『TELASA』(旧ビデオパス)の月額料金は?見放題の無料お試し期間フル活用!契約に関する疑問徹底まとめ

動画配信サービス各社の特徴紹介
記事カテゴリー

この記事では「TELASA」の月額料金や無料期間などについて分かりやすくまとめています。

そこで本記事では「TELASA」について、加入する前に知っておきたい「メリット・デメリット」「月額料金」「支払い方法」「配信コンテンツ」「アカウントと同時視聴について」の5つを軸に私が利用して感じていることをまとめてみました!

『TELASA』の新着・キャンペーン情報

【新着情報】 2020.09.01更新情報
・『僕のヒーローアカデミア』オリジナルアニメ 全4話好評配信中!
・テレビ朝日開局60周年 連続ドラマ『24 JAPAN』2020年10月9日より放送!
【キャンペーン情報】
・現在キャンペーンはありません

『TELASA』とは

「TELASA」とは、スマホキャリアで有名なKDDIとテレビ朝日が共同出資した新しい動画配信サービスです。以前は「ビデオパス」という名前でしたが、サービス名の変更とともに内容も大きく変わっています。

『ビデオパス』のコンテンツ内容

準備中です

『ビデオパス』の月額料金と日割り計算の有無は

『ビデオパス』の月額料金は、562円(税抜き)です。税込みだと606円になります。

『ビデオパス』では、月初から月末までの1ヶ月単位での契約となります。
日割りでの支払いは適用されず、最初に利用をしたときの無料期間が過ぎたその日を起点にして、月額料金が発生します。

『ビデオパス』の利用期間は月初から月末までの1ヶ月間ですので、できるだけ月初の早いうちに登録したほうが視聴できる日数が多くなります。

たとえば、8月1日に登録した場合でも8月20日に登録した場合でも1ヶ月目の料金は同じですが、月初のほうが長く視聴できます。

解約月はその月末まで視聴できますので、解約するタイミングが早すぎると利用できる日数が短くなるということはありません。ただし、無料期間中は解約したらその日から視聴できなくなってしまいます。

『ビデオパス』の無料視聴期間

『ビデオパス』の無料視聴ができる期間は30日間です。

『ビデオパス』に初めて加入する人に限り無料期間があります。過去に『ビデオパス』スに登録したことがある人は無料期間は適用されず、最初から月額料金が発生しますので注意してください。

無料期間内に解約した場合は料金がかかりません。

ひとつ気をつけていただきたいのは無料期間で解約するつもりで利用する場合でも支払い方法の登録は必要になるということです。 会員情報の登録を行い、継続課金ができる状態になってから利用を開始し、その最初の30日間は課金が行われないというシステムです。

無料期間で退会しようと思っていても、最初の月額料金が課金になってしまうということがあります。

気がついたら無料期間が終わっていたということがないようにしましょう。

未成年での『ビデオパス』への登録は可能?学割はある?

『ビデオパス』の登録に年齢制限はありません。
また、『ビデオパス』には学割や学生向けのキャンペーンは開催されていません。

『ビデオパス』の支払い方法は?クレジットがなくても決済は可能?

『ビデオパス』の支払い方法はauかんたん決済かクレジットカード払いの2通りがあります。

auかんたん決済とは、auの携帯電話料金と合算して請求される支払い方法です。auの携帯電話料金は自動引き落としやクレジットカードなど様々な支払い方法が利用できます。auユーザーの方はこちらの支払い方法を選択する方が多いようです。

一方で、Wow!IDから『ビデオパス』に登録している人は、クレジットカード払いしか選択できません。

『ビデオパス』のおすすめポイント(メリット)と残念なこと(デメリット)

まずは『ビデオパス』のメリットとデメリットを紹介しましょう。

ビデオパスおすすめポイント(メリット)ビデオパス残念なこと(デメリット)
・月額料金が安い
・新作が視聴できるビデオコインが毎月もらえる
・色々なデバイスで視聴できる
・毎月ポイントが付与されるので見放題に入らない新作や話題作も月額料金の範囲内で視聴可能
・映画館の割引特典もある
・ダウンロード視聴が可能
・視聴できる作品数が少ない
・画質があまりよくない
・同時視聴ができない

『ビデオパス』のおすすめポイント(メリット)

『ビデオパス』は、月額562円(税抜き)という安い価格で、約10,000本の動画を楽しむことができます。ここで1番のメリットになるのが、毎月540円分のコインをもらえるということです。このコインを使うと、見放題プランで見ることができない新作の動画も視聴することができます。これは、dTVなどの類似サービスにはない魅力であり、『ビデオパス』の大きな強みと言えるでしょう。

また、ダウンロード視聴が可能な点も見逃せません。スマホに動画をダウンロードしておけば、オフラインの環境であっても視聴を楽しむことができます。電車内やビル内などは、電波が悪くなっているところもあります。そういった状況でも、気にせず視聴できるのです。

『ビデオパス』の残念なこと(デメリット)

『ビデオパス』の競合サービスには、dTVがあります。dTVは月額500円(税抜き)で『ビデオパス』よりも安いのに対して、動画の本数は12万本ということで、圧倒的なコンテンツ数の差があります。この作品数の少なさは1つデメリットと言えるでしょう。

しかし、実際にはどれだけの時間をかけても、10000本全て見切るというのは不可能です。むしろ、ある程度選択肢が絞られているから、動画を選びやすいと捉えることもできます。

『ビデオパス』の評判は?良いの?悪いの?

さて、私からの感想ばかりでは、見解に偏りが出てしまいますので、私以外のご利用者様の『U-NEXT』の評判も下記で少し紹介してみようと思います。

『ビデオパス』評価の高い評判・口コミ

・以前はauユーザー以外は利用できなかったが、現在は誰でも利用できるようになった!
・毎週月曜日はTOHOシネマズの映画鑑賞料金が700円割引になる!これは素晴らしい!
・曜日を問わず、ユナイテッドシネマの映画鑑賞料金が400円割引になる!
・テレ朝と連携しているので、ドラマの見逃し配信が豊富!

『ビデオパス』評価の低い評判・口コミ

・1つの端末でしか観ることができないので、家族で一緒に楽しむことができない
・画質があまりよろしくない。
・auユーザーでない場合、Wow!IDをもっていないと視聴できず、別サイトの登録をしなければならないのが面倒くさい

 

安さの魅力もさることながら、映画館での割引というオプションは、他のサービスにはない『ビデオパス』の優位性を高める魅力なのではないでしょうか。映画館に定期的に通うという方にとっては、見逃せないポイントとなるはずです!

 

また、ダウンロード視聴が可能というのは意外とポイントが高いです。

というのは、会社のオフィス内とかって結構電波が悪くて、昼休憩中にスマートフォンを操作しても重たくてイライラするということもありますからね・・・。しかし、事前にダウンロードしておけば、電波状況を気にせず動画を観ることができます!

アプリの操作感やコンテンツの充実度など、レビューをみるとわかることがたくさんありますね。
それでは引き続き、当サイトが独自に調査した各項目を見ていきましょう。

『ビデオパス』の作品数・コンテンツの内容は?

『ビデオパス』スの見放題作品数は1万本程度が配信されています。見放題作品以外に個別レンタルの作品もありますので、個別課金作品も含めると配信動画数は多くなります。

また、『ビデオパス』ではビデオコインが540円相当分毎月もらえますので、レンタル作品から1作品選んで見ることができます。

U-NEXTのような大型のサイトと比べると見放題作品数は少なめですが、新作レンタルと合わせて利用することでコストパフォーマンスは高いと言えるでしょう。

コンテンツの内容は、以下の通りで、非常に幅広いジャンルを扱っています。

・洋画
・邦画
・テレビドラマ
・アニメ
・キッズ
・音楽、お笑い

『ビデオパス』!が強いジャンル

『ビデオパス』は映画、ドラマ、アニメ、音楽と様々なジャンルの動画がバランスよく配信されている動画配信サービスです。

映画やドラマについては、auセレクションとして特集のようなものが組まれていることもあり、今まで知らなかった作品に出会うこともできます。

『ビデオパス』のアカウントと同時視聴はどうなってる?

『ビデオパス』では、複数の端末からの同時視聴はできません。

まとめ

『ビデオパス』は、以前はauユーザー以外は利用できなかったのですが、現在はすべての方が利用可能な動画配信サービスとなっています。類似サービスといわれるdTVに比べると、月額料金は若干高く、扱う作品数は圧倒的に少ないというデメリットがありますが、それを補って余りあるだけのオプションを用意しています。

その筆頭候補が、映画の割引です。割引額も非常に大きく、映画好きにはたまらないでしょう。月曜日にTOHOシネマの映画を観に行った場合は700円割引となり、月額料金の支払いを超えてしまいますからね。おつりが出てくるようなものです。

また、作品数は少ないと言えども、10,000本は取り扱いがあります。ジャンルも非常に豊富なため、それをデメリットとして実感することはあまりないのではないでしょうか。

「ビデオパスが気になる!」という方は、30日間の無料お試し期間がありますので、是非試してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました