『観劇三昧』の月額料金は?見放題の無料お試し期間フル活用!契約に関する疑問徹底まとめ

動画配信サービス各社の特徴紹介
記事カテゴリー

動画配信サービスの『観劇三昧』は、日本の株式会社ネクステージが運営しており、「スマホ・タブレットが劇場に」がコンセプトのインターネット上で演劇動画を視聴できるオンライン観劇サービスです。

ネクステージは演劇グッズを販売している店舗も同じ観劇三昧という名称で運営しており、演劇関連の事業を積極的に行っています。

本記事ではその『観劇三昧』について、加入する前に知っておきたい 「メリット・デメリット」「月額料金」「支払い方法」「配信コンテンツ」「アカウントと同時視聴について」の5つを軸に私が利用して感じていることをまとめてみました!

※本記事はあくまでも私見による内容を含みますので、実際のご利用は自己責任にてお願いします。

\  観劇三昧を無料お試しで視聴  /

『観劇三昧』のおすすめポイント(メリット)と残念なこと(デメリット)

まずは『観劇三昧』のメリットとデメリットを紹介しましょう。

観劇三昧のおすすめポイント(メリット)観劇三昧昧の残念なこと(デメリット)
・劇場に行かなくても演劇が楽しめる
・小劇場演劇に特化しており、そんなに有名ではない人の出演作品を見られる
・全国365劇団、計1200本以上を楽しめる
・無料で130作品を楽しめるフリープランもある
・ダウンロード機能があり、オフラインでも視聴できる
・有名な劇団を見ることはできない
・観劇以外のジャンルは視聴できない
・見放題プランの無料期間がない

『観劇三昧』のおすすめポイント(メリット)

『観劇三昧』は小劇場演劇に特化した「演劇専門」の動画配信サービスです。このジャンルに特化している動画配信サービスは他にありませんから観劇ファンは要注目です。

観劇というと、どうしても劇場に足を運ばなければ見ることはできません。しかし、中には地方在住でなかなか見る機会がないなど、アクセスの難しさは課題の1つとしてあります。また、観劇ファンは高齢者にも多いのですが、足が悪いためなかなか遠出できないというようなこともありますね。

しかし、『観劇三昧』に登録をすれば、月額980円で計1200本以上の観劇が見放題となります!実際に観劇を見るとなると、交通費や入館料や色々とかかってきますから、1本見るだけでも十分にペイできる金額ですね!

『観劇三昧』の残念なこと(デメリット)

ジャンルに特化しているため、演劇以外のジャンルは視聴できません。月額料金から考えても、観劇に興味がない人が登録をしたところであまりメリットはありません。

また、観劇ファンであってもいくつかのデメリットがあります。1つは、有名な公演は見ることができないということです。これは、『観劇三昧』昧が小劇場演劇に特化しているためであり、観劇ファンの中でもよりマニア向けのサービスとなっています。

『観劇三昧』の評判は?良いの?悪いの?

上記で紹介した以外にも、実際のユーザーの声として、評判や口コミをいくつか紹介いたします!

●『観劇三昧』評価の高い評判・口コミ
・観劇に興味がなかったけど、無料視聴を試してみたら予想外にハマってしまい、今では見放題プランに加入。毎日1作品のペースで楽しんでいます。
・劇場で見ていると、隣の人がうるさかったり臭かったりして、集中できないこともあるが、どこでも場所を選ばずに見られるので、その心配がない。

●『観劇三昧』評価の低い評判・口コミ
・劇団独自で撮影をしている映像だからか、カメラのクオリティがイマイチで画質が悪いものもある
・当たり前だが、画面越しでは生の雰囲気を味わうことができない。

『観劇三昧』の特徴が見えてきましたね。 劇団ファンという限られた層の、さらにマイナーな作品好きという部分に特化したサービスとなっています。そのため、万人が加入すべきかと言われればそんなことはないでしょう。しかし、逆に興味がある!という方は加入必須と考えていいでしょう。何しろ、月額たったの980円で見放題ですからね。

ほかにも、文化祭で舞台や劇を披露するから、そのために勉強をしたいというような学生も文化祭までという期間を絞って加入してみるのもいいのではないでしょうか。

無料で視聴できる作品も100本以上ありますので、そちら利用から始めてみるのもオススメです。

『観劇三昧』の月額料金と日割り計算の有無は

『観劇三昧』は、フリープラン(ライト会員)と見放題プラン(スタンダード会員)の2つのプランが用意されています。

フリープランは会員登録をすれば、無料で100本以上の作品を視聴できます。また、それ以外の作品も 冒頭の3分間は視聴ができます。

見放題プランは、月額980円(税込み)です。

すべての動画が見放題となります。

『観劇三昧』昧の無料視聴期間

『観劇三昧』には、残念ながら無料期間はありません。

動画配信サービスには通常、初めて登録する人向けに、登録してから最初の1ヶ月間などが無料になる場合がありますが、観劇三昧にはそのようなシステムはありません。

そのため、月額会員(スタンダード会員)に登録したその月から月額料金980円が発生します。

また、月額会員以外に無料の一般会員もあります。会員登録自体は無料ですので、有料登録前に無料作品だけを視聴するということもできます。

『観劇三昧』でどんな映像を視聴できるのか、手持ちのスマホで快適に視聴できるかどうかなど、無料でお試しをしてみたい場合は、まずは無料会員登録をして無料作品を視聴してみましょう。

\  観劇三昧を無料お試しで視聴  /

未成年での『観劇三昧』への登録は可能?学割はある?

『観劇三昧』の登録に年齢制限はありません。

未成年でクレジットカードを持っていない場合は、キャリア決済を利用するか、アプリ決済を利用すれば登録することができます。また、『観劇三昧』には学割や学生向けのキャンペーンは開催されていません。

『観劇三昧』の支払い方法は?クレジットがなくても決済は可能?

『観劇三昧』の支払い方法は、アプリ決済(Google PlayもしくはApple ID)、クレジットカード払い、PayPal、銀行振込、ライセンスカードの中から選択することができます。

ライセンスカードは、演劇グッズ専門店の「観劇三昧店舗」にて販売されています。

『観劇三昧』の作品数・コンテンツの内容は?

『観劇三昧』の作品数は、1200作品以上の演劇動画が配信されています。

2018年の7月に1,000作品を突破したときは、雑誌などでも紹介されたほどです。オンラインで演劇が視聴できるサービスとしては、配信作品数は大変多いと言えるでしょう。

『観劇三昧』が配信している演劇は、日本全国の300以上の劇団となっています。本格的に演劇を楽しみたいという人にも満足できるボリュームですね。

『観劇三昧』が強いジャンル

『観劇三昧』は演劇作品の配信に特化した動画配信サービスです。
映画や、ドラマ・アニメなどのテレビ番組系の動画はありませんが、演劇作品に関しては他の動画サイトにはない品揃えです。

実際に舞台でパフォーマンスされた映像が収録されていますので、作品のクオリティも非常に高いです。演劇が好きな人、演劇とはどういうものなのか興味がある人に対しておすすめできるサービスです。

『観劇三昧』のアカウントと同時視聴はどうなってる?

『観劇三昧』は複数端末での同時視聴はできません。
利用規約にその旨は明記されているので注意をしましょう。

規約を破ると、最悪の場合強制解約になることもありますよ。

まとめ

『観劇三昧』は月額980円で、演劇作品が見放題で楽しめるサービスです。演劇ファンだけど、なかなか現地に足を運んでみることができないという方にとっては、非常にいいサービスなのではないでしょうか。

また、まだまだ演劇に全く興味がない、という人も見限るのは早いかもしれません。というのも、無料で視聴できる作品も多数あるためです。それを実際に視聴してみて、演劇に興味を持つかもしれません。そこから加入してみてもいいでしょう!

 \  観劇三昧を無料お試しで視聴  /

コメント

タイトルとURLをコピーしました