動画配信サービスでよく使われる『用語』一覧

動画配信を楽しむために
記事カテゴリー

動画配信サービスってなんだか聞きなれない単語や専門用語がいくつも出てきますよね。
そこで、ここでは動画配信サービスに関する様々な『用語』を解説します。

ア行の動画配信サービス『用語』

アクトビラ

株式会社アクトビラが提供している動画配信サービスを「アクトビラ」と呼びます(acTVila)。テレビをインターネットに接続すれば、動画をダウンロードして見ることができます。動画には、一定期間だけ見ることができるレンタルとずっと無制限で保存できるダビングがあります。料金が異なりますが、お好みの方を選んで楽しむことができます。

Apple TV

アップル社が製造しているセットトップボックス(STB)のこと。発売されたのは2015年10月。自宅のテレビに接続すれば、youtubeなどを見ることができ、iTunes機能もありますので、音楽を楽しむこともできます。32GBと64GBの2種類があり、ストリーミングによる再生のため、大容量は必要ありません。

アーカイブ

写真や動画ファイル、資料などを保管・管理すること。一般的にはデジタルデータに変換することがほとんどです。「複数のファイルをひとつにまとめること」、「紙やフィルム、現像された写真などをパソコンで閲覧できる形式にすること」、「元からデジタルで作成されたデータを後からも使用できるように保管すること」など、様々な方法があります。

アーカイブ視聴

動画(映画やテレビ番組)を保存して、あとから好きな時間に見ること。

アスペクト比

画面や映像の縦横の比率のこと。パソコン・スマートフォンのディスプレイやそこに映し出される映像の比率を表すときに使われます。

アップロード

動画ファイルや写真などのデータを契約しているサーバーにコピーもしくは移動させること。

R指定

映画やドラマで表示される年齢制限の等級のこと。R18と表示されている場合は、18歳未満は鑑賞不可という意味になります。暴力的な表現や性的な表現が多く収録されている映画に設定されていることが多くあります。

衛生放送

情報を配信するために、人工衛星を利用する放送のこと。人工衛星は赤道の上空約36,000のあたりにあり、各家庭に直接電波を送ります。山やビルなどがあっても問題なく電波を届けられます。そのため災害にも強いく、大容量の情報伝達も可能となてちます。

HD

HDとは、High Definitionのことです。ハイデフとも呼ばれます。映像の画質の高さを表す言葉に使われています。地上デジタル放送やBSデジタル放送など、アナログ放送に比較して使われることがあります。

SD

テレビの映像や画質、解像度を表す言葉のことで、Standard Definition Televisionの略称です。HDが高画質、高精度であることに対し、SDは従来のアログテレビ放送やビデオテープなどの標準画質に使用されます。

SVOD

定額動画配信のこと。(Subscription Video on Demand)。定額制なので、いくらでも見たい時や聞きたい時に利用することができます。パソコンやスマートフォンなので再生することも可能です。

NVOD

複数のチャンネルを使用することで、番組の時間をずらしながら放送することです。時間を空けて、同じ番組を放送するので、視聴者が見たい時間に見ることができるという良さがあります。

エッジサーバー

オリジナルのデータを保有することなく、負荷を分散するためコンテンツをキャッシュして配信するために設置された配信用サーバーのこと。一般的には複数地点に設置される。キャッシュサーバーとも呼びます。

エンコード

人間が理解できる文字や音声、映像といったアナログ情報をコンピューターが認識できるデジタル情報に変換すること。ストリーミング配信やダウンロード販売を可能な形式に変換する、音声や動画データの圧縮、データの暗号化、動画や音声を再生に使う機器が対応している形式に変換する作業もエンコードといいます。これらの変換に使う装置(パソコン・入力機器・ソフトウェア)を総称してエンコーダーと呼びます。

オフライン再生

インターネットをつながないままで、動画を再生す方法。オフライン再生すれば、スマートフォンで音楽や動画を再生しても、通信速度の上限に達しないというメリットがあります。

オリジンサーバー

オリジナルのデータを保有し、ユーザーではなくエッジサーバーやキャッシュサーバーなどにコンテンツを配信するサーバーのこと。

カ行の動画配信サービス用語

解像度

印刷物や映像が表示される際のきめ細かさを表す数値のこと。解像度が低いと斜めの線や曲線などがギザギザに表示されてしまい、解像度が高くなれば繊細でなめらかに表示されるようになります。

キャッシュサーバ

オリジナルのデータを保有することなく、負荷を分散するためコンテンツをキャッシュして配信するために設置された配信用サーバーのこと。一般的には複数地点に設置される。エッジサーバーとも言います。

Chromecast

テレビに接続することでyoutubeなどの動画や音楽のコンテンツを楽しむことができます。グーグル社が開発してデバイスです。クロームキャストを利用する時には、Wi-FiとHDMI端子付きのテレビが必要となります。

ケーブルテレビ

ケーブルを利用した有線放送のこと(ラジオ放送は含まない)。ケーブルには、同軸ケーブルや光ファイバーケーブルなどがあります。有線放送が提供するサービスは、放送サービス(コミュニティ放送やCS放送)と通信サービス(インターネットの接続やCS放送)があります。

コーデック

デジタルコンテンツの圧縮と圧縮解除に使用されるハードウェアまたはソフトウェアの方式のこと。代表的なものとしてAAC、MP3、H.264などがあります。

コンテナフォーマット

音声や映像と言った複数種類のデータをひとつにまとめて格納することが可能なファイル形式のこと。複数のデータを保持したまま、音と映像がズレずに再生することができる容器として機能するため「コンテナ」と呼ばれます。動画ファイル向けの音声と映像を中心とする「マルチメディアコンテナ」、音声の圧縮データを格納する「音声コンテナ」、静止画像を格納する「映像コンテナ」などがあります。

コンテンツプロバイダー

web上で配信されるサービスをデジタルコンテンツと呼び、それらを提供する業者の総称をコンテンツプロバイターと呼んでいます。コンテンツには、ニュースサイトやポータルサイト、動画配信、電子書籍、検索サービスなどがあります。

サ行の動画配信サービス用語

サーバーポート

インターネットで通信をおこなうときに、メール送受信やホームページ閲覧など提供されるサービスごとに使われているポートの番号があり、1番~65535番までの中で割り振りが行われています。実際にサービスを使用する際にポート番号を意識する必要は無く、Webブラウザなどのソフトウェアがその適切なポート番号へ自動的にアクセスしています。

サンプリングレート

音楽などのアナログ信号をデジタルで表現する場合に、アナログの電圧をチェックする1秒あたりのサンプル数でkHz(キロヘルツ)の単位が用いられます。この数値が大きければ大きいほど、アナログ信号をより正確に表現できる。CDには44.1kHz(毎秒44,100回)、衛星放送やDVDには48kHZが私用されています。

CATV

ケーブルテレビのこと。ケーブルテレビとは、ケーブルによって放送信号を伝送し、テレビ放送をおこなっています。CATVでは、地上波テレビ放送だけでなく、

CS

データ通信に使われている人工衛星のこと。同時に多くの電波が発信できるという特徴があります。そのため、スカパーやケーブルテレビなども、CS放送となっています。現在はハイビジョン化が進められているので、高画質で見ることができます。

シームレス再生

動画を視聴している途中で、デバイス(パソコンやスマートフォンなど)を変更する、ということや電源を切ってしまったあとでも、その途中から再生できるという機能のこと。シームレスとは「途切れのない」という意味です。

消費帯域

帯域とは接続速度のことで、現在では光回線や4Gなどの高速通信が可能な広帯域(こうたいいき)でのインターネット接続がほとんどです。広帯域では動画のダウンロードやストリーミング再生が早くスムーズに行えるようになっています。

スキップ機能

動画を、決まった秒数(10秒、15秒など)、を進めてスキップさせる機能のこと。毎回同じオープニングなどをスキップする際に便利な機能です。決まった秒数を戻すこともできます。

ストリーミング

インターネット上にある動画などを、データを受信しながら再生していく方法のこと。一度すべてのデータを受信してから再生することをダウンロード再生と呼びます。データの大きさによっては、すべてのデータを受信するには時間がかかる場合があるので、ストリーミングの方が待ち時間が少なくて済みます

ストリーミング配信

音声や動画ファイルなどをインターネット通信時に、ユーザー側がデータを受信しながらリアルタイムで再生する技術のこと。ファイルサイズが大きい動画などもストリーミング配信を利用することで、全てをダウンロードせずに再生を始められます。動画のライブ配信などにも用いられている技術です。

スマートテレビ

インターネットとテレビなどの機能を合わせた次世代媒体のこと。スマートフォンは携帯電話にインターネット機能を持たせていますが、同様にスマートという言葉が使われています。

STB

「STB(set-top box)」と呼ばれ、テレビの受信機につないで、ケーブルテレビや衛星放送を受信するために使用します。むかしはブラウン管のテレビの上に置いて使用していたことから、この名前が付いたと言われています。

タ行の動画配信サービス用語

ダイナミックストリーミング

ユーザー側の再生画面とストリーミング配信のサーバとの間で、回線スピードを測定・検出して、最適なコンテンツを自動的に選択し、ストリーミングを開始するシステムのこと。

ダウンロード

ネットワーク上にあるコンテンツデータを自分のコンピューターに保存すること。日本では「落とす」とも言います。似ていると思われがちですが、インストールはパソコン上でソフトウェアを使えるようにすることで、パソコン上にデータを保管することが目的のダウンロードとは違います。

地上デジタル放送

地上デジタル放送は、従来のアナログ放送とは異なり、高画質な映像と音声を受信することができる放送のこと。受信している間に、雑音がはいったり、映像が劣化したりするアナログとは異なり、データを圧縮して一気に送信できるデジタル放送では、劣化することなく、高画質の映像を配信することができるようになりました。

通信速度制限

毎月のデータ通信量の上限が決められている場合、その通信量の上限を超えると、インターネットの送受信が低速になります。それを通信速度制限を呼ばれます。

定額見放題

決められた定額の金額を払うことで、配信される動画を好きなだけ視聴できるサービスです。動画配信サービスの会社でも、多くの会社が定額見放題を提供しています。一部は別料金の動画がある会社と、すべてが見放題の会社があります。

テロップ

テレビ番組や映画などの映像上に表示される文字のこと。

伝送速度

デジタルデータを送受信する速度のこと。単位は「bps(bit par second)」を用います。数字が大きければ大きくなるほど高速でデータを通信していて、k(キロ)、M(メガ)、G(ギガ)などのを付与して、kbps、Mbps、Gbpsなどと表示します。データ通信サービスではこの速度を大きく打ち出し、通信速度の速さを使用する際の快適さとして使っています。

トラフィック

音声や文章などのデジタルコンテンツのデータが通信経路もしくは通信網全体においてどれくらい転送されたか、という量のこと。これを計測することでそのネットワークの利用状況を確認することができ、通信の安定性などを判断する際に用いられます。トラフィックは増加すればするほどサーバーなどへの負荷が高まります。

トランスコード

エンコードされたデータをアナログ形式に戻さずに再エンコードすること。音声や動画のデータをトランスコードすることでサイズを小さくすることなどが可能です。アナログ変換とデジタル変換を繰り返すと変換に時間がかかるだけでなく、画質などが劣化するため、デジタルデータのまま変換した方が効率の良い作業が可能です。

トンネリング

ある2点の間のネットワーク通信をインターネット回線を用いて、パケットをカプセル化して行うこと。パケットが2点間をトンネルをくぐってカプセル化する際には暗号化技術を用いることが多く、中間のネットワークではその中身を見たりすることが出来ないようになっています。

ナ行の動画配信サービス用語

Nexus Player

Android TVを見るために設置するものです。Nexus Playerを使うことで、Google PlayやYouTube、Hulu、TED、GYAO!、などさまざまなコンテンツが見られるようになります。リモコンとコントローラーを用意すれば、ゲームをすることも可能です。

ハ行の動画配信サービス用語

バッファリング

ストリーミング再生をする際に、あらかじめ一定のデータを取り込んでから再生を始めること。パソコンに一時的に情報を保存する領域のことを「バッファ」といい、そこに再生するためのデータをためておくことで、通信速度が低下したり、通信エラーが発生したときでも一時的に再生を継続することができます。

非可逆圧縮

画像、映像、音声などの圧縮に用いられ、多少のデータの欠落を許容する代わりに圧縮効率を劇的に高めた方式のこと。人間の目や耳では認識しにくい成分を削ったり、認識できないようにデータを上手く改変して、効率の良い圧縮を実現しています。複数ある非可逆圧縮形式のほとんどは圧縮の程度を指定でき、目的によって画質や音質を重視するのか、データ量を重視するのかを選ぶことができます。

BS

BSとは、放送衛星(ブロードキャストサテライト)の略称。赤道の上空約36,000のあたりにあり電波を送ることで、テレビが視聴できます。BS専用のアンテナが必要となります。BSは「放送」に特化していて、CSの場合は「通信」に特化しているという違いがあります。

ビットレート

単位時間あたりに何ビットのデータが送受信されたか、もしくは処理されたかを表す数値のこと。単位は「bps(bit par second)」で、1秒あたりどれくらいの情報量が表現されているか、どれくらいのデータを送受信できるのかを表すのが一般的です。

フレームレート

動画において、1秒あたりに何枚のコマが処理されるか、という値のこと。単位はfps(Frames Per Second、フレームス パー セコンド)で表されます。動画の処理全般で、映像信号や映像機器の規格の仕様、性能の目安、伝送に要求される通信路容量の計算、などに使われています。この値が大きくなるほど動きが滑らかになり、低いといわゆる「コマ送り」のような動画になりますが、フレームレートが高い動画を編集するには高い性能のハードウェア、ソフトウェアが必要とされます。

プログレッシブダウンロード

動画や音声をダウンロードしながら再生する配信方式のこと。ストリーミング配信ではユーザー側にデータが残ることなく再生されますが、プログレッシブダウンロードではデータがダウンロードされます。

Fire TV

テレビにつなくことで、映画やドラマ、音楽再生、写真、アプリゲームなどを楽しむことができるセットボックス型の再生端末です。Amazonから発売。4Kにも対応していて、ハイスペックな映像を楽しむことができます。

ファミリーアカウント

家族の一人が動画配信サービスに加入した場合、一つのアカウントで家族でアカウントを分けられるシステムのこと。家族間で別々の動画を見ることができます。配信会社によって、使える家族アカウント数はことなります。

VOD(ビデオオンデマンド)

ビデオ・オン・デマンドの略称。テレビで放送したドラマや映画をすぐに配信するサービスのこと。ネットワーク上にサーバーがあり、映像を管理しています。そこにある作品を視聴者が見ることができるという仕組みです。

フルHD

横1920ピクセル x 縦1080ピクセルの画面解像度のこと。主にテレビやパソコン用ディスプレイがどれだけの表示領域を持っているか、ということを表す数値で、画面の大きさや画質の高さを表すものではありません。読み方:フルエイチディー

PPV(ペイ・パー・ビュー)

定額制と違い、映画やアニメ、スポーツなどをその番組ごとに料金を支払って視聴するサービスのこと。見たい番組ごとにその都度料金を支払うことになります。

PayPal

ペイパルは、クレジットカードや銀行口座の登録を行えば、ID・パスワードだけでネットショッピングが簡単にできるオンラインでの決済サービスです。

ベストエフォート

インターネットの通信速度などに用いられる、最大の結果を得られるように作業やサービスを提供するが、必ずしもそれを達成する品質は保証しないという意味。通信速度以外にも、故障やメンテナンスによる通信の年間の中断時間、送信したデータが相手に届く時間や確実に相手に届くかというそれ自体、データが到着する順番や優先度、セキュリティーの確保などにも用いられます。

ポストプレイ機能

1話のアニメ・ドラマが終了すると、次の話が自動再生される仕組みです。連続再生されるので、短い番組も映画のように長く楽しめます。

マ行の動画配信サービス用語

マルチスクリーン

複数のデバイス(パソコン、スマホなど)からウェブサイトにアクセスすること。どのデバイスから見ても適切に閲覧できるような対応が取られています。

マルチデバイス

映画や電子書籍、音楽などを複数のデバイス(パソコン、スマホなど)の間で同期させて、それぞれから同じものを見られるようにする仕組みです。マルチデバイス対応のサービスでは、パソコンで途中まで再生したものの続きがスマホで見られるようになっています。

見逃し配信

インターネットでテレビ番組を再配信することで、見逃したり録画し忘れたドラマ、バラエティ、ニュース番組などが見られるサービスのことです。代表的なものにNHKオンデマンド、Tver、Paraviなどがあります。

戻し機能

もう一度見たいシーンや台詞が聞き取れなかった場面に戻って再生する機能のことです。ワンタッチで10秒巻き戻すボタンが設置されています。

モバイルデータ通信

スマートフォンや携帯電話を使ったインターネット通信のことです。携帯電話会社との契約で、決められた期間内に使用できるデータ通信量に上限があり、それを超えると速度制限で低速通信になります。

ヤ行の動画配信サービス用語

U-NEXTカード

U-NEXTが提供する動画、電子コミック、雑誌などをサービスを購入するためのプリペイドカードです。一部のコンビニや家電量販店などで購入が可能で、購入した金額の範囲内で閲覧やダウンロードなどができます。

ユニキャスト

インターネット通信やEメール送受信に用いられるパケット交換方式のひとつ。一つの情報を複数の相手ではなく、ある特定の相手へネットワークを通じて配信する技術のことで、通信方式はTCP/IPを用います。ユニキャストがひとりに送信するのに対して、不特定多数(ブローキャスト)、複数の相手(マルチキャスト)などの方式もあります。

4K

画面解像度は4,000×2,000で、フルHDの4倍にもなります。超高画質により、映画やスポーツなどをより高い臨場感と迫力で楽しむことができます。

ラ行の動画配信サービス用語

レイテンシー(遅延)

“データ転送などをパソコンやスマホから要求してから、その結果が帰ってくるまでの遅延時間のこと。レイテンシーともいいます。これが小さければ小さいほど、その機器は高性能ということになります。
データを送出してから相手に到着するまでを「片道レイテンシ」、送出してからその要求に対してのデータが帰ってくるまでを「往復レイテンシ」もしくは「ラウンドトリップタイム(Round Trip Time、RTT)と呼びます。”

レコメンド機能

楽天市場やAmazonなどで「あなたにおすすめの商品」や「チェックした商品の関連商品」というように表示される機能のこと。「よく一緒に購入されている商品」という表示もあります。

ワ行の動画配信サービス用語

Wi-Fi

パソコンやスマートフォン、ゲーム機などをインターネットに接続する際の無線LANの規格のひとつ。機器ごとにケーブルを接続しなくても、電波の届く範囲であればインターネット通信が可能です。読み方:ワイファイ

ワンタイムパスワード

1回だけ使える「使い捨てパスワード」のこと。オンラインバンキングやクレジットカードのログイン認証に用いられることが多いです。

ワンタイムURL

動画コンテンツのURLをユーザーがアクセスしたその都度に発行して使い捨てる仕組みのこと。ワンタイムパスワードと同じように、漏洩しても大丈夫なシステムという考えで使用される機能です。ワンタイムURLが流出したとしても、その場限りで無効になるため再利用できないというメリットがあります。

\ 「Hulu」無料体験 /

コメント

タイトルとURLをコピーしました