『VideoMarket』の月額料金は?見放題の無料お試し期間フル活用!契約に関する疑問徹底まとめ

動画配信サービス各社の特徴紹介
記事カテゴリー
動画配信サービスの『VideoMarket』は、日本の株式会社ビデオマーケットが運営しています。2005年に設立された会社で、ガラケー時代から動画を配信するサービスを継続的に運営しています。 『VideoMarket』は色々なジャンルの動画を配信しており、安心して利用できるため人気の動画サービスとなっています。しかし、他にも似たような動画配信サービスがあり、どれが自分に最適なのか悩んでしまいますよね! そこで本記事では『VideoMarket』について、加入する前に知っておきたい 「メリット・デメリット」「月額料金」「 支払い方法」「配信コンテンツ」「アカウントと同時視聴について」の5つを軸に私が利用して感じていることをまとめてみました!

『VideoMarket』の月額料金と日割り計算の有無は

『VideoMarket』の料金プランは2つに分けられます。 プレミアムコース=月額500円(税込540円) プレミアム&見放題コース=980円(税込1,058円) プレミアムコースだと、毎月540円分のポイントが付与され、それを用いて動画を購入する形で視聴ができます。プレミアム&見放題コースでは、上記のポイントに加え、約2万本の作品が見放題となります。 『VideoMarket』では、月初から月末までの1ヶ月単位での契約となります。 日割りでの支払いは適用されず、最初に利用をしたときの無料期間が過ぎたその日を起点にして月額料金が発生するのです。つまり、ビデオパスの利用期間は月初から月までの1ヶ月間ということになりますので、できるだけ月初の早いうちに登録したほうが視聴できる日数が多くなるということです。 ひとつ例を紹介しましょう。 もし8月1日に登録した場合は、無料期間が終了するのが9月の月初となりますので、初月を丸々利用することができます。しかし、仮に8月20日に登録した場合は無料期間後の初月は10日間ぐらいで1ヶ月目の料金がかかることになるのです。 ちなみに、解約月はその月末まで視聴できますので、解約するタイミングが早すぎると利用できる日数が短くなるわけではありません。

『VideoMarket』の無料視聴期間

『VideoMarket』の無料視聴ができる期間は最初の1ヶ月間です。 つまり、最初に登録した月は発生しません。 登録した翌月から最初の1ヶ月分の月額料金が課金されるシステムになっています。 もちろん無料期間内に解約すれば、一切料金は必要ありませんので安心です。ただし、最初から無料期間内でやめるつもりであっても、最初に支払い方法を登録する必要はあります。 たとえば、クレジットカードならカード番号の支払い方法の登録を行い、継続課金ができる状態になってから利用を開始します。その最初の1ヶ月は課金が行われないというシステムです。無料期間で退会しようと思っても、気がついたら日にちが過ぎているということがありますので注意してください。

未成年での『VideoMarket』の登録は可能?学割はある?

『VideoMarket』登録自体に年齢制限はありませんので誰でも登録することができます。 もし未成年でまだクレジットカードを持っていないという場合は、携帯電話料金と合算して支払いをすることもできます。 携帯決済はドコモ、ソフトバンク、auの全てに対応していますので便利です。 『VideoMarket』には学割や学生向けのキャンペーンは開催されていません。

『VideoMarket』の支払い方法は?クレジットがなくても決済は可能?

『VideoMarket』の支払いはクレジットカード払いが基本です。・クレジットカード払い ・ドコモケータイ払い ・auかんたん決済 ・ソフトバンクまとめて支払い・Yモバイルまとめて支払い クレジットカード払いの他に大手3社の携帯決済に対応しています。 ガラケー時代からモバイルで動画配信をしていた会社なので携帯決済が使えるのはうれしいところです。 支払い方法が豊富なので利用しやすい動画配信サービスと言えます。

『VideoMarket』のおすすめポイント(メリット)と残念なこと(デメリット)

まずは『VideoMarket』のメリットとデメリットを紹介しましょう。
VideoMarketのおすすめポイント(メリット)VideoMarketの残念なこと(デメリット)
・初月は月額無料・高画質(フルHDで楽しめる)・様々な端末から視聴可能・配信動画数20万本以上という驚異の作品数・無料作品も1万本以上ある・PCで倍速視聴も可能・毎月540円分のポイントをもらえる・ダウンロード再生ができない・PC以外での倍速視聴ができない・見放題プランで視聴できる作品数が少ない・セキュリティ面での不安がある

『VideoMarket』のおすすめポイント(メリット)

『VideoMarket』の動画数は約20万本と、国内最大級のボリュームを誇ります。これだけ多くの作品があれば、まず飽きてしまうということはないでしょう。特に映画には強みがあり、1万本近くの作品を扱っています。また、これだけ多くの作品数があるのは、マイナーなジャンルも扱っているからであります。実際に、他の動画配信サービスでは扱っていないようなニッチなジャンルの作品もあり、その中にお宝とも言うべき作品がまぎれているかもしれません。 また、PCのブラウザでの視聴という条件はつきますが、倍速再生が可能というのは、業界でも珍しいオプションです。0.5~2.0の5段階で速さを選ぶことができ、お好みのペースで視聴できるのはありがたいですね。

『VideoMarket』の残念なこと(デメリット)

非常に多くの作品数を扱っていると述べましたが、一方で定額の見放題プランに加入しても、そこで視聴できる作品数はおよそ2万本程度しかありません。その中でも特に韓流ドラマを扱っているため、このジャンルに興味がない人にとってはややデメリットになるかという印象です。 また、ダウンロード再生ができないというのも懸念点。そうなると、通信速度制限も気にしなければならなくなります。高画質なのが魅力ですが、パケットを気にするあまり画質を落としてみるという判断をしなければならないかもしれません。

『VideoMarket』の評判は?良いの?悪いの?

さて、私からの感想ばかりでは、見解に偏りが出てしまいますので、私以外のご利用者様の『VideoMarket』の評判も下記で少し紹介してみようと思います。  『VideoMarket』 評価の高い評判・口コミ ・毎月付与されるポイントの有効期限が半年もあるので、急いで使わずに済む! ・1つのアカウントでも、違う作品ならば違う端末でも同時に視聴できた! ・とにかく画質が良い!画質優先で考えるならば、絶対オススメ! 『VideoMarket』 評価の高い評判・口コミ ・作品数が豊富な分、観たい動画が多い。どうしても個別課金してポイント以上に作品を視聴してしまうのでもっとたくさんのポイントが欲しい ・見放題の動画よりも、個別購入の作品の方が面白い! ・動画は移動時に観たいのに、PC以外だと倍速再生ができない。
『VideoMarket』は、その豊富な作品数が圧倒的な魅力となっていることがよく分かりますね。だからこそ、観たいものが多すぎて、ポイント以上に課金をしてしまうという悩みもあるようです。しかし、それだけ面白い動画作品が用意されているということは、動画配信サービスにとっては強力な長所であると言えるでしょう。
ほかにも画質の綺麗さや倍速再生機能など、高い付加価値もあるサービスという印象を受けます。若干月額料金は高く感じる部分もありますが、その分もしっかりカバーされるだけの充実したオプションが揃っているのではないでしょうか。

『VideoMarket』の作品数・コンテンツの内容は?

『VideoMarket』の作品数は20万本程度と大変豊富です。 『VideoMarket』で配信されている作品は、月額料金で見放題になる作品と、ポイント消費作品に分かれています。 見放題プランでは、見放題になる動画に加えて、毎月ポイントが付与されますので個別課金の作品も月額料金の範囲内で何作品か見ることができます。 U-NEXTやdTVと比べても多いため、とにかく配信数が多い動画サイトを利用したい人におすすめです。 『VideoMarket』月額料金は少し高めとはなりますが色々な作品が見れます。 そのため、本格的に映像コンテンツを楽しみたいと考えている人や、家族で楽しみたいと考えている人におすすめできる動画配信サービスとなっています。

『VideoMarket』が強いジャンル

『VideoMarket』は様々なジャンルの動画がバランスよく配信されている動画配信サービスです。 映画やドラマは国内作品と海外作品どちらも視聴することができますし、アニメ作品もカバーしています。 国内のテレビ局で考えると、NHKとフジテレビの作品については専用のプランが用意されていますので『VideoMarket』が強いジャンルとなっています。

『VideoMarket』のアカウントと同時視聴はどうなってる?

『VideoMarket』では複数端末による同時視聴が可能です。 しかし、同一の作品を同時に視聴するのはできません。そのため、1つの画面だと小さくて見づらいから・・・ということで、1つのアカウントをシェアしてそれぞれの画面で見ようと思っても、それはできないのです。 それぞれ別の動画を見るのであれば、問題なく同時視聴することができます。

まとめ

『VideoMarket』は知名度で言うと、他の動画配信サービスに若干劣る部分があります。しかし、その長い歴史と、扱っている作品数の多さは圧倒的です。何か観たい動画がある時、どこを探せば視聴できるかと言えば、おそらく『VideoMarket』が最も可能性が高いと言えるでしょう。 1か月以内であれば、無料で視聴することも可能です。興味のある方は、是非登録をしてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました