【2020年】 『U-NEXT』電子書籍を読む!料金や登録方法徹底解説

動画配信を楽しむために
記事カテゴリー

もし、あなたが紙ベースの書籍ではなく、電子書籍を読みたい、興味があるのであれば、『U-NEXT』の電子書籍がありますよ。

ちなみに『U-NEXT』とは、株式会社U-NEXTが2014年からサービスを開始した電子書籍の販売サイトです。

今回は、『U-NEXT』の電子書籍について「月額料金・支払方法」「特徴やメリット・デメリット」「口コミ」「まとめ」の順で記載していこうと思います。

月額料金と無料お試し期間

月額料金

『U-NEXT』は月額1,990円(税抜)です。注意したいのは、サービスのすべてが月額料金で利用できるわけではない、ということです。

電子書籍の場合は「月額基本費用+電子書籍購入代金」がかかります。

電子書籍

たとえば上記画像の場合は「418円~」となっているので、「1990円+418円」が少なくともかかります。マンガ1冊で考えるととんでもなく割高に感じますね。

月額料金で利用可能なのは、主に映画などの動画配信サービスと雑誌の読み放題です。書籍や漫画などは対象外です。

しかし、『U-NEXT』は毎月1200円相当のポイントが付与されるので、画像と同じ価格帯のマンガなら月2冊、300円台のマンガなら2~3冊が購入可能です。

毎月1200円相当のポイントが付与

さらにポイント以外の方法でマンガや映画などを購入すると「ポイントバックプログラム」の対象になります。

「ポイントバックプログラム」とは
ポイント以外の支払方法でコンテンツを購入するか、ポイントチャージをしたときに、支払金額の最大40%がポイントで還元されるプログラムのこと

最大40%なので、結構お得です。ただし、月額プランユーザーであること、映画館チケットには適用されないこと、支払方法によって還元率が異なることに注意しましょう。

還元率について

また、ポイントバックのタイミングは、対象の決済日から32日後です。すぐに戻ってくるわけではないので、最低1月は待つイメージですね。

無料お試し期間

『U-NEXT』は無料お試し期間が31日間あります。その期間で、継続して利用するかの判断ができます。

U-NEXT 月額 無料期間 トライアル

無料お試し期間

「U-NEXT」の公式サイト 会員特典の確認と31日間 無料お試し体験はこちら

『U-NEXT』の支払い方法

支払方法詳細
クレジットカードVisa / Master Card / JCB / アメリカン・エキスプレス/ ダイナースクラブカード
キャリア決済ドコモ払い / auかんたん決済 / ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い
Amazon支払いAmazon Fire TV/Fire TV Stickを利用する場合、Amazonアプリ内課金(クレジットカード)が可能です。※1
U-NEXTカードコンビニなどで購入できるプリペイドカードです。「見放題タイプ」と「ポイントタイプ」の2種類があります。

※1 ただし、Amazonでの決済登録時は「子アカウント」での購入制限「登録の支払い方法での購入を許可」、「ポイント利用のみ許可」、「購入を許可しない」のうちいずれかの設定が適用されません。


「U-NEXTカード」はこんな感じです。コンビニなどで売っているのを見かけたことがあるのではないでしょうか。

U-NEXT ユーネクスト 見放題カード ポイントカード プリペイドカード

U-NEXTカード

ちなみに「U-NEXTカード」は下記店舗で購入可能です。

「U-NEXTカード」購入可能店舗

『U-NEXT』の電子書籍ラインナップ

『U-NEXT』のマンガは約9万3千冊と数多くの作品が取り揃えてあります。

メインは冊数では1位が「女性マンガ」、次いで2位が「青年漫画」なので、女性向けマンガが好きな方は男女問わず楽しめること間違いなしです。

一方でマンガの王道、「少年漫画」は8,387冊と、数だけ見れば最下位です。ラインナップは悪くないのですが、単純なボリュームということで言えば他ジャンルより少ないですね。

ジャンル冊数
少年漫画8,387冊
青年漫画19,608冊
少女漫画12,213冊
女性マンガ31,039冊
BL13,781冊
TL9,633冊

また「U-NEXT」はアダルト動画は豊富にありますが、R18のアダルトコミックに分類される作品はありません。同人誌も取り揃えてないことから、アダルト系の電子書籍を読みたい方にはあまりおススメできません。

アダルトコミック・雑誌や同人誌はFANZAなど他サービスを利用しましょう

『U-NEXT』電子書籍のメリット

電子書籍のメリット

電子書籍は紙と比較してどこが優れているのでしょうか。まずは電子書籍のメリットです。

「電子書籍」のメリット
・持ち運びが楽チン
・紙に比べて安く買えることが多い
・保管場所が不要
・本屋が近所になくても購入可能
・在庫切れの心配がない

紙と違って、実際に本を持ち運ぶわけではないので、そのあたりがメリットになりますね。

私も、「実物を手元に置かない=スペースを取らない」というのが気にいって使っています。紙の本も好きなので、どうしても欲しい本/お気に入りの本は紙、それ以外は電子書籍、といった感じで使い分けると便利なのでおすすめです。

『U-NEXT』のメリット

では次に『U-NEXT』のメリットです。わかりやすい画像を見つけたので、まずはこちらをご覧ください。

U-NEXT ユーネクスト 作品 ラインナップ 無料

『U-NEXT』のメリット

『U-NEXT』といえばやはり「動画配信サービス」の知名度が高いですよね。もう少し詳しい方であれば、動画以外にも書籍を配信していることをご存知かもしれませんが、実際の作品数はいくつくらいかわかりますか?

『U-NEXT』電子書籍

マンガ・書籍・ラノベで合計52万冊以上も配信しています。それに加えて雑誌が70誌以上読み放題なので、ボリューム満点です。

『U-NEXT』のデメリット

他社よりも月額料金が高い

『U-NEXT』は他の電子書籍サービスよりも「月額料金」が高いです。

電子書籍配信サイト月額
U-NEXT1,990円
Kindle Unlimted980円
シーモア読み放題フル1,480円
シーモア読み放題ライト780円

また、「コミックシーモア」のような読み放題プランがあるわけではないので、電子書籍を読むためだけに『U-NEXT』に登録するのは、正直もったいないですね。

『U-NEXT』を使い倒すなら動画配信サービスを利用しつつ、気になるマンガや書籍をポイント購入する、という方法がおすすめです。

読み放題が雑誌のみ

読み放題は雑誌のみ

読み放題は70誌の雑誌のみです。マンガ、書籍、ラノベは対象外です。

雑誌の9カテゴリ
・「女性ファッション」 SPUR、Ray、Mina、non・no ほか
・「女性ライフスタイル」 MAQUIA、OZmagazine、ELLE mariage ほか
・「男性ファッション」 MEN’S CLUB、GQ JAPAN、UOMO ほか
・「男性ライフスタイル」 GetNavi、WATCH NAVI、Lightning ほか
・「ニュース/週刊誌」 週刊アサヒ芸能、週刊女性 ほか
・「ビジネス/IT」 週刊東洋経済、Forbes JAPAN、日経PC21 ほか
・「グルメ/トラベル」 東京カレンダー、ELLE gourmet ほか
・「エンタメ/趣味」 週刊Gallop、つり人、韓流ぴあ、SCREEN ほか
・「スポーツ/車」 GENROQ、SLUGGER、BiCYCLE CLUB ほか

『U-NEXT』の口コミ

以下は『U-NEXT』を利用しているユーザーからの口コミ一覧です。比較的、良い口コミが多かったです。

動画配信で有名な所なんですが、登録してみて該当ページにアクセスしてみると種類が物凄く豊富です。ただ、購入するには月額料金と購入代金が必要で、ちょっと高いなぁとは感じますが、中にはポイントで購入出来るものもあり、これには若干お得感を感じます。更に動画の方も見放題だし、雑誌は最新のものは読み放題らしいので、この事を考えると納得いく価格だと思います。

雑誌の読み放題はいいですね。

毎月本代がかさむので、ポイントバックがある電子書籍を利用するに至りました。登録した後に思ったサイトと違って更に料金がかかったら困ると思い、無料トライアルがある本サイトを選びました。登録時にポイントを貰えるだけでなく、最大40パーセントのポイントバックもしてくれるのでお得に本を読めてとても満足しています。
動画も見れるのでわざわざDVDを借りに行って、見終わったら返しに行く手間も無くなり大助かりです。

無料トライアル期間はありがたいです。

知ったきっかけは見放題のネット動画を契約したことです。最初に無料体験を申し込みましたが、雑誌も読めることが分かり即入会を決めました。
このサイトではいろんな雑誌の最新刊を読めるので、通勤時間や休憩時間に読んでいます。短い時間でも立ち読み感覚で見れるのが楽しいです。ポイントが貰えることも嬉しいですが、何より人気雑誌の更新が頻繁にあるのでそれが楽しみです。

立ち読み感覚はいいですよね。

2018年夏に動画配信サービスの方に登録してみました。すると、電子書籍配信サービスも行っていて会員は追加料金なしでたくさんの電子雑誌が読める事が判明し、登録期間中は電子雑誌を読み漁っていました。50誌を超える人気雑誌を好きなだけ読める点はかなり気に入っています。雑誌については読み放題ですが、本や漫画については個別の購入が必要となります。なお配信されている本や雑誌は一度ダウンロードすればオフラインで見られるため、山奥にいてもDLしたものを読める点も良いと思います。ただ、モノクロの本や漫画ついてはバッテリー消費が少ない電子ペーパー端末で読めたらいいなぁ、と感じました。

本やマンガも読み放題があればいいですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。動画配信サイトで有名な『U-NEXT』ですが、電子書籍も取り扱っております。
見ていくなかで、月額料金は他の電子書籍サイトと比較して割高にはなりますが、動画も楽しみたい方や雑誌をメインに読みたい方にはメリットだと思います。

また、クレジットカードで支払うことに抵抗がある人の為にギフトコードやU-NEXTカードでの購入を可能にしていることにすごく幅をきかせているなと思いました。

『U-NEXT』の電子書籍に興味を持ち始めた方はまず無料期間を利用するといいでしょう。

\  「U-NEXT」無料体験 /

コメント

タイトルとURLをコピーしました