【2020年】『モータースポーツ』中継が見放題なおすすめ「動画配信サービス」を比較検証!

F1
記事カテゴリー

この記事では『モータースポーツ』を視聴できるおすすめの動画配信サービスを紹介します。

F1を始めとする『モータースポーツ』。かつては地上波で色々なカテゴリが放送されていましたが、最近はほとんど放送されていませんね。

今回は「今はどうやったら『モータースポーツ』を視聴できるの?」という疑問に答えていきます!実は動画配信サービスやCS放送を通じて、昔は視聴できなかったカテゴリも視聴できるのです!

\  DAZNの無料お試し期間でF1を楽しみましょう!  /

『モータースポーツ』を視聴できるおすすめの動画配信サービス

私がおすすめする動画配信サービスを紹介します。

おすすめの動画配信サービス『DAZN』

DAZNならモータースポーツの頂点「F1」に加え、育成カテゴリ「F2」「F3」もいつでもどこでも見放題な上、月額は1,750円(税込1,890円)。さらにドコモユーザーなら月額980円(税込 1,058円)と格安です!

おすすめの動画配信サービス『JSPORTS』

JSPORTS』は、動画配信サービスの中で最も多くのモータースポーツを放送しています!日本の2大カテゴリ 「スーパーGT」「スーパーフォーミュラ」を始め、WEC(ル・マン24時間)等多くのカテゴリを放送しています!さらにニュルブルクリンク24時間や、富士24時間レースなど、単発レースも放送しています。月額は2,400円と少し割高に感じますが、モータースポーツの多くを網羅するには欠かせません!

『モータースポーツ』を無料で視聴する方法

『モータースポーツ』は、かつてはフジテレビでのF1中継を始め、数多くのカテゴリが地上波で放送されていましたが、最近はDAZNやスカパー!での放送がほとんどで、完全に無料で視聴する方法はほとんどありません。

その中でも数少ない選択肢としては、『BSフジ』『テレビ東京』の2つが挙げられます。

『BSフジ』では日本のスーパーフォーミュラ
『テレビ東京』では日本のスーパーGT

がダイジェスト放送されています。ただし2つとも、見逃し配信がありません。また後者については生放送もありません。

また、ここ数年は

『BSフジ』でF1日本グランプリ
『NHK』でインディ500

が録画放送されていますが、こちらが2020年以降も行われるかは現状未定です。

『モータースポーツ』を見逃し配信含め、無料で視聴するには、動画配信サービスの「無料お試し期間」を活用する方法があります。「無料お試し期間」はサービスによって期間が異なりますが、およそ2週間~31日間ほどが多く、その期間中に解約すれば、違約金は原則発生しません。

注意したいのは解約のタイミングです。解約は無料期間ないに完了していなければなりません。なんらかの理由で期間内に完了しなかった場合は、翌月分の利用料が請求されるので、無料期間中に「やめようかな」と思ったらすぐに解約しましょう。

動画配信サービスで『モータースポーツ』を視聴するなら無料期間をうまく活用したいですね。後述するまとめでは、各動画配信サービスの無料お試し期間も記載していますので、参考にしてください。

『モータースポーツ』を視聴する方法まとめ カテゴリ別

動画配信サービス別に、放送しているカテゴリをまとめました。

サービス

月額料金

F1F2F3INDYFESFWEC
DAZN1750円
ドコモユーザ980円
JSPORTS2400円
基本料込2790円
フジテレビNEXT1200円
基本料込1590円
GAORA945円
基本料込1335円
G+900円
基本料込1340円
BSフジ無料
テレビ東京無料
Youtube無料
サービス

月額料金

SGTDTMWRCWTCRS耐MotoGP
DAZN1750円
ドコモユーザ980円
JSPORTS2400円
基本料込2790円
フジテレビNEXT1200円
基本料込1590円
GAORA945円
基本料込1335円
G+900円
基本料込1340円
BSフジ無料
テレビ東京無料
Youtube無料

あなたの観戦したいカテゴリは見つかりましたか?

次からはカテゴリ別に視聴方法と便利なサービスについて紹介します。

『モータースポーツ』カテゴリ別配信状況

「F1」カテゴリ別配信状況

配信している動画配信サービス

サービス月額料金ライブ配信見逃し配信フリー走行予選決勝日本語実況
DAZN1750円
ドコモユーザ980円
フジテレビNEXT1200円
基本料込1590円

モータースポーツの頂点であるF1。

日本では長年フジテレビが独占放送していましたが、現在はDAZNでも配信されています。

どちらも全セッション完全生中継されています。
詳しくはF1のページで解説していますが、フジテレビでは森脇基恭さんを始め、往年の解説者が現在でも解説を行っており、川井一仁さんによるF1チームも注目する細かな戦略解説が行われているのが魅力です。

他のスポーツも合わせてみたい・・・となるとDAZNの方がコストパフォーマンスは上と思われます。

「F1」を更に楽しむためのサービス「F1 OfficialApp」

F1公式のアプリ上でLive Timingが配信されています。年間3,200円と少し高い金額ですが、1レースにすると約150円であり、金額に値するコンテンツが用意されています。

セクター別のラップタイムはもちろん、コースのGPSマップさらにベストタイムとの比較、タイヤの履歴など、数多くの情報が配信されているのです。

さらに、他のカテゴリに無い画期的なポイントが!それは「見逃し配信」がある点です。そう、LiveTimingはあくまでラップタイムを生で配信するサービスなのですが、これすらもいつでもどこでも見逃し配信できるのです。

アメリカ大陸のレースなど、日本の深夜に行われるレースは、翌日録画視聴することも多いと思われますが、そんなときもテレビ画面と合わせて、アプリも見逃し配信をすることで、録画でも細かな情報を得ながら視聴することができるのです!

「F1」を更に楽しむためのサービス「DAZN F1 ZONE」

1個上で紹介したF1の公式アプリ、魅力満載ですが・・・

・3,200円は高い
・通勤中に見たいのに、レース映像と同時に見逃し視聴はできないじゃないか

こんな不満を解決するサービスが誕生しました!

その名も「DAZN F1 ZONE」です。これはDAZNの通常のF1放送とは別に専用チャンネルが設置され、1画面を4分割して視聴できるサービスです。

「DAZN F1 ZONE」の4画面
・通常のレース映像
・オンボード映像
・LiveTiming
・コースGPSマップ

つまり、「DAZN F1 ZONE」なら追加料金なしで「LiveTiming」のような情報が1画面でみれちゃうんです。

情報量は公式アプリの「LiveTiming」に劣りますが、画像をみて「このくらいで十分!」というあなたには非常におすすめです。間違いなくF1視聴がさらに!楽しくなりますよ!

「F2」カテゴリ別配信状況

配信している動画配信サービス

サービス月額料金ライブ配信見逃し配信フリー走行予選決勝日本語実況
DAZN1750円
ドコモユーザ980円

F1直下の育成カテゴリであるF2も、「DAZN」が始まってからは日本でも全セッション視聴が可能となりました!現在も日本で視聴するには「DAZN」一択となっています。

日本人ドライバーは、松下信治選手、角田裕毅選手、佐藤万璃音選手の3選手が出場しています。

F2は各ドライバーかなりアグレッシブな走りを見せているため、バトルが盛りだくさんで非常に面白いです。F1しか見ていない方も、是非一度見てみてください!

また、F1を見る方にとってはF2を見るメリットがあるんです。それは「F1直前の天候状況等が把握できる」ことです。

これまでは、F1のレース10分前になってようやく『今日は雨が降っている』等の情報が得られましたが、F2は日曜日のF1決勝4時間前にもレースが行われるため、朝の天候や路面状況がリアルタイムで把握できます!

「F2」を更に楽しむためのサービス「F2 LiveTiming」

F2も F1と同じく「LiveTiming」が配信されています。しかも無料です!公式HPからゲットできますよ。

見ての通りF1よりも情報量がかなり制限されていますが、ファンなら十分楽しめる内容となっています。

「F3」カテゴリ別配信状況

配信している動画配信サービス
サービス月額料金ライブ配信見逃し配信フリー走行予選決勝日本語実況
DAZN1750円
ドコモユーザ980円

F2の一つ下の育成カテゴリである「F3」こちらも、DAZNで全セッション独占配信されています。一昨年までは「GP3」という名称でしたが、これを「F3」に変更しました。

「F3」を更に楽しむためのサービス「F3 LiveTiming」

F3もF2と同様の内容で「LiveTiming」が配信されています。こちらも無料です。ちなみに画像はF2のものですのであしからず。

「INDYCAR」カテゴリ別配信状況

配信している動画配信サービス
サービス月額料金ライブ配信見逃し配信フリー走行予選決勝日本語実況
GAORA945円
基本料込1335円
△(※1)××

※1)オンデマンドで可能

あのインディ500で有名なアメリカのフォーミュラレースの頂点である「INDYCAR」。
スカパー!の「GAORAチャンネル」で、決勝のみ配信されています。

ロードコースはもちろん、オーバルコース、市街地コースなど、多種多様なサーキットで行われているのが特徴。また、他のモータースポーツと比べて、イエローコーション(セーフティカー)が入る頻度が高いため、戦略の重要度が増し、さらに大逆転の要素も多く、最後まで楽しめるレースとなっています。

GAORAのINDYCAR放送は、日本の他のモータースポーツ配信と比べても、非常に緻密に作られており、たくさんの情報を手にしながら見ることができます。

配信の緻密さとは打って変わって、実況・解説はとても緩く、視聴者を笑顔にしてくれる「居酒屋実況」としても有名です。笑

日本人ドライバーは、あの佐藤琢磨選手が出場しています。悲願のシリーズチャンピオンを獲得できるのか!?注目です。

「INDYCAR」を更に楽しむためのサービス「INDYCAR」アプリ

INDYCARの公式アプリです。ラップタイムやコースマップ、さらに各車のテレメトリーが配信されています。

残念ながら、日本では制限されているコンテンツもありますが、それでもLiveTimingとして十分楽しめる内容となっています。

「Formula-E」カテゴリ別配信状況

配信している動画配信サービス

サービス月額料金ライブ配信見逃し配信フリー走行予選決勝日本語実況
JSPORTS
2400円
基本料込2790円
△(※1)×
BSフジ無料××××

※1)オンデマンドで可能

近年、最も注目を集め、盛況となっているカテゴリがFormula-Eです。

電気車両によるレース・・・となると、少し寂しい気もしますが、現代社会に最も近いとして、
各自動車メーカーがどんどん参戦しています。アウディ、日産、BMW、ジャガー、メルセデス、ポルシェ・・・と、かつてのF1ワークス戦争の様です。

そんなFormula-Eは、現在JSPORTSで予選・決勝が生中継されています。また、2019-2020シーズンは、BSフジでも録画放送されています!

「Formula-E」を更に楽しむためのサービス「Formula-E LiveTiming」

Formula-Eも公式HP上でLiveTimingが無料で配信されています。

 

「スーパーフォーミュラ」カテゴリ別配信状況

 

配信している動画配信サービス

サービス月額料金ライブ配信見逃し配信フリー走行予選決勝日本語実況
JSPORTS
2400円
基本料込2790円
△(※1)×
BSフジ無料××××

日本のフォーミュラカーレースの頂点である「スーパーフォーミュラ」。

近年は世界中で注目が集まり、F1へあと一歩!という注目の外国人ドライバーも数多く参戦するようになり、レベルの高さにも要注目です。

現在はスカパー!のJSPORTSチャンネルで予選・決勝の完全生放送が行われています。また、BSフジでも決勝のみレース当日に録画放送が行われています。

「スーパーフォーミュラ」を更に楽しむためのサービス「スーパーフォーミュラ公式アプリ」

IOS・Android両方でスーパーフォーミュラの公式アプリがあります。

こちらでは、LiveTimingが無料で配信されています。情報量もセクター別のラップタイム・コース位置情報マップと無料の中では最も多くの情報が配信されています!

さらに! LiveTiming上でピエール北川さんによる場内実況放送を聞くことができます!

テレビの実況・解説も楽しいですが、現地にいる雰囲気を少しでも味わいたい!という方は場内実況を聞くという楽しみ方もできます。

「WEC/ル・マン24時間」カテゴリ別配信状況

配信している動画配信サービス

サービス月額料金ライブ配信見逃し配信フリー走行予選決勝日本語実況
JSPORTS
2400円
基本料込2790円
△(※1)×

ル・マン24時間レースで有名な「WEC世界耐久選手権」。
こちらはスカパー!のJSPORTSチャンネルで決勝の生放送が行われています。

「WEC」を更に楽しむためのサービス「WEC LiveTiming」

WECも公式HP上・そしてアプリでLiveTimingが配信されています。

無料でもラップタイムの確認はできるのですが、年間2,000円の有料登録をすると、好きな車のオンボード映像など更なるコンテンツも楽しむことができます!

「スーパーGT」カテゴリ別配信状況

配信している動画配信サービス

サービス月額料金ライブ配信見逃し配信フリー走行予選決勝日本語実況
JSPORTS
2400円
基本料込2790円
△(※1)×
テレビ東京
無料××××△(※2)

※1)オンデマンドで可能
※2)30分のダイジェスト

日本のツーリングカーレースの最高峰、「スーパーGT」。
近年では世界中で注目が集まり、元F1ドライバー等大物も数多く出場しています。

現在はスカパー!のJSPORTSチャンネルで予選・決勝の生放送が行われています。またJSPORTSオンデマンドでは、フリー走行から配信されています!

また、無料としては地上波のテレビ東京系列で、日曜日夜23時30分より、「Super GT +」という番組が毎週放送されており、こちらで各レースのダイジェスト放送が行われています。

「スーパーGT」を更に楽しむためのサービス「SuperGT LiveTiming」

IOS・Android両方でSuperGT公式アプリがあります。

こちらでは、LiveTimingが配信されています。情報量もセクター別のラップタイム・コース位置情報マップと多くの情報が配信されています。

さらに!LiveTiming上でピエール北川さんによる場内実況放送を聞くことができるのです!
テレビの実況・解説も楽しいですが、現地にいる雰囲気を少しでも味わいたい!という方は場内実況を聞くという楽しみ方もできるのです!

ただし1点残念なのは、スーパーフォーミュラと違い、年間980円の有料制となっています。年間8レースですので、1レース約120円ですね。SuperGTをより楽しむためには課金もおすすめです!

「DTM」カテゴリ別配信状況

配信している動画配信サービス

サービス月額料金ライブ配信見逃し配信フリー走行予選決勝日本語実況
JSPORTS2400円
基本料込2790円
×△(※1)××△(※2)

※1)オンデマンドで可能
※2)30分のダイジェスト

ドイツのツーリングカーレースの最高峰、「DTM」
BMWとアウディが激しく争っており、ここ数年は日本のSuperGTと規則を合わせて交流戦を行うまでに発展しています。

しかし、2020年限りでアウディの撤退が決定し、シリーズの存続が危ぶまれています。
日本ではスカパー!のJSPORTSチャンネルで、長年決勝のダイジェスト放送が行われております。

DTMは土曜と日曜両方にレースが行われています。
2019年は、SuperGTとの交流戦で注目が集まったことにより、JSPORTSでは
日曜日の決勝レースを生中継し、その放送前に土曜日のレースをダイジェスト放送していましたが、
シリーズ存続が危ぶまれる2020年も同様の形態が取られるかは未定です。

DTM」を更に楽しむためのサービス「DTM youtubeチャンネル」

DTMでは、LiveTimingを専用ページやアプリでの配信は行われていませんが、youtube上でライブ配信されています。

「WRC」カテゴリ別配信状況

配信している動画配信サービス

サービス月額料金ライブ配信見逃し配信フリー走行予選決勝日本語実況
JSPORTS2400円
基本料込2790円
△(※)

※)オンデマンドで可能

トヨタがチャンピオンを獲得したことで注目の集まる、WRC世界ラリー選手権。
日本ではスカパー!のJSPORTSチャンネルで長年放送されています。
競技の特性上、全セッション完全生中継とはいきませんが、年々拡大されており、厳選されたステージ+テレビ放送用のパワーステージが全戦生中継されています!
また、大会終了後には全ステージを網羅したダイジェスト放送もたっぷり行われています。

「WRC」を更に楽しむためのサービス「WRC LiveTiming」

WRCでは公式HP上で無料でLiveTimingが配信されています。

「WTCR」カテゴリ別配信状況

配信している動画配信サービス

サービス月額料金ライブ配信見逃し配信フリー走行予選決勝日本語実況
JSPORTS2400円
基本料込2790円
△(※)××

※)オンデマンドで可能

純粋な市販車に近い形でのツーリングカーレースの最高峰である WTCR。
現在日本では スカパー!のJSPORTSチャンネルで全戦放送が行われています。
生放送と録画放送が半分ずつくらいといった状況です。

WTCR」を更に楽しむためのサービス「WTCR LiveTiming

WTCRでも公式HP上で無料でLiveTimingが配信されています。

「スーパー耐久」カテゴリ別配信状況

配信している動画配信サービス

サービス月額料金ライブ配信見逃し配信フリー走行予選決勝日本語実況
YouTube無料××

市販車に近い形、そしてプロからアマチュアまで幅広い層が出場しており。気軽に楽しめるレース、スーパー耐久。
こちらは公式youtubeチャンネル上で全戦生放送されています。

「MotoGP」カテゴリ別配信状況

配信している動画配信サービス

サービス月額料金ライブ配信見逃し配信フリー走行予選決勝日本語実況
 G+900円
基本料込1340円
△(※)×

※)オンデマンドで可能

2輪レースの最高峰、MotoGP。
日本では長年日本テレビ系列で放送されており、現在もスカパー!のG+で予選・決勝をMoto3、Moto2含め全クラス生放送されています。

MotoGP」を更に楽しむためのサービス「MotoGP タイミングパス

MotoGPでも公式HP上・そしてアプリでLiveTimingが配信されています。
ただし、無料では公開されておらず、年間17.99ユーロ(約2,100円)のタイミングパスを購入する必要があります。

「その他」カテゴリ別配信状況

デイトナ24時間レース

配信している動画配信サービス

サービス月額料金ライブ配信見逃し配信フリー走行予選決勝日本語実況
JSPORTS2400円
基本料込2790円
△(※)××

※)オンデマンドで可能

ニュルブルクリンク24時間レース

配信している動画配信サービス

サービス月額料金ライブ配信見逃し配信フリー走行予選決勝日本語実況
JSPORTS2400円
基本料込2790円
△(※)××

※)オンデマンドで可能

スパ24時間レース

配信している動画配信サービス

サービス月額料金ライブ配信見逃し配信フリー走行予選決勝日本語実況
JSPORTS2400円
基本料込2790円
△(※)××

※)オンデマンドで可能

富士24時間レース

配信している動画配信サービス

サービス月額料金ライブ配信見逃し配信フリー走行予選決勝日本語実況
JSPORTS2400円
基本料込2790円
△(※)××

※)オンデマンドで可能

ラリークロス

配信している動画配信サービス

公式HP上

 

FIMスーパーバイク選手権

配信している動画配信サービス

サービス月額料金ライブ配信見逃し配信フリー走行予選決勝日本語実況
JSPORTS2400円
基本料込2790円
×△(※)××

※)オンデマンドで可能

NASCAR

配信している動画配信サービス

なし

※長年G+で放送されてきたNASCARですが、G+は2019年限りで放送終了してしまいました。
代わりに放映権を獲得した局もなく、残念ながら現在日本で視聴する方法はありません。

V8スーパーカー

配信している動画配信サービス

サービス月額料金ライブ配信見逃し配信フリー走行予選決勝日本語実況
DAZN1750円
ドコモユーザ980円
××××

※2020年の放送については、現在未定です。

ポルシェスーパーカップ

配信している動画配信サービス

サービス月額料金ライブ配信見逃し配信フリー走行予選決勝日本語実況
DAZN1750円
ドコモユーザ980円
××××

※2020年の放送については、現在未定です。

スーパーフォーミュラライツ(全日本F3選手権から名称変更)

配信している動画配信サービス

サービス月額料金ライブ配信見逃し配信フリー走行予選決勝日本語実況
YouTube無料××

※2020年の放送については、現在未定です。

インタープロト

配信している動画配信サービス

サービス月額料金ライブ配信見逃し配信フリー走行予選決勝日本語実況
JSPORTS2400円
基本料込2790円
×△(※1)××○(※2)

※1)オンデマンドで可能
※2)30分のダイジェスト

※2020年の放送については、現在未定です。

まとめ

『モータースポーツ』を視聴する方法とおすすめの動画配信サービスを紹介しました。

個人的には数多くのモータースポーツカテゴリが視聴できる『JSPORTS』がおすすめです。
ただ、F1は放送されていませんので、JSPORTSに加えて、DAZNかフジテレビNEXTの契約というのが最もおすすめな形だと思います。

もちろん、「F1よりINDYCARやMotoGPも見たい!」という方はGAORAやG+の契約をおすすめします!

 

\ 「DAZN」の無料お試し期間で『モータースポーツ』を視聴  /

コメント

タイトルとURLをコピーしました