『U-NEXT』と『Amazonプライムビデオ』の違いはコレだった!お得に契約するために料金や作品数、特徴を徹底比較!!

気になる2社を比較
記事カテゴリー

この記事では『U-NEXT』『Amazonプライムビデオ』比較します。

でも、動画配信サービスってたくさんあるから分かりにくいですよね。

・どっちが作品数が多い?
・どっちが安くてお得?

こんな疑問もこの記事を読めば解決です!

どちらにしようか迷っていたあなた!お待たせしました。この記事を読んで気に入ったサービスを試してみてはいかがでしょう。

※本記事はあくまでも私見による内容を含みますので、実際のご利用は自己責任にてお願いします。

  

『U-NEXT』と『Amazonプライムビデオ』を比較

サービス
比較項目
U-NEXTAmazonプライムビデオ
月額料金月額1,990円(税抜)
毎月1,200pt付与
月額500円(税込)
年間プラン4,900円(税込)
支払方法
・クレジットカード
・キャリア決済
・Amazonアカウントで支払い
・AppleIDで支払い
・U-NEXTカード
・クレジットカード
・キャリア決済
・Paidy翌月払い
・Amazonギフト券
・パートナーポイントプログラム(JCBのOki Dokiポイント)
無料期間31日間
600ポイント付与
30日間
配信作品数約14万本 (うち見放題作品9万本)見放題 約1万本 ほか
新作は観れる?
音楽・書籍ライブ映像・MV配信あり
電子書籍57万冊あり
「prime music」で200万曲聞き放題
「prime reading」で900冊読み放題
画質「高画質」1GBあたり約0.5時間
「低画質」1GBあたり約4.5時間
「最低画質」1GBあたり約12時間
「4K UHD」一部作品対応あり
「SD」標準画質
「HD」ハイビジョン
「UHD」4K
「HDR」4K以上
ダウンロードはできる?
対応端末パソコン、スマホ、テレビ、ゲーム機などパソコン、スマホ、テレビ、ゲーム機など
同時視聴はできる?1つの親アカウントにつき3つまで子アカウントを追加可能 子アカウントを使えば最大4台まで同時視聴可能アカウント共有可能、最大3台まで同時視聴可能

月額料金・支払方法・無料期間を比較

『U-NEXT』と『Amazonプライムビデオ』の月額料金

2社比較
月額料金月額1,990円(税抜)
毎月1,200pt付与
月額500円(税込)
年間プラン4,900円(税込)

月額料金は「Amazonプライムビデオ」の方が安いです。

というかプライムビデオは業界でも最安クラスなので圧倒的にお得に利用できます。Amazonプライム会員になれば自動的に利用できるので、自分では分かっていなかったけど実はすでに利用できるという方も多いそうですよ。

また、年間プランで利用すればさらにお得です。ちなみに月で換算すると「約408円/月」とワンコイン以下で利用できる計算です。

「Amazonプライム会員」とは
オンラインショッピングで有名な「Amazon」ですが、月額500円で「プライム会員」になることができます。主な特典に「プライム便が利用できる」「配送時間の指定ができる」などがあり、「Amazonプライムビデオ」もその特典の一つに含まれます。なので「プライム会員」の方はすぐにプライムビデオを利用できます。

それに対して「U-NEXT」は月額1990円とインパクトのある金額ですね。

しかし「U-NEXT」は毎月1200ポイントを配布しているので、それを使って新作映画や電子書籍の購入に充てることができます。

私は「U-NEXT」も利用していますが、ポイントはマンガの購入に使えますね。途中で読むのをやめてしまった作品や気になる作品を毎月楽しんでいます。

『U-NEXT』と『Amazonプライムビデオ』の支払方法

2社比較
支払方法・クレジットカード
・キャリア決済
・Amazonアカウントで支払い
・AppleIDで支払い
・U-NEXTカード
・クレジットカード
・キャリア決済
・Paidy翌月払い
・Amazonギフト券
・パートナーポイントプログラム(JCBのOki Dokiポイント)

支払方法はどちらもクレジットカード、キャリア決済が使えます。また「U-NEXT」や「Amazonギフト券」などのプリペイドカードもあるので、学生やクレジットカードを持っていない方でも気軽に登録できますね。

「U-NEXT」のキャリア決済はau、ドコモ、ソフトバンクに加え、「ワイモバイルまとめて支払い」も利用できます。

『U-NEXT』と『Amazonプライムビデオ』の無料期間

2社比較
無料期間

31日間
600ポイント付与

30日間
無料期間とは
サービスに登録・入会しても利用料金を請求されない期間のことです。基本的に利用できるサービス内容に違いはなく、ユーザーがサービスの質・内容を見極めるために用意されていることがほとんどです。クレジットカード支払いで登録する必要があります。

ほぼ期間に違いはありませんが、「U-NEXT」は600ポイントもらえるのでその分お得です。

ないですね。利用するには「クレジットカード支払い」で登録する必要があります。また、初回限定の特典なので、同じクレジットカードで2回目以降の無料期間はありません。

実際にポイントを使ってみて下さい。大抵の新作映画は視聴できるはずですよ。

配信作品数を比較

2社比較
配信作品数約20万本
(うち見放題作品18万本)
見放題 約1万本 ほか

配信作品数は「U-NEXT」の圧勝です。「U-NEXT」は動画配信サービス全体の中でも作品数が多く、見放題も充実しています。

でも表を見る限り『Amazonプライムビデオ』の作品数が不明瞭ですよね。実は公式が正確な数字を発表していないので正確な数字が分からないというのが実情なんです。日に日に増えているとは思うのですが、一説では3万本程度ともいわれているので、仮に倍の6万だとしても「U-NEXT」の方が圧倒的に多いということで、上記のような判断としました。

『Amazonプライムビデオ』については今後も引き続き調べていきますので、より正確な情報が分かったら更新したいと思います。

さて、配信作品に話をもどしまして、実は「U-NEXT」ではアダルト作品も視聴できることをご存知でしょうか。これはブラウザ視聴限定です。スマホなどのアプリからは視聴できません。

「U-NEXT」のアダルト作品の視聴方法
① ブラウザからログイン(アプリは不可)
② 左メニューの「その他」へ
③ 年齢確認画面をクリアするとアダルトページです

ちなみに「ポイント」と表記のある作品は追加料金(ポイント利用可)が発生します。「見放題」はそのまま観れるので覚えておいてください。

「見放題」について
見放題とは、視聴に追加料金の発生しないカテゴリのことです。つまり月額料金だけで済む作品たちですね。それに対して「レンタル」「ポイント」「購入」といった作品は、個別に料金が発生します。ポイント利用でも視聴できますが、結局は月額料金プラスαが発生しているのに変わりありません。

「U-NEXT」「Amazonプライムビデオ」どちらも「見放題」と「レンタル」があるので、視聴前に確認しておくことをオススメします。アダルトは「U-NEXT」だけですよ!

新作配信はあるか

『U-NEXT』『Amazonプライムビデオ』どちらも新作配信があります。

どちらも「レンタル」や「ポイント」で配信している作品があるからですね。今回は私が個人的に気になっている作品「ジョジョ・ラビット(2019公開)」を例に見てみましょう。

記事作成時点が2020/6月頃なので、新作のラインナップ更新がやや古めな事はお察しください。時期が悪かったとしか・・・。泣

ちなみに「ジョジョ・ラビット」の場合はどちらも約400~500円程度でレンタルできます。(2020/6月時点)

『U-NEXT』の新作

『U-NEXT』の場合は「ポイント」または「見放題」と表記されます。今回は新作なので「ポイント」ですね。ちなみに「ポイント」の1段上の行に440円と記載がありますが、440円=440ポイントで視聴できるということです。

毎月の1200ポイントの使い道がないという方は、新作視聴に使ってみてはいかがでしょうか。

『Amazonプライムビデオ』の新作

『Amazonプライムビデオ』の場合は「レンタル」「購入」と表記されています。また、いわゆる見放題の場合は「Prime」とラベルされているので、視聴前にしっかりとチェックしてください。

「レンタル」は30日間の期間設定があり、一度視聴を開始すると48時間で期間が終了します。長期旅行の前などにあらかじめ「レンタル」しておくと道中や旅先でも楽しめます。

「購入」は文字通りです。金額はパッケージより安いですが「レンタル」に比べるとかなーり高いので、お気に入りの作品だけに絞っていった方がお財布に優しいかもですね。

動画配信サービスは、「見放題」+「レンタル」「ポイント」のものが多いので、よく分からずに使うと請求金額が驚くようなことになってしまうかもしれません。要注意です。

オリジナル作品はあるか

『Amazonプライムビデオ』にはオリジナル作品があります。特にバラエティが充実していて人気を集めていますね。

一方「U-NEXT」はオリジナル作品がありません。いまのところ製作予定などは発表していませんので、今後もしばらくはないかと思われます。

オリジナル作品とは
動画配信サービスが独自に製作した番組のことで、最大の特徴は「そのサービスでしか視聴できない限定コンテンツ」であることです。映画・ドラマ・アニメ・バラエティどのジャンルでも製作されており、特に「Netflix」が力を入れていることで有名です。広告などでの知名度では松本人志さんの「ドキュメンタル(Amazonプライムビデオ)」が広く知られていますね。

『Amazonプライムビデオ』のオリジナル作品

『Amazonプライムビデオ』では、バラエティ、国内ドラマ、海外ドラマ、海外映画、スポーツ、キッズ向けなどさまざまなジャンルのオリジナル作品が製作されています。

今回は知名度がダントツであろう「ドキュメンタル」というお笑いバラエティをピックアップしてみました。あの松本人志さんプレゼンツということで、結構話題になりましたよね。

ちなみにカテゴリーに「Amazonオリジナル」とあるので、他の番組が気になる方は登録していなくても簡単にチェックできますよ。

「ドキュメンタル」はお笑い芸人を密室に閉じ込めて笑わせ合うというシンプルな内容です。優勝すると豪華賞金がもらえるので、あの手この手を使って笑わせにくるのですが、芸人×密室×笑わせ合いという3拍子揃った企画なので、当然面白いです。あまりネタばらしはしたくないので内容は是非その目でチェックして下さい。

個人的に「シーズン7」まで続いていることがスゴイと思っています。海外ドラマでもそこまで続いたら名作と言っていい人気ですからね。もちろん面白いですよ。

また、番組説明にも書いてありますが、「番組の性質上、不快に感じる場合がある」ので必ずしも万人向けではないというところもポイントです。

音楽・電子書籍などの特典はあるか

『U-NEXT』『Amazonプライムビデオ』どちらも動画以外のサービスが充実しています。さっそく紹介しましょう。

音楽配信やライブ映像が視聴できる

「U-NEXT」ならライブ映像で盛り上がれる

『U-NEXT』はライブ映像の配信をしています。バンド、弾き語り、声優とジャンルの垣根を越えて楽しめるので、集まってライブ鑑賞というのも楽しそうですね。

また、ミュージックビデオも配信しています。

※みんな大好き「aiko」さん

「Amazonプライム会員」なら200万曲聞き放題!

「Amazonプライム会員」になれば200万曲聞き放題の「Amazonプライムミュージック」を利用できます。今や音楽はサブスク(定額配信)が基本になりましたよね。「Amazonプライム会員」なら音楽も楽しめます!

マンガ・雑誌・ラノベ!電子書籍が読める!

『U-NEXT』は57万冊配信!

「U-NEXT」は2020/5/1時点で電子書籍が57万冊あると発表しました。すさまじい量ですね。

「U-NEXT」57万冊の内訳
マンガ:30万冊
書籍:23万冊
ライトノベル:4万冊

知っておいて頂きたいのはすべてが読み放題ではないという点です。「ポイント」で1冊ずつ購入する方が割合としては多いですね。中には1巻だけ無料という場合もあるのでお試しでいろいろな作品を観れるのはgoodです。

たとえば少年ジャンプの有名マンガ「ハンター×ハンター」はこんな感じです。

※一覧画面から3巻分をキャプチャしています。

キャプチャの通り、1冊ずつ料金が発生します。なので巻数が多いマンガをいちから購入しようと思ったらそれなりの金額になる可能性がありますね。

また、最新刊(2020/6月時点)も同額で配信しています。

ちなみに「ハンター×ハンター」の場合はモノクロ版とカラー版の2種類がありました。購入される際は間違えないように注意してください。

「Amazonプライムリーディング」で読み放題!

「Amazonプライムリーディング」は約900冊が読み放題の電子書籍サービスです。

マンガからビジネス書籍まで配信しているので「Amazonプライム会員」になったら一度は確認してみて下さいね。

さてそんな読み放題ですが注意したいことが1点あります。それはラインナップが定期的に変更されるということです。いつか読もうと思って放っておいたら、いつの間にかラインナップから消えていたなんてことになりかねません。

そこで、気になったらひとまずダウンロードしておきましょう。実は一度ダウンロードしてしまえば、ラインナップから消えたとしてもあなたの端末に入ってるので読めるんです。もちろん無料です。

ただし、ダウンロード上限は10冊まで。ラインナップが変わっていくことを考えると、いつまでも置いておくだけというのは勿体ないですね。

「Amazonプライムリーディング」と「kindleアンリミテッド」
Amazonには2種類の読み放題サービスがあります。Amazonプライム会員になるだけで利用できるのが「Amazonプライムリーディング」です。
一方の「kindleアンリミテッド」は別途、月額980円で利用できます。こちらは和書だけで約12万冊が読み放題なので、読書家の方やいろいろ読み漁りたいという方におすすめです。

画質の違い

2社比較
画質「高画質」1GBあたり約0.5時間
「低画質」1GBあたり約4.5時間
「最低画質」1GBあたり約12時間
「4K UHD」一部作品対応あり
「SD」標準画質
「HD」ハイビジョン
「UHD」4K
「HDR」4K以上

『U-NEXT』『Amazonプライムビデオ』どちらもHD画質には対応しています。また、最近ではあって当たり前になりつつある「4K」も当然対応していますね。画質に違いはないと言っていいでしょう。

スマホで視聴する分にはHD画質があれば十分です。なので使う端末によっては必ずしも「4K」に対応している必要はないかもしれませんね。

ちなみに『U-NEXT』は2020年3月末から、国内の動画配信サービスとしては初めてハリウッドメジャースタジオ作品を4K UHD、Dolby Vision、Dolby Atmosで配信を開始しました。

 

画質の面では世界標準に追いついたといっていいでしょう。今後のコンテンツの展開にも期待したいですね。

ダウンロードはできるか

2社比較
ダウンロードはできる?

『U-NEXT』『Amazonプライムビデオ』どちらもダウンロードできます。

動画をあらかじめダウンロードしておけば、外出先で通信量の大きなストリーミング再生をしないで済みます。

極端な例ですが、海外旅行の飛行機内で通信せずに好きな映画やドラマを楽しめるので、移動時間も楽しく過ごせます。

対応端末はなにがあるか

2社比較
対応端末パソコン、スマホ、テレビ、ゲーム機などパソコン、スマホ、テレビ、ゲーム機など

『U-NEXT』『Amazonプライムビデオ』どちらも対応端末の種類は同じです。

『U-NEXT』の場合は「U-NEXT TV」という専用端末がありますが、セットアップの手間や金額を考えるとあまり魅力的ではありません。

一方の『Amazonプライムビデオ』にも「Fire TV Stick」という専用端末のシリーズがあります。こちらはセットアップが非常に手軽ですぐに使えることから人気が高いですね。

また、「Fire TV Stick」から「U-NEXT」への登録もできるので、端末の利便性という点ではAmazonの方がいいでしょう。

同時視聴はできるか

2社比較
同時視聴はできる?

『U-NEXT』『Amazonプライムビデオ』どちらも同時視聴できます。また、どちらも子どもの使うアカウントに視聴制限をかけることができます。

『U-NEXT』親アカウント1つに対して、子アカウントを3つまで作れます。つまり、最大4端末まで同時視聴が可能ということですね。子アカウントに対して視聴制限をかけられるので、お子さんが利用する場合でも安心です。

『Amazonプライムビデオ』は1つのアカウントを共有して最大3台まで同時視聴が可能です。端末ごとに視聴制限がかけられるので、こちらも安心して家族利用できます。

特に「U-NEXT」はアダルトコンテンツがあるので、視聴制限はマストですよね。

まとめ

『U-NEXT』と『Amazonプライムビデオ』について比較しました。

『U-NEXT』は配信作品数がとにかく多く、電子書籍も含めてコンテンツの充実度が魅力です。

それに対して『Amazonプライムビデオ』は月額料金が安く、Amazonプライム会員になればいくつもの特典が付いてくるという点が大きなメリットです。特にAmazonユーザーなら会員になって損はないと言っていいでしょう。

どちらのサービスも無料お試し期間があるので、まずはそれを活用してサービス内容を吟味してみてはいかがでしょうか。

  

『U-NEXT(ユーネクスト)』の月額料金は?見放題の無料お試し期間フル活用!契約に関する疑問徹底まとめ
本記事では『U-NEXT』について、加入する前に知っておきたい「メリット・デメリ...
月額料金500円の『Amazon Prime Video(プライムビデオ) 。無料お試し期間フル活用のすすめ!
2020年は『Amazonプライムビデオ』が大きく動く予感がします。昨年よりT...

コメント

タイトルとURLをコピーしました