【2020年】『洋画』好きが選ぶ見放題な「動画配信サービス」を比較検証!

観たいジャンルで比較
記事カテゴリー

日本の映画もいいんだけど、やはりアメリカ本場の迫力ある映画を楽しみたい。
週末は家で洋画を見まくって廃人になりたい・・・。

数年前までは、映画館に行かずに洋画を観たいと思ったら、レンタルショップに足を運び、目当ての作品を探していましたね。
そこで、貸し出し中だと諦めなければならないというようなこともあったでしょう。

しかし、これだけ動画配信サービスが登場している現在は、一歩も動かずとも好みの洋画をいくらでも観ることができてしまうのですね!

そこでこの記事では、「洋画をいつでもどこでも観られたらいいな~」と感じている方向けに、洋画を視聴できる動画配信サービスを「月額料金」「動画配信数」「配信内容」の3点を軸に紹介していきます!

無料お試し期間で動画配信サービス暮らしをスタート 下記バナーから詳細確認
  

本記事で紹介する動画配信サービス

サービス見放題料金動画配信数洋画配信数
(概数)
配信内容
Netflix800円~不明1500本以上・ハリウッド作品が多数
・多様なジャンルの作品を配信
Hulu933円50000本以上500本以上・比較的新しい作品を見放題で視聴可能
・ハリウッド作品が中心だが、英国、中国、韓国、香港の作品も
U-NEXT1990円120000本以上4800本以上・見放題対象の作品は2~3年前ぐらいのものが多い
・白黒映像の大昔の作品も取り扱いあり
・見放題作品が8割
Amazonプライム・ビデオ408円~500円70000本以上8000本以上・2000年代のものが多いが、古いものでは1950年代の作品も
・個別課金作品が中心
dTV500円120000本以上700本以上・最新作は個別課金だが、多くは定額見放題
・メジャーな旧作タイトルを中心に、様々なジャンルの良作に厳選した配信
TSUTAYA TV933円~10000本6000本以上・旧作が中心
・新作は個別課金レンタルが多い
・見放題対象は1400作品程度

洋画が観られるおすすめの動画配信サービス①「Netflix」

サービス見放題料金動画配信数洋画配信数
(概数)
配信内容
Netflix800円~不明1500本・ハリウッド作品が多数
・多様なジャンルの作品を配信

世界の規模で見ると、最大級の登録者数を誇るNetflix。
動画配信の数自体は公開されていないが、洋画配信数はおよそ1500本程度なのではないかという説があります。アメリカ発の動画配信サービスということもあって、扱う洋画作品は迫力満点の本場ハリウッド作品が中心となっています。 ヒューマンドラマ、コメディ、アクション・アドベンチャー、SFなどのジャンルも多様で、洋画好きであれば飽きることのないラインナップと言えるでしょう。

字幕や吹替の機能も充実しており、英語と日本語のみならず、様々な言語から選ぶことができます。そのため、語学を楽しみながら学びたいという人にも、力強くおすすめしたいサービスです。好きな洋画を視聴しながら、語学の勉強ができるというのは一石二鳥ですし、オススメの学習法でもあります!

また、画質や同時再生したい端末数に応じて、月額料金が変わってくるため、個々人の生活の状況に応じてプランを選べることが魅力です。

洋画をはじめ、動画を一人だけで楽しみたい場合には月額800円の「ベーシックプラン」、自分と子供がそれぞれ観たい動画が異なるので、2台同時に楽しめるようにしたいという場合には月額1200円の「スタンダードプラン」、4台まで同時に楽しみたいという場合には月額1800円の「プレミアムプラン」となっています。
また、

1か月間の無料体験期間もありますので、是非試してみてはいかがでしょうか??

洋画が観られるおすすめの動画配信サービス②「Hulu」

サービス見放題料金動画配信数洋画配信数
(概数)
配信内容
Hulu933円50000本以上500本以上・比較的新しい作品を見放題で視聴可能
・ハリウッド作品が中心だが、英国、中国、韓国、香港の作品も

Hulu最大の魅力は一律見放題の料金設定であることです。 どれだけ映画を見ても933円、さらに嬉しいのは、他のサービスでは個別課金が必要となることの多い新作でも追加料金なく視聴できるということです。

作品数自体はそれほど多くありませんが、この料金設定の部分で、他のサービスのメリットを上回るだけの価値はあると言っても良いでしょう。500作品のうち、多くを占めるのがハリウッド作品です。 何度も繰り返しますが、どれだけ見ても料金は同一ですので、料金を気にせず、とにかくたくさん視聴をしたいという方はHulu一択ではないでしょうか。

ちなみに洋画以外にも様々なジャンルを取り扱っており、それらも当然追加料金はありません。「暇つぶしに動画を」と考えている方は是非Huluを。

場合によってはたったの1日で月額料金をペイできてしまうかもしれませんよ。

無料期間は2週間ということで、他のサービスに比べると短いですが、興味があれば試してみてはいかがでしょうか??

Huluの無料お試しは下記バナーから

洋画が観られるおすすめの動画配信サービス③「U-NEXT」

サービス見放題料金動画配信数洋画配信数
(概数)
配信内容
U-NEXT1990円120000本以上4800本以上・見放題対象の作品は2~3年前ぐらいのものが多い
・白黒映像の大昔の作品も取り扱いあり
・見放題作品が8割

U-NEXTは、その月額料金が他のサービスに比べて非常に高く、やや敬遠されがちなところがあります。

しかし内実を調べると、毎月1200円分のポイントが付与されたり(有効期限90日間)、映画の割引を受けられたり、雑誌が読み放題だったりと、十分に月額料金をペイできる充実したオプションがたくさんついています。 もちろん、洋画のみならず映画やドラマ、バラエティなど様々なジャンルの動画を楽しむことができるので、幅広く楽しみたい方にはおすすめできるサービスです。

洋画配信数だけで観れば、他のサービスに劣る部分もありますが、そのうち8割近くが見放題作品ということで、見放題配信数は他のサービスを圧倒的に凌駕しています。

上述の通り、毎月1200円分のポイントが付与されるので、上手に使えば実質790円とも言えます。 洋画は見放題作品だけを楽しむというのであれば、Hulu以上にお得感を味わうことができるかもしれません。もちろん、それだけでも4000もの作品から選ぶことができます。その中には、おじいちゃん・おばあちゃん世代が観ていたような白黒映像の往年の作品もあります。

ダウンロード機能もあるため、予めデバイスにダウンロードしておけば、通信容量を気にすることなく動画を楽しむことができます。無料お試し期間が31日間あり、さらに600ポイントの付与もありますので、まずは試してみてはいかがでしょうか?

U-NEXTの無料お試しは下記バナーから

洋画が観られるおすすめの動画配信サービス④「Amazonプライム・ビデオ」

サービス見放題料金動画配信数洋画配信数
(概数)
配信内容
Amazonプライム・ビデオ408円~500円70000本以上8000本以上・2000年代のものが多いが、古いものでは1950年代の作品も
・個別課金作品が中心

高くても月額500円という、破格の安さで豊富な動画を楽しむことができるAmazonプライム・ビデオ。 洋画配信数でみれば、8000本以上とその量は他のサービスを圧倒的に凌駕する数字となっています。見放題対象作品も1000作品程度ある ため、それだけでも十分楽しむことができるでしょう。

洋画に詳しくなく、どの作品が良いのか分からないという方にとっても、Amazonプライム・ビデオは使い勝手が良いです。というのは、ユーザーレビュー機能が非常に充実しているからです。 それを参考にすれば、作品選びを失敗することはないでしょう!個別課金作品で失敗すると、損した気分が強くなりますからね・・・。

また、動画視聴のみならず、Amazonプライム会員の特典も全部受けることができる ため、どの動画配信サービスに登録しようか迷っている方は、Amazonプライム・ビデオに登録しておけば、損することはないでしょう。

日ごろからAmazonを利用している方は、追加料金なく、そのまま充実度抜群の動画コンテンツも楽しむことができます。

30日間の無料お試し期間もありますので、気になる方は是非試してみてはいかがでしょうか??

amazonプライムビデオの無料お試しは下記バナーから
   

洋画が観られるおすすめの動画配信サービス⑤「dTV」

サービス見放題料金動画配信数洋画配信数
(概数)
配信内容
dTV500円120000本以上700本以上・最新作は個別課金だが、多くは定額見放題
・メジャーな旧作タイトルを中心に、様々なジャンルの良作に厳選した配信

月額500円という脅威の安さで高いコストパフォーマンスを誇るのがdTV。
以前はdocomo契約者しか利用できなかったが、現在はキャリアフリー化したことで、それ以外の方も問題なく利用することができます。洋画配信数は700本程度です。

ちなみに、以前は2000本近くの作品を扱っていたのですが、ここにきて大きく減少をしています。その分、「これは観るべき」というような作品に特化されたと考えてもいいでしょう。

最新の作品については個別課金の必要がありますが、その他多くは定額見放題の対象 のため、最新作にこだわらないという方は月額500円という枠内で、十二分に楽しむことができるでしょう。
古い作品についても、限られた配信数の中では十分に網羅されており、特に人気作品については多く扱っているという印象です。それらを追加料金なしで楽しめるというのはありがたいことですね。

31日間の無料視聴期間もありますので、是非試してみてはいかがでしょうか??

dtvの無料お試しは下記バナーから

洋画が観られるおすすめの動画配信サービス⑥「TSUTAYA TV」

サービス見放題料金動画配信数洋画配信数
(概数)
配信内容
TSUTAYA TV933円~10000本6000本以上・旧作が中心
・新作は個別課金レンタルが多い
・見放題対象は1400作品程度

TSUTAYA TVは個別レンタル作品が中心ではありますが、見放題の洋画も1400本程度あります。 トータルの配信数でみれば、6000本ということで業界最高水準であり、さらにその中にはTSUTAYA TVでしか視聴できない作品も用意されています。

新作については個別課金の必要がありますが、 月額933円の「動画見放題プラン」に加入すれば、個別課金の新作タイトル2本分を丸々視聴できてしまう1080円分のポイント を毎月受け取ることができ、こちらは大変お得感の強いオプションとなっています。

考え方によっては、実質0円かもしくはお金をもらって視聴できているということも言えますね!

当然、洋画以外の様々なジャンルも豊富に取り扱っており、動画で暇つぶしをしたいと考えている方は、登録しておいて損はありません。

30日間の無料お試し期間がありますので、気になる方は是非TSUTAYA TVを試してみてはいかがでしょうか??

TSUTAYA TVの無料お試しは下記バナーから

ギガで比較したおすすめNo.1 『ポケットWi-Fi(モバイルルーター)』発表!動画配信サービス見放題を実現!
この記事では、私たちが調査比較したおすすめの『ポケットWi-Fi』について紹介します。動画配信サービスを本当に見放題で楽しめるようになりますよ! スマホで動画配信サービスを使っていて通信制限が気になることってよくありますよね。 今月の容...

コメント

タイトルとURLをコピーしました