【2020年】『映画(邦画・日本映画)』 好きが選ぶ見放題な「動画配信サービス」を比較検証!

観たいジャンルで比較
記事カテゴリー

動画のジャンルの一つとして確立している邦画ですが、時代を問わず質の良いものは旧作・新作の幅を超えて親しまれています。

「動画配信サービス」の中にも邦画を数多く取り扱っているサービスがありますが、作品の取扱数はサービスによって大きく異なります。

そこで、この記事では「邦画の配信作品数(見放題・有料配信)」、「見放題料金」、「配信内容」の3点を軸に、おすすめの動画配信サービスを紹介していきましょう。

無料お試し期間で動画配信サービス暮らしををスタート 下記バナーから詳細確認
  

本記事で紹介する動画配信サービス

動画配信サービス別に邦画作品の配信状況を一覧にまとめました。まずはここで気になる動画配信サービスをチェックしてみて下さい。

サービス名見放題有料配信合計数見放題料金配信内容
Hulu約1,100作品0約1,100作品933円(税抜)旧作を中心にして人気・話題作が多い代わりに新作は少なめです。
NetFlix推定1,000以上0推定1,000以上800円(税抜)~新作も割りと多めに配信されている模様です。
U-NEXT約1,200作品約600作品約1,800作品1,990円(税抜)新作配信は早いようです。
Amazonプライム・ビデオ約900作品約3,000作品約4,000作品400円(税抜)有料分を含めるとかなり多く、コストパフォーマンスはかなりいいです。
TSUTAYA TV約1,500作品約4,500作品約6,000作品933円(税抜)見放題タイトルはセクシー系やB級タイトルが多いです。
dTV約400作品約300作品約700作品500円(税抜)懐かしいタイトルや特撮系が多いです。
Rakuten TV0約4,000作品約4,000作品個別課金アクション・コメディー・ラブストーリー系が多めです。
ビデオマーケット約400作品約4,200作品約4,600作品980円(税抜)見放題対象はB級タイトルが殆どです。

※上記は2019年4月時点の内容です。
※配信数、金額等は都度変更になる可能性があります。

邦画が見れるおすすめの動画配信サービス①「Hulu」

Hulu 動画配信サービス

サービス名見放題有料配信合計数見放題料金配信内容
Hulu約1,100作品0約1,100作品933円(税抜)旧作を中心にして人気・話題作が多い代わりに新作は少なめです。

Huluは幅広いジャンルを扱っていますが、邦画に関しては約1000タイトルがあり、主に旧作を中心としたラインナップが揃っています。

その代わり新作については少なめになっていますが、月額料金(税抜933円)ですべての作品が見放題になります。

コストパフォーマンス的には業界最安値よりは高くなりますが、全体のラインナップ数が多く、他のジャンルも観ることができるので、邦画以外のジャンルも視聴するならばお得なサービスと言えるでしょう。

検索機能がやや使いづらいといった印象があり、目的の検索結果にある程度近いものも表示されてしまうため、絞り込みをするときには探しづらいかもしれません。

邦画が見れるおすすめの動画配信サービス②「NetFlix」

NETFLIX 動画配信サービス

サービス名見放題有料配信合計数見放題料金配信内容
NetFlix推定1000以上0推定1000以上800円(税抜)~新作も割りと多めに配信されている模様です。

海外映画に強い印象があるNetFlixですが、邦画のラインナップは推定1,000本を超えていると言われています。(配信数は非公開の為、推定となります。)

課金のシステムは月額料金で見放題ですが、画質によって値段が変わるという料金プランになっています。視聴環境に合わせて画質決めると良いでしょう。

Huluと同じく他のジャンルも多く配信されていますが、料金プランの仕様上、高画質で視聴する場合には多少なりともコストパフォーマンスが落ちるので、予算などを鑑みながら決めたいところです。

邦画が見れるおすすめの動画配信サービス③「U-NEXT」

U-NEXT 動画配信サービス

サービス名見放題有料配信合計数見放題料金配信内容
U-NEXT約1,200作品約600作品約1,800作品1990円(税抜)新作配信は早いようです。

邦画の配信数は約1,800本程度(アニメ映画・R指定以外)ありますが、そのうち見放題対象となるのは3分の2程度です。

作品数だけで言えばhuluやNetFlixにも負けていないでしょう。取扱ジャンルも幅広く、ドラマやアクション、サスペンスなどラインナップが豊富にあります。

ただし、見放題対象だけでは古い作品がやや多い印象があるので、最新タイトルを中心に見たい場合にはPPVを利用しましょう。

U-NEXTのPPVは最新作品がラインナップされやすいので毎月付与される1,200ポイント(新作2作品程度)を利用してみることが出来ます。

邦画が見れるおすすめの動画配信サービス④「Amazonプライム・ビデオ」

Amazonプライム・ビデオ 動画配信サービス

サービス名見放題有料配信合計数見放題料金配信内容
Amazonプライム・ビデオ約900作品約3,000作品約4,000作品400円(税抜)有料分を含めるとかなり多く、コストパフォーマンスはかなりいいです。

月額400円(税抜き)という安さで、約900タイトルの邦画が見放題になります。

配信作品はこれまで紹介した他の動画配信サービスに負けない魅力的なラインナップです。加えて見放題だけでなく、PPV対象作品も数多くあり、その作品数を含めると約4,000本を超える作品が揃っています。

見放題タイトルの中には話題作になったものがいち早く配信されることもあるので、まず試してみたいという場合にはおすすめ出来るサービスです。

日頃からAmazonを利用してる人にはショッピングの利便性もあり、お得感の強いサービスと言えるでしょう。

邦画が見れるおすすめの動画配信サービス⑤「TSUTAYA TV」

TSUTAYA TV 動画配信サービス

サービス名見放題有料配信合計数見放題料金配信内容
TSUTAYA TV約1,500作品約4,500作品約6,000作品933円(税抜)見放題タイトルはセクシー系やB級タイトルが多いです。

見放題プランでは、約1,500本ほどの邦画が配信されていますが、ジャンルはB級作品、セクシー系、ホラー物などかなり偏ったラインナップです。

こうしたジャンルが好みであれば問題ないですが、もっと話題作が見たいという場合には物足りなさを感じてしまうでしょう。

PPV対象のものを含めると約6,000本まで幅が広がるので、利用料金が約2400円と少し値段が張りますが定額レンタルサービスなら、実質見放題とほぼ同等になります(8本を超えた場合には旧作のみになります)。

映画をたくさん観たい人にとっては、PPVや定額レンタルサービスを利用して、作品を選べる幅が広がるので満足度が上がるサービスと言えるでしょう。

邦画が見れるおすすめの動画配信サービス⑥「dTV」

dTV 動画配信サービス

サービス名見放題有料配信合計数見放題料金配信内容
dTV約400作品約300作品作700作品500円(税抜)懐かしいタイトルや特撮系が多いです。

見放題対象が400本、PPVで観られるのが300本と、他のサービスに比べると少なくなっていますが、幅広いジャンルが揃っており、これで月額500円(税抜き)となっているので料金的にはお得なサービスと言えます。

ユーザーからは検索機能が使いやすく、好みの作品や作品名から直接探しやすいと評価されているサービスです。

最新作品はPPV対象となっていますが、他ジャンルの動画も充実しているので、まずは試してみたいという人におすすめできます。

邦画が見れるおすすめの動画配信サービス⑦「Rakuten TV」

Rakuten TV 動画配信サービス

サービス名見放題有料配信合計数見放題料金配信内容
Rakuten TV0約4,000作品約4,000作品個別課金アクション・コメディー・ラブストーリー系が多めです。

邦画の配信数は約4,000本とかなり多めになっており、期間限定のキャンペーンなどでも決まったジャンルやカテゴリの動画が見放題になるパックもあるようです。

基本的にはPPV方式ですが、楽天スーパーポイントが支払に使え、さらに支払い金額の1%がポイント還元されるなど、楽天市場利用にも還元されるお得なサービスがあります。

レンタル中心で楽しんでいる人には、値段的にもお得なサービスになっています。

見放題ではないので、くれぐれも予算オーバーにならないように注意しましょう。

邦画が見れるおすすめの動画配信サービス⑧「ビデオマーケット」

ビデオマーケット 動画配信サービス

サービス名見放題有料配信合計数見放題料金配信内容
ビデオマーケット約400作品約4,200作品約4,600作品980円(税抜)見放題対象はB級タイトルが殆どです。

邦画の配信数は約4,600本と業界でもトップクラスなのはいいのですが、見放題プランで視聴できる数はそのうち400程度とかなり少なめです。

しかもB級映画が殆どなので、話題作などを中心にチェックしたい人には不足に感じるラインナップでしょう。

金額を気にすることなく楽しみたいのであれば、他のサービスを使った方がよさそうですが、月に数本程度なら充実したラインナップの中からレンタルで楽しむのもありでしょう。

まとめ

邦画の配信作品数、利用料金、配信内容を軸におすすめの動画配信サービスをご紹介しました。

サービスごとに配信数や取り扱いジャンルは異なりますが、好みのジャンルがあるサービスを選んでいくと良いでしょう。

もう一度、ここで紹介した動画配信サービスの一覧を載せておきますので見比べてみて下さい。

サービス名見放題有料配信合計数見放題料金配信内容
Hulu約1,100作品0約1,100作品933円(税抜)旧作を中心にして人気・話題作が多い代わりに新作は少なめです。
NetFlix約1,100以上0約1,100以上800円(税抜)~新作も割りと多めに配信されている模様です。
U-NEXT約1,200作品約600作品約1,800作品1990円(税抜)新作配信は早いようです。
Amazonプライム・ビデオ約900作品約3,000作品約4,000作品400円(税抜)有料分を含めるとかなり多く、コストパフォーマンスはかなりいいです。
TSUTAYA TV約1,500作品約4,500作品約6,000作品933円(税抜)見放題タイトルはセクシー系やB級タイトルが多いです。
dTV約400作品約300作品約700作品500円(税抜)懐かしいタイトルや特撮系が多いです。
Rakuten TV0約4,000作品約4,000作品個別課金アクション・コメディー・ラブストーリー系が多めです。
ビデオマーケット約400作品約4,200作品約4,600作品980円(税抜)見放題対象はB級タイトルが殆どです。

※上記は2019年4月時点の内容です。
※配信数、金額等は都度変更になる可能性があります。

邦画作品の総合的な配信数やジャンルの豊富さから考えると、見放題プランの中ではHulu、NetFlix、U-NEXT、Amazonプライム・ビデオが比較的優れているサービスと言えそうです。

また、PPV作品を含めるなら、Amazonプライム・ビデオ、TSUTAYA TV、Rakuten TV、ビデオマーケットあたりが特に優秀な数字になっています。

大切なのはかけられるコストとそれに見合うジャンル、配信数を持っているサービスとのマッチングができるかという点です。

公式サイトへのリンクも再掲しますので無料お試し期間などを利用して吟味してみるのがおすすめです。

無料お試し期間で動画配信サービス暮らしををスタート 下記バナーから詳細確認
  

コメント

タイトルとURLをコピーしました