTAYA TVで配信しているか検証しました

dTVで配信中のアニメ作品TSUTAYA TVの配信状況
ブラッククローバー
名探偵コナン
キングダム
ペット
トムとジェリー シャーロックホームズ

どちらもテレビアニメや、新作のアニメ映画作品が豊富に揃っています。お子さんのいる家庭には嬉しいですね。

TSUTAYA TVとdTV 評判・レビューで比較

ここからは実際にサービスを利用している方からの評判をご紹介しましょう。

TSUTAYA TVの評判・レビュー

「ツタヤTVは自分の家のTVで動画を見ることが出来ます。 いつもはパソコンやアイフォンで動画を見ているのですが、やはりTVが一番見やすいです。
また、ツタヤTVはツタヤポイントを貯めることも出来るので、とってもお得です。私はほとんどの買い物でツタヤポイントを貯めているのですが、一番利用する動画配信サイトでポイントが溜まるのはとても嬉しいです。
動画の種類も豊富で、特に大好きなアニメが沢山ありました。お家でゆっくりと動画を楽しみたいときにとってもお勧めです。」

「他の方も書かれていますが、自分も無料登録しただけのはずが「見放題」に加入したことになっていて、毎月1000円程度払っていました。いつから払っていたのか分かりませんが、たった今(2017.01.30)解除しました。これも他の方も書かれていますが、TSUTAYADISCASに登録しないと解除出来ないという手続きがこの会社への不信感を膨らませます。」

映画やアニメのラインナップが豊富という点は好評のようですね。ただし、解約ができない、無料登録したつもりが有料プランに加入したことになっていた、など、契約手続でのトラブルの報告が非常に多いので注意が必要です。

宅配レンタル「TSUTAYA DISCAS」という系列のサービスがあり、契約プランの体系が分かりづらいという点もユーザーに不評のようですね。

dTV の評判・レビュー

「今までHuluやU-NEXTなど有名な動画配信サービスを利用していました。dtvはドコモが手がけているサービスなのでHuluなど海外から始まった会社などに比べて洋画や海外ドラマの品数が少なそうだなぁ・・・というイメージで今まで登録していなかったのですが、たまたまキャンペーンでお得に視聴できる機会があったので登録してみましたが、登録してみてビックリしました。明らかに他の動画配信サービスと比べても配信数が多い!しかも邦画に至って最新のものから、ずっと見たかったものまで・・・。視聴も遅延停止等まったくなくスムーズに見れます。一番最初に登録しておけばと思いました。これからも続けて利用します!」

「他の方が言ってる通り 何しても解約出来ず 困っていました。そのままにしてたら何年も引き落とされてます。
いい加減辞めたいので手っ取り早くクレジットカードを解約することにしました。」

dTVはやはり料金の安さにくらべて、配信数の圧倒的な多さが好評です。子供向けアニメなどが多くて嬉しい、というレビューも多く見られました。ただし、「退会したはずなのに料金が引き落とされ続ける」というトラブルが、実は大変多いのがdTV。

解約する際には要注意です。

まとめ

TSUTAYA TVは月額933円で、約1万本の動画が見放題になります。
個別課金の新作も多数配信されており、毎月新作視聴に使える動画ポイントが1,080円相当分もらえるのが特徴です。
一方のdTVは月額500円と大変安いうえ、配信動画数も多いというコストパフォーマンスの高さが最大の特徴です。

対応端末に関しては、どちらもゲーム機での視聴には対応していないものの、その他は同じ程度優秀です。
また、同時視聴はできないという点、最大5台の端末を登録できるという点は同じで、家族共有機能に関しても互角と言えるでしょう。

TSUTAYA TVは映画が中心となっており、新作もいち早く楽しめるのがメリットです。
dTVは見放題作品数が12万本と大変多く、ジャンルについても洋画、邦画、海外ドラマ、国内ドラマ、アニメなど幅広く網羅しています。また、オリジナル作品の人気が高いということもポイントです。

TSUTAYA TVには宅配レンタルとセットのプランなら30日間の無料期間があり、dTVにも31日間の無料期間がありますので、どんな動画が配信されているのか、使い勝手はどうなのか実際に体験してみることをおすすめします。

【2020.07最新】『TSUTAYA TV(ツタヤTV)』の月額料金は?見放題の無料お試し期間フル活用!契約に関する疑問徹底まとめ
本記事では『TSUTAYA TV』利用する前に「メリット・デメリット」、「月額料...
『dTV(ディーティーブイ)』の月額料金は?見放題の無料お試し期間フル活用!契約に関する疑問徹底まとめ
本記事では『dTV』について、加入する前に知っておきたい「メリット・デメリット」...

コメント

タイトルとURLをコピーしました